暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

賃貸マンションの退去の立会いはいつ?何をする?トラブル対策とチェックリストもあわせて紹介

2019_12_10_0

「賃貸マンションを退去するけれど、立会いが必要なんだっけ……」

 

と考えている人は多いのではないでしょうか。

 

賃貸マンションは退去当日、大家さんや不動産会社の立会いのもと、部屋にある傷や汚れをチェックしておく必要があります。立会いによって傷や汚れの責任をハッキリさせておくと、過剰請求などのトラブルを防ぐことができるのです。

 

そのためにも退去する前に、チェックリストを参考に部屋の状態をチェックしておく必要があります。

 

そこで今回は、

 

・立会いはいつどこで、何をするのか

・立会いに必要なもの

・立会いでよくある3つの疑問

・立会いでのトラブルと対策

・立会いでトラブルを避けるためのチェックシート

 

を順に紹介します。

 

今回の記事を参考に、退去前の立会いにそなえて準備を始めましょう!

 

賃貸マンションの退去の立会いはいつ?どんなことをするの?

 
2019_12_10_1
 

立会いは「大家さんや不動産会社に賃貸マンションの部屋の状態をチェックしてもらうこと」です。主に退去する日、すなわち部屋を借りている最終日に行われることが多いです。

 

目的は「対象の部屋にある傷や汚れ、シミなど責任の所在をハッキリとさせること」、そして「修繕にかかる費用を見積もること」。

 

住んでいるうちに、部屋の中が汚れたり傷ついたりすることがあるかと思います。部屋はあくまで借り物なので、汚れや傷は部屋を借りていた私たちが修理しなければいけません。

 

しかし、その傷や汚れは入居前から汚れていた可能性もあります。引っ越し後や立会い後に責任のない修理費用を請求されない、トラブルにならないために、お互いが一緒に部屋の状態をチェックする必要があるのです。

 

立会いで一緒に確認しておくことで、退去後の過剰請求などトラブルを避けることが可能です。

 

立会い当日の流れは、以下の通り。

 

【立会い当日の流れ】

(1)引っ越し業者などに荷物をすべて運び出してもらう

(2)簡単に掃除しておく

(3)空室になった状態で担当者に来てもらう

(4)部屋の状態をチェックしてもらう

(5)気になる傷や汚れがあれば、自分が付けたものかどうか説明する

(6)問題がなければ書類にサインして、鍵を返却する

 

所要時間は20〜30分ほど。気になる箇所があれば、もう少し長くなることもあります。

 

賃貸マンションの退去の立会いに必要なもの

 
2019_12_10_2
 

退去前の立会いにあたって、以下のものは手元に残しておきましょう。

 

・契約書

・ペン

・印鑑

・スマホ

・書類を入れるカバン

・敷金の残金を振り込む口座番号が分かるもの

・部屋の鍵

 

またスマホに部屋の状態を撮影した写真があるならば、スマホも用意しておいてください。自分が付けていない傷や汚れを指摘されたときに、証拠として役立ちます。

 

賃貸マンションの退去や立会いでよくある3つの疑問

 
2019_12_10_3
 

続いては、退去前の立会いでよくある疑問として、

 

(1)退去前の連絡はいつするべきか

(2)立会いなしの場合はどうするのか

(3)立会いに本人が参加できない場合は代理人でも大丈夫なのか

 

の3つを解説しますね。

 

疑問1:賃貸マンションを退去することはいつ頃連絡しておくべき?

 
2019_12_10_4
 

1つ目は「賃貸マンションを退去することはいつ頃連絡しておくべきなのか」です。

 

賃貸マンションを退去する連絡は、一般的に「退去日の1〜2ヶ月前まで」といわれています。どの賃貸マンションも退去連絡の時期が決められており、その期限は契約書に書かれていることが多いです。

 

例えば2ヶ月前に連絡しなければいけない賃貸マンションを3月31日に退去したいとしましょう。その場合、1月31日までには大家さんや不動産会社、管理会社に連絡する必要があります。

 

期限までに退去の連絡をしておくことは、結果として「家賃の二重支払い」を防ぐことが可能です。3月31日に退去したいのに連絡を2月中旬にした場合、退去日は4月末となってしまい、1ヶ月分の余分な家賃が発生するからです。

 

ムダな支払いを防ぐためにも、早めに連絡しておいてください。

 

疑問2:賃貸マンションの退去前、立会いしないこともあるって本当?

 
2019_12_10_5
 

2つ目は「賃貸マンションの退去前、立会い不要のこともあるのか」です。

 

実際、退去前の立会いを必要としないところもあります。しかしどんな賃貸マンションでも立会いすることをおすすめします。立会いで傷や汚れの責任をハッキリとさせておいた方が、トラブルや過剰請求を防ぐことができるからです。

 

大家さんなどに「立会いは必要ない」といわれても、「トラブルを防ぐために確認しておきたい」など理由を説明して、日程を決めておきましょう。

 

疑問3:退去前の立会いに本人が参加できない場合は代理人でも大丈夫?

 
2019_12_10_6
 

3つ目は「退去前の立会いに本人が参加できない場合は代理人でも大丈夫なのか」です。

 

基本的に、退去の立会いは本人がすることになっています。引っ越し当日の立会いが難しい場合、他の日時に調整してもらいましょう。

 

他の日でも難しい場合のみ、代理人でも受け付けてもらえることがあります。立会いや鍵の返却、書類の確認など大事な作業も多いので、信頼できる人物であることを担当者に伝えると安心してもらいやすいです。

 

賃貸マンションの退去前の立会いでよくあるトラブル

 
2019_12_10_7
 

退去の立会いでは「傷や汚れの修繕費用として何十万円もの費用を請求された」というトラブルが多いです。

 

立会いで傷や汚れを指摘された場合、基本的に入居者が付けたものであれば、自分で負担する必要があります。しかしこのような修繕費用は、実は入居で支払った「敷金」から負担することができます。

 

そのため本来であれば、新たに追加で費用を支払う必要はありません。クリーニング代や修繕費用は3万〜5万円ほどであり、家賃1〜3ヶ月分を支払った敷金だけで負担できることが多いからです。

 

あまった敷金は、退去するときに返却されることになっています。

 

敷金から負担できること、敷金が返ってくることを知っている人はそれほど多くありません。そのため「追加費用を請求された……でも自分で付けた傷だから仕方ない。」と高額な費用を支払う人が後をたたないのです。

 

退去前の立会いでよくあるトラブルの対策:クリーニング代を敷金から支払う

 
2019_12_10_8
 

修繕費用の支払いトラブルには、以下の対策がおすすめです。

 

・立会いの最後に渡される書類は納得するまでサインしない

・修繕費用を請求されたら「敷金から支払います」と主張する

 

まず立会いの時点で傷や汚れの修繕を要求されたときは、納得できるまで書類にサインをしないでください。サインしてしまうとすべてに納得したことになるので、修繕費用の支払いを断ることが難しくなります。

 

自分で付けた傷や汚れを修繕することになったら、敷金から支払うことを主張してください。先ほどお伝えしたように、基本的にクリーニング代などは敷金からまかなうことができるからです。

 

敷金から修繕費用をまかなってもいくらか残った場合は、残金が口座にふりこまれます。遅くても1〜2ヶ月以内には振り込まれるので、遅い場合は問い合わせましょう。

 

また日常生活で自然に発生する以下のような傷や汚れは、修繕費用を負担する必要がありません。

 

・経年劣化による傷や汚れ

・日常生活で自然に発生する傷や汚れ

 

上記のような傷や汚れは、修繕費用の支払いを断ることも可能です。

 

賃貸マンションの退去の立会いでトラブルや過剰請求を防ぐためのチェックシート

 
2019_12_10_9
 

立会い前、傷や汚れを確認しておきたいところをチェックシートにまとめました。

 

(1)壁

油汚れ、カビ、タバコのヤニ汚れなどが付いていないか?

 

(2)床

物を落として傷が付いていないか?食品によるシミは付いていないか?

 

(3)網戸の状態

網戸は破れていないか?正常に動くか?

 

(4)ウォシュレットの動作

ウォシュレットは正常に動作するか?

 

(5)エアコンの動作

エアコンは正常に動作するか?リモコンを無くしていないか?

 

(6)換気扇の動作

換気扇は正常に動作するか?汚れやホコリは溜まっていないか?

 

(7)浴室乾燥機の動作

浴室乾燥機は動作するか?壊れていないか?

 

(8)部屋のにおい

部屋にタバコや食べ物などの汚れが充満していないか?不快なにおいが残っていないか?

 

(9)鍵

鍵を返却したか?スペアキーは残していないか?また鍵そのものが破損していないか?

 

(10)荷物が部屋に残っていないか?

部屋に荷物を残していると、後日処分にかかった費用を請求されます。すべて運び出しておきましょう。

 

退去前に掃除しておきたい箇所について、詳しくは以下の記事で解説しています。気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

 

→ 「賃貸マンションの退去や引っ越し!掃除はどの程度する?敷金は返ってくる?」

 

まとめ 退去前の立会いにおける注意点を理解して、トラブルを防ごう

 

 

今回は、賃貸マンションの退去前に行う立会いについて解説しました。

 

おさらいすると、立会いは「対象の部屋にある傷や汚れ、シミなど責任をハッキリさせること」、そして「修繕にかかる費用を見積もること」を目的に行われます。

 

高額な修繕費用を請求されるトラブルもありますが、修繕費用は基本的に「敷金」から支払うことが可能です。

 

今回解説した注意点やポイントを知っておいて、立会い当日にそなえましょう。

 

また今回紹介したもの以外にも、賃貸マンションの退去ではさまざまなトラブルが起こる可能性があります。

 

詳しくは以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

 

→ 「賃貸マンションの退去トラブル例と費用相場!ガイドラインを元に対策を紹介します」

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ