暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

ルームシェアの始め方を初心者向けに5つのステップで徹底解説!

2019_05_10_0

「ルームシェアをしたいけれど、どうやって始めればいいんだろう……」

 

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

ルームシェアを始めるときは、まずルームメイトを探します。そして物件を探したり契約を進めたりしますが、なかなかスムーズに進まないことも少なくありません。

 

ルームシェアの始め方をステップごとに理解しておくことで、トラブルなく友達とのルームシェア生活をスタートできます。

 

そこで今回は、

 

・ルームシェアの始め方−ルームメイト探しから引っ越しまで−

・ルームシェアでよくあるトラブルと対策

 

を紹介します。

 

「いきなりルームシェアを始めるのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけなら難しくはありません。

 

まずはルームメイト探しから見ていきましょう!

 

ルームシェアの始め方!ステップ1:ルームメイトを探す

 

2019_05_10_1

 

はじめに、一緒にルームシェアをする友達を探しましょう。すでに決まっている方は、ステップ2に進んでください。

 

ルームシェアのルームメイトは、以下から選ぶことが多いです。

 

・友達

・兄弟、姉妹

・いとこなど親戚

・職場の同僚

 

知り合いからルームシェアできる人が見つからない場合は、「ルームメイト募集掲示板」などの活用がおすすめです。

 

ルームメイト募集掲示板とは、ルームシェアをしたい人が希望の条件を書いてルームメイトを探すサイトのこと。知らない人とルームシェアをすることにはなりますが、新たな出会いにつながることも少なくありません。

 

掲示板に書かれている情報は、例えば

 

・希望するエリア

・入居期間

・家賃や光熱費

・ルームシェアを始めたい理由

・その他(性別や年代、生活リズム、ペットの有無など)

 

などです。

 

希望の条件にあう人を見つけた場合は、掲示板に書いてあるメールアドレスなどから連絡し、やり取りや顔合わせなどしていきます。

 

もちろん途中で違和感を感じたら、ルームシェアを断っても構いません。掲示板はいくつかあるため、さまざまなサイトを見比べることをおすすめします。

 

ルームメイト探しの方法や注意点については、以下の記事でも解説しています。掲示板などを活用する方はあわせてチェックしてみてください。

 

→ 「ルームシェア相手の募集方法まとめ。ルームメイト探しの注意点も解説」

 

ルームシェアの始め方!ステップ2:希望する物件の条件を洗い出す

 
2019_05_10_2
 

ルームメイトが決まったら、次は物件探しです。しかしその前に、希望する条件をいくつか洗い出しておきましょう。

 

一人暮らしではなんとなく自分で見学して気に入ったところを選んでも、大きな問題はないかと思います。

 

しかしルームシェアは、他人との共同生活です。お互いの譲れない部分によっては、相手から妥協を求められることも少なくありません。

 

条件が決まっていないと、納得できるまで何十件も賃貸マンションを見学することになる可能性も。時間もコストもかかって面倒ですよね。

 

ルームメイト全員が納得できる条件を先に決めておくことで、物件探しがよりスムーズに進みます。

 

ルームシェアの始め方!ステップ3:物件を探す

 
2019_05_10_3
 

続いては物件探しです。ルームシェアは賃貸マンションに住むことが多いため、不動産会社を尋ねることが多いかと思います。

 

そのときのポイントは、以下の3つです。

 

・不動産会社に「ルームシェアであること」を伝える

・気になる物件はルームメイト全員で見学する

・物件が見つからないときは「2人入居可」の物件を選ぶ

 

ルームシェアの物件探しはスムーズに進みにくいです。大家さんによっては「トラブルが起きそう」などの理由から、友達同士の入居を嫌がる人も多いです。

 

一人暮らしのように、どこでも見学や入居ができるわけではありません。はじめからルームシェアできる物件を探してもらう方が、物件を効率よく探すことができます。

 

また気になる物件は、必ずルームメイト全員が見学しておきましょう。全員が納得してルームシェアを始めるためにも、実際に目で見てイメージとの違いを防ぐことが大切です。

 

物件選びが難しいときの対策は「2人入居可」の物件を探すことがおすすめです。詳しくは以下の記事で解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

 

→ 「ルームシェアに多い相談内容「物件が見つからない」を防ぐための注意点とは?」

 

ルームシェアの始め方!ステップ4:契約の手続きをする

 
2019_05_10_4
 

物件が決まったら、いよいよ契約手続きを進めます。

 

ルームシェアは賃貸マンションで生活するため、一人暮らしのときと手続きに大きな違いはありません。保証人や収入を証明できる書類などを用意し、不動産会社を通して契約します。

 

ルームシェアの入居手続きや必要書類などは、以下の記事で解説しています。

 

「【入居編】ルームシェア手続きで必要な書類と気をつけるべき3つのこと」

 

またルームシェア特有の契約として「代表契約」と「連名契約」があります。詳しくは以下の記事をご一読ください。

 

「ルームシェアの契約書は、「代表者のみの契約」と「連名契約」から選ぼう!」

 

ルームシェアの始め方!ステップ5:引っ越しをする

 
2019_05_10_5
 

契約が済んだら、いよいよ引っ越しです。都合の良い日にあわせて入居日を決めましょう。もしくはどちらかが先に入居し、数日後にルームメイトが入居しても問題はありません。

 

引っ越しが完了したら、晴れてルームシェアがスタートします。

 

ルームシェア生活に必要なものは、衣服やタオル、歯ブラシなど最低限のもので構いません。詳しくは、以下の記事をチェックしてみてください。

 

「ルームシェアに必要なものは、一人暮らしと同じ?」

 

ここまでルームシェアの始め方を解説しました。手続きがスムーズに進むと、ルームシェアを始めるのもそこまで難しいものではありません。

 

しかし実際に共同生活がスタートすると、トラブルが起こることも。

 

そこで次は、ルームシェアでよくあるトラブルを簡単に紹介します。

 

ルームシェアを始めたけれど……トラブルの可能性もあり

 
2019_05_10_6
 

ルームシェアで起こりやすいトラブルは、例えば以下の通りです。

 

・ルームメイトの家賃の支払いが遅れる

・家事や掃除の分担が不公平になる、もしくは相手が当番を守ってくれない

・生活リズムの違いから騒音が気になる

 

はじめはキッチリとしていても、少しずつだらしなくなってしまうケースは多いです。掃除やゴミ捨てを任されっぱなしになったり、家賃と光熱費の支払いが遅れたり、ルーズなことによる弊害が後を絶ちません。

 

ルームシェアにおけるトラブルは、あらかじめ対策を知っておくと予防できます。次で紹介しますね。

 

友達とのルームシェアで注意したい3つのポイント

 
2019_05_10_7
 

ルームシェア生活を快適なものにするためには、以下のことに注意してみてください。

 

・ルールを決める

・ルームメイトが増えるときはもう一度契約の手続きをする

・退去は3ヶ月前までに伝える

 

ルールは例えば「夜12時以降の電話は控える」「家事当番をサボったら罰金」などです。ルールがあることで、家事分担や家賃の支払い、騒音などのトラブルなどを予防できることも少なくありません。

 

またルームメイトが増えるときは、再度契約が必要です。契約しないで生活をスタートしてしまうと居候となり、罰金を支払うことになる可能性があるからです。

 

そして退去の際は、3ヶ月前に伝えましょう。3ヶ月以上の時間があれば、新居探しや引っ越しに向けた貯金など、余裕を持って進めることができるからです。

 

これらのポイントを頭に入れて、ルームシェア生活を楽しんでくださいね。

 

まとめ ルームシェアの始め方を知って、スムーズに新生活をスタートしよう!

 

 

今回はルームシェアの始め方と注意点を紹介しました。

 

おさらいすると、ルームシェアを始めるステップは以下の通りです。

 

1.ルームメイトを探す

2.物件の希望条件を洗い出す

3.物件を探す

4.契約手続きを進める

5.引っ越す

 

そしてトラブルの予防策として、以下3つをお伝えしました。

 

・ルールを決める

・ルームメイトが増えるときはもう一度契約の手続きをする

・退去は3ヶ月前までに伝える

 

上記のポイントをもとに、楽しいルームシェア生活を送ってくださいね。

 

ルームシェア生活がスタートしてしばらく経つと、新たな悩みが増えることも少なくありません。

 

悩みを事前に知っておくことで、これから起こるトラブルなどにも冷静に対応できる可能性があります。

 

詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

 

→ 「ルームシェアでよくある3つの悩みと解決策」

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ