暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

【名義変更編】ルームシェアの手続きや必要な書類。気をつけるべきポイントとは?

0

「ルームシェアって名義変更できるのかな…」

 

と感じている方。

 

ルームシェアでは、退去や同居人の入れ替わりがあるとき、名義変更が可能です。手数料は必要ですが、ややこしい手続きや書類は必要ありません。 

とはいえ、具体的な手続きや注意点は、なかなかわかりにくいですよね。 

そこで今回は、 
 

・名義変更できるケース
・名義変更をしなかった場合に起きること
・手続きの流れと必要書類
・注意点

 
などを紹介します。
 

手続きや書類、注意点を知っておくことで、トラブルを防止できます。 

まずは名義変更が必要なケースと、自分の状況を照らし合わせてみましょう! 
 
 

ルームシェアの名義変更の前に、賃貸マンションの契約方法をチェック

 
1
 

ルームシェアの契約方法は、そもそも2種類あります。 
 

・連盟契約:入居者は全員が代表として部屋を契約する
・代表者契約:ルームメイトの代表者が名義人として契約する

 

名義変更が必要なのは、代表者契約をしている物件です。まずは「自分たちが代表契約をしているかどうか」をチェックしましょう。
 
 

ルームシェアの名義変更が必要なケース

 
2
 

代表者契約である上に、以下のケースは名義変更が可能です。
 
 

・名義人であった同居人が退去する
・同居人の増減により、代表者を変更する

 
ルームシェアでは、代表者が名義人となります。そのため代表者が変わる、退去する場合は名義変更が欠かせません。
 

また夫婦やカップルなど同棲の場合は、以下の通りです。
 
 

・結婚や同棲などで新たな入居者が増える
・離婚や同棲解消、死別などで同居人が減る

 
基本的には結婚や離婚、死別などの場合に手続きを進めます。
 
 

一人暮らしの場合、名義変更ではなく「新規契約」に

 
3
 

ルームシェアや同棲の場合は名義変更が可能です。しかし一人暮らしの場合、名義変更という対応は存在しません。現在の契約者以外が入居する場合は、「新規契約」にあたります。 

これは、もともと1人しか入居しないことを想定していることが大きな理由です。 

そのため新たな住人が入居する場合は、 
 

・敷金
・礼金
・仲介手数料

 
などを支払います。
 

夫婦やカップルでの同棲、ルームシェアの入居者は2人以上であり、同居人が変わる可能性もありますよね。そのため特別に名義変更が許可されているのです。 
 

ルームシェアの名義変更をしないとどうなる?

 
4
 
もしも名義変更をしないで、名義の人以外が住むとどうなるのでしょうか。 

その場合は、以下が発生します。 
 

・名義人の退去
・契約解除
・家賃滞納などトラブルの責任を負う

 
名義人とは、その物件に住むことを許可された人であり、家主ではありません。家主はあくまで大家さんや、仲介する不動産会社のため、入居者が家を貸し出す権利は持っていないのです。そのため勝手に他の人を住まわせる、家を貸すなどは契約違反です。
 
さらには、名義人ではない入居者がトラブルを起こす可能性もありますよね。その場合、責任は契約者であるあなたに発生します。
 
友達や家族など、新たな入居者が逃げてしまい、名義人であるあなたがすべての責任を負うことも。トラブルを防ぐためにも、名義変更は欠かせないのです。
 
 

名義変更の手続きの流れ

 
5
 
名義変更は、以下の流れで進めます。 
 

①大家さんに許可を取る
②必要書類を用意する
③提出して、審査を受ける

 
次で、手続きに必要な書類をお伝えしますね。
 
 

ルームシェアの名義変更に必要な書類

 
6
 

名義変更には、以下の書類を用意してください。 
 

・身分を証明できるもの(免許書やパスポート)
・在職証明書
・所得証明書(源泉徴収票)
・申込書
・連帯保証人の承諾書

 
「収入」や「働いていること」を証明できるものが必要です。 

ここまでルームシェアにおける名義変更の手続きについて、解説しました。最後に、名義変更での注意点をお伝えします。
 
 

ルームシェアの名義変更の注意点1:連帯保証人

 
7
 
名義変更したあとは、連帯保証人の変更も忘れないでください。
 

というのも、ルームシェアでは1人ずつに保証人がつき、ほとんどが両親や家族が担当します。しかし代表者が退去すると、保証人は保証の義務がなくなります。そもそも保証人と他の同居人は関係がないため、責任を負う必要もありませんよね。 

新たな保証人の確認が取れないと、「名義変更ができない」「契約し続けることができない」というケースも。名義変更のあとは、連帯保証人の解除と新たな保証人の契約も忘れないでくださいね。 
 

ルームシェアの名義変更の注意点2:費用

 
8
 
名義変更は「事務手数料」が必要です。物件によって異なりますが、1万円前後。もしくは家賃の半月〜1ヶ月分が必要なケースもあります。 

というのも名義変更をすると、以下に提出した書類を書き換えなければいけません。 
 

・不動産会社
・大家さん
・保証会社

 
新規契約と同じくらいの手間がかかるため、手数料が発生するのです。 

また「再契約」となり、新たな契約者に敷金や礼金を請求するケースも。めずらしいケースですが、その場合は退去して別の賃貸マンションに住む方が安いこともあります。 

手数料は、大家さんや不動産会社などに、いくらかかるのか確認しておきましょう。もしくは契約書類に記載していることもあるため、チェックしてみてください。 

また新たに契約することになった場合は、入居手続きと同じ流れです。入居に関する手続きは、「【入居編】ルームシェア手続きで必要な書類と気をつけるべき3つのこと」をご一読ください。 

【入居編】ルームシェア手続きで必要な書類と気をつけるべき3つのこと


 
 

まとめ ルームシェアの名義変更をして、トラブルなく生活しよう

 
 
今回はルームシェアの名義変更について、解説しました。 

おさらいすると、ルームシェアの名義変更は可能であり、同居人が変わる場合には欠かせません。 

手続きは、以下の流れで進めます。 
 

①大家さんに許可を取る
②必要書類を用意する
③提出して、審査を受ける

 
その際には、以下の書類を用意しましょう。 

・身分を証明できるもの
・在職証明書
・所得証明書
・申込書
・連帯保証人の承諾書

 
また手数料の支払いや、保証人の変更も忘れないでください。 

手続きをスムーズに進めて、トラブルなくルームシェア生活を楽しみましょう。 
 
 

すべてコンテンツ

お問い合わせ