暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

ファミリーでシェアハウス生活。子育てがしやすくなる理由とは?

0

「シェアハウスってファミリーでも入居できるのかな…」

 

と感じている方。

 

シェアハウスはファミリーでも入居でき、子供に良い影響を与えることも少なくありません。幅広い世代と同居することで、子育てのアドバイスをもらえることもあります。

 

とはいえ、具体的なファミリー向け物件のメリットなどは、なかなかわかりにくいですよね。

 

そこで今回は、

 

・ファミリーでシェアハウスに入居できる物件や費用

・ファミリーでシェアハウスに住むメリットとデメリット

・シェアハウスにファミリーで住んだ体験談

 

などを紹介します。

 

「いきなり入居はハードルが高い…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけなら簡単です。

 

まずはファミリー向け物件について、ざっくりと理解しましょう!

 

 

シェアハウスにはファミリーで住める?

 

1

 

シェアハウスにはファミリーで住むこともできます。家族向けの物件に限られますが、単身世帯と親子が一緒に生活することは難しくありません。さらに近年は、高齢者も加えて20〜70代など幅広い世代が共に生活するシェアハウスも増えつつあります。

 

ファミリーで入居できる物件には、2種類あります。

 

・個室はベッドやクローゼットのみで、お風呂やトイレは共有で使う

・ソーシャルアパートメントのように個室にミニキッチンやお風呂、トイレが付いている

 

共有スペースが多いシェアハウスでは、家賃が安い傾向にあります。一方でソーシャルアパートメントのようなシェアハウスは家賃が高いことも多いですが、プライベートを確保できます。

 

 

ファミリーでシェアハウスに住んだときの費用相場

 
2

 

ファミリーでシェアハウスに住んだ場合の費用相場は、以下の通りです。

(※お風呂やトイレ、キッチンは共有の物件の場合)

 

・家賃:5万〜13万円

・初期費用:15万〜20万円

 

親子だと2〜5人ほどで住むことが多いため、広い部屋が必要ですよね。そのため1人向けのシェアハウスよりは、家賃は高いです。また家賃が高くなる分、初期費用も少し高額になります。

 

ただし賃貸マンションに住んだ場合は、50万円ほどの初期費用が欠かせません。そのため通常の引っ越しよりは、費用を節約できます。

 

とはいえ、ファミリーでシェアハウスに住む生活は、なかなか想像しにくいですよね。

 

そこで次は、ファミリーで入居するメリットとデメリットをお伝えします。

 

 

ファミリーでシェアハウスに住むメリット

 
3
 

ファミリーでシェアハウスに住むことは、以下のメリットがあります。

 

・共働きでも子供の面倒を見てくれる人がいる

・子育てに関してシェアメイトに相談できる

・子供が小さいうちからさまざまな世代と接することができる

 

最も大きなメリットは、子育てに関して住人に相談できることです。家族だけではなく、シェアメイトと子供を育てることができるため、気が楽になったという人が少なくありません。共働きでも、子供に寂しい思いをさせることが少なくなります。

 

 

ファミリーでシェアハウスに住むデメリット

 
4

 

一方で、以下のようなデメリットもあります。

 

・子供が小さいと騒音にならないように気をつける必要がある

・ファミリーで入居できる物件がまだまだ少ない

 

シェアハウスによっては、シェアメイト全員が子供の入居に肯定的なわけではありません。また家族向けシェアハウスもまだまだ少ないため、物件探しに時間がかかることもあります。

 

東京や大阪などであれば物件の数は多いため、首都圏に住んでいる人におすすめの暮らし方です。

 

ここまでメリットとデメリットを簡単にお伝えしました。

 

続いてはこれらを理解した上で、ファミリーでシェアハウスに入居したAさんの体験談を紹介します。

 

 

ファミリーでシェアハウスに住んだAさんのケース

 
5
 

Aさん夫婦は20代の頃、シェアハウスに住んでいました。その経験から結婚後もシェアハウスに住んでおり、出産のために一時は退去。しかしシェアハウス生活が恋しいこともあり、子供が1歳になると同時にファミリーで入居できるシェアハウスに引っ越しました。

 

初めは子供の泣き声などに気を遣っていましたが、幸いにもシェアメイトは子供が好きな人が多く、苦情を言われることはありません。Aさん夫婦が仕事でなかなかお世話できないときは、シェアメイトが交代で面倒を見てくれることも。子供もいろいろな大人に接しているからか、人見知りをすることが少ないです。

 

シェアハウスに引っ越してからは子育てに悩むことも少なくなり、楽しい毎日を送っています。

 

このようにシェアハウスに引っ越したことで、生活しやすくなる人は多いです。

 

とはいえ、すべての人がファミリーでのシェアハウス生活に向いているわけではありません。

 

そこで最後に、ファミリーでの入居が向いている人の特徴をお伝えします。

 

シェアハウスにファミリーでの入居が向いている人の特徴

 
6

 

ファミリーでのシェアハウス生活は、以下のような人が向いています。

 

・共働きの夫婦

・シェアハウスに住んだ経験がある人

・東京や大阪など首都圏に住んでいる人

 

シェアハウスに住んだ経験があると、シェアハウス自体のルールや暮らし方、シェアメイトとの接し方には慣れていますよね。そのためシェアハウス生活に、ストレスを感じることがほとんどありません。

 

またファミリー向け物件は、まだまだ首都圏に集中しています。そのため首都圏に住んでいる人の方が、物件を探しやすいです。

 

このように自分たちの性格や暮らし方と照らし合わせながら、ファミリーでのシェアハウス生活も検討してみてくださいね。

 

まとめ ファミリーでシェアハウスに入居することで、子育てや仕事がしやすくなる

今回はファミリーでのシェアハウス生活について解説しました。

 

おさらいすると、ファミリー向けシェアハウスは増えつつあります。そして家族で入居することには、以下のメリットがあります。

 

・子供が小さいうちからさまざまな世代と接することができる

・共働きでも子供の面倒を見てくれる人がいる

・子育てに関してシェアメイトに相談できる

 

実際に体験談で紹介したAさん夫婦のように、子育てや仕事がしやすくなったという人も少なくありません。

 

そしてファミリーでの入居に向いている人の特徴として、以下を紹介しました。

 

・共働きの夫婦

・シェアハウスに住んだ経験がある人

・東京や大阪など首都圏に住んでいる人

 

これらの特徴を確認しながら、家族でのシェアハウス生活も検討してみてくださいね。

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ