暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

ルームシェアの初期費用は平均いくら?シェアハウスと徹底比較!

0

「友人同士でルームシェアをはじめたい!」という人も、最近多いですよね。しかし、初期費用や実際の生活費など、分からないことも多いです。

今回は、ルームシェアの初期費用は、平均いくらかかるのか?ということを、シェアハウスの初期費用と比べながらご紹介します。

 

 

ルームシェアにかかる初期費用とは?

 

1

 

ルームシェアは、賃貸マンションを数人で借りて住みます。

 

・敷金
・礼金
・仲介手数料
・火災保険料
・家賃1ヶ月分
・引っ越し代
・家具や家電

 

初期費用だけでも、これだけの資金が必要になります。特に、敷金・礼金がかなりの割合を占めます。敷金は返ってくることもありますが、基本的にはトラブルや修理が必要になった場合は返ってきません。

 

 

ルームシェアの初期費用は平均いくら?

 

2

 

ルームシェアの初期費用は、トータルで約50万円です。一人暮らしと同じくらいの費用は必要です。

ルームシェアの場合、敷金・礼金が通常の一人暮らしよりも高くなりがちです。通常は家賃1ヶ月分の支払いに対して、2・3ヶ月分が必要なこともあるようです。事前に大家さんや不動産会社に確認をとって、ルームメイトと折半の仕方をきちんと話し合っておきましょう。

ただし、ルームシェアの人数で負担額はもちろん変わります。2人なら半分に、3人なら3分の1になるので、人数が多いとお得になりますね。初期費用がかかる点はシェアハウスとの大きな違いだと思います。ルームシェアは個人で集まって部屋を借りるため初期費用がかかってしまいます。ただ、その初期費用もみんなで割ることができるので、安くすることができます。シェアハウスは業者が入っているため、ルームシェアみたいに初期費用がかかることはあまりありません。


シェアハウスにも初期費用が必要!相場はいくら必要?

 

 

ルームシェアでの家賃は平均5万円

 

3

 

ルームシェアできる物件は、2LDKが中心です。都内にある2LDKの物件の平均家賃は、安くて5万円前後、高くても10万円です。

もしも、2人でルームシェアした場合、1人あたり5万円です。一人暮らしでも、1kで10万円といった物件はたくさんあります。ルームシェアであれば、家賃は半分におさえられますね。

シェアハウスとも比べてみましょう。都内のシェアハウスは、家賃の平均が5万円前後です。東京にある僕たちのシェアハウスも、最大58,000円です。ルームシェアとシェアハウスの家賃に大差はないようです。

 

 

ルームシェアの光熱費は平均8,000円

 

4

 

ルームシェアの光熱費は、月に平均15000円です。2人で住む場合は、半分の月に約7000〜8000円になります。

一人暮らしの場合、光熱費として1万円は必要です。そのため、ルームシェアの方がすこし安くなります。もしも、仕事であまり家にいない・自炊をほとんどしないという人であれば、さらに数千円は安くなるでしょう。

シェアハウスの場合も、1万円前後の光熱費は必要です。ただし、シェアハウスは光熱費に以下のものも含まれている場合があります。

 

・インターネット代
・共益費(日用品代)

 

日用品代としての共益費とは、トイレットペーパーや掃除道具などのことを指します。こまかい出費が含まれているので、日用品代は節約できそうですね。

 

 

ルームシェアとシェアハウスの初期費用、どちらが安い?

 

5

 

ルームシェアでかかる初期費用の平均を、一人暮らしやシェハウスの費用と比べながらご紹介しました。実際に共同生活をする場合、トータル費用はどちらが安いのでしょうか?

答えは、シェアハウスの方がすこし安くなります。なぜならば、シェアハウスには以下の費用がいりません。

 

・敷金
・礼金
・家具や家電

 

ルームシェアは、通常の賃貸マンションを借りるのと同じ形態です。そのため、敷金・礼金が必要となりますが、かなり高額です。敷金・礼金だけでなんと30万円を超える場合も……。そのため、どうしてもルームシェアの初期費用は50万円ほど必要になります。

 

 

ルームシェアの敷金・礼金が高くなる理由

 

6

 

ルームシェアの初期費用がシェアハウスより高くなる理由は、敷金・礼金です。

一人暮らしであれば、敷金・礼金や家賃の1〜2ヶ月分を支払います。しかし、ルームシェアでは2〜4ヶ月分、多いところであれば、6ヶ月分以上の敷金・礼金を支払わなければいけない場合もあります。

なぜならば、ルームシェアは一人暮らしよりもトラブル発生率が高く、退去率も高くなるからです。友人とはいえ他人との共同生活なので、価値観が合わないこともあります。ちょっとこしたことからケンカになり、ルームシェア解消ということが起こりやすいようです。

 

 

シェアハウスには敷金・礼金がない?!

 

7

 

一人暮らしやルームシェアに、敷金・礼金は必要です。対して、ほとんどのシェアハウスでは、必要ないんです。

シェアハウスには、敷金・礼金の代わりに、デポジットを払います。デポジットは保証金で、修理費などに使われます。デポジットといっても、3万円前後です。敷金・礼金の10分の1であるうえに、退去時に何もなければ返ってくるところが多いです。

また、シェアハウスは管理会社が管理をしているため、何かあったときに安心です。

それぞれのメリット・デメリットはありますが、初期費用であればシェアハウスの方が安く済むでしょう。

 

 

まとめ ルームシェアよりもシェアハウスの方が初期費用は安い

 

 

シェアハウスと同じくらい、ルームシェアは人気です。しかし、実際は賃貸マンションを借りることと同じです。そのため、初期費用が約50万円かかることもあるようです。

対して、シェアハウスは初期費用がかなり安いです。というのも、敷金・礼金がなく、家具・家電もそろっているので、新たに用意する必要がありません。

初期費用を安くおさえたい人は、シェアハウスの方がおすすめでしょう。

 

 

すべてコンテンツ