暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シングルマザー向けシェアハウスが「家が借りにくい」問題を解決する

0

「シングルマザーもシェアハウスに住めるのかな…」

 

と悩んでいるママさん。

 

近年、シングルマザー向けのシェアハウスが増えています。「子連れの入居に限定する物件」と「社会人や学生など単身者と一緒に住む物件」の2つがあり、入居を希望する人も少なくありません。

 

シングルマザーがシェアハウスに入居することで、「家が契約しにくい」などの問題を解決できます。

 

とはいえ、具体的なシェアハウスの様子は、なかなかわかりにくいですよね。

 

そこで今回は、

 

・シングルマザー向けシェアハウスが増えている理由

・子連れでシェアハウスに入居するメリットとデメリット
・シングルマザーがシェアハウスを探すポイント

 

などを解説します。

「いきなり入居は難しい…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはシングルマザー向けの物件が増えている理由を、ざっくりと解説します!

 

 

シングルマザー向けのシェアハウスが人気を集める理由

 

1

 

シェアハウスがシングルマザーから人気を集める理由は、「賃貸マンションを借りるハードルが高い」ことが大きな理由です。

例えば物件探しだけでも、以下の問題があります。

 

・予算や条件にあう物件が見つからない
・初期費用が高い
・保証人が見つかりにくく、契約しにくい
・引っ越しの荷造りや家具の移動が大変
・そもそも子連れで入居できる物件が少ない

このようにシングルマザーは契約や引っ越しが難しいために、家探しで疲れてしまう人が少なくありません。

特に「予算や条件にあう物件」が見つかりにくいことが大きく関係しています。次で詳しく解説します。

 

 

子連れでの入居をあきらめる理由や問題

 

2

 

子連れでの入居となると、予算や条件のハードルが高まります。

 

この原因は、以下の3つです。

 

・子連れはファミリー向け物件への入居が多い
・ファミリー向け物件は3〜5人を想定した間取りで広すぎる
・家が広いと家賃が高い

 

反対に、一人暮らし向けの単身物件は家賃が安いものの、子連れで入居できません。

 

また「子供の学校の学区内で引っ越したい」「不動産会社に相手にされない」などの悩みも。物件探しに苦労するシングルマザーはとても多いです。

 

そこで登場したのが、シングルマザー向けシェアハウス。どのようなシェアハウスなのか、以下で特徴を見てみましょう。

 

 

シングルマザー向けシェアハウスの特徴

 

3

 

シングルマザー向けシェアハウスには、以下の2種類があります。

 

・シングルマザーのみを対象にしている
・シングルマザーだけでなく、社会人や学生などさまざまな人が入居している

 

また、以下に対応するシェアハウスもあります。

 

・保育施設
・仕事の紹介

 

物件によって提供するサービスは異なりますが、「子連れで入居可能」という点は変わりません。

 

次でシングルマザーがシェアハウスに入居する、メリットとデメリットを解説します。

 

 

子連れでシェアハウスに入居するメリット

 

4

 

いちばんのメリットは「何十万もの初期費用が必要ない」など、金銭面の負担が少ないことです。

 

その他のメリットは、以下の通りです。

 

・日用品を買いに行く必要がないため、子供との時間が増える
・家事や食事、子育てを助け合うことができる
・家に一人ではないという安心感がある

 

シングルマザー向けシェアハウスに入居した人に聞くと、「夜に住人と少しでも会話することでリフレッシュできた」「子供が寝た後に、ママ同士でおしゃべりするのが楽しい」という声も。

 

また学校が終わって子供が帰ってくるものの、母親は仕事ということもありますよね。その場合も、住人が手助けしてくれるため安心です。

 

 

子連れでシェアハウスに入居するデメリット

 

5

 

一方で、デメリットもあります。

 

・共同生活に慣れていないと辛く感じる
・住人と価値観があわないこともある

 

デメリットは、普通のシェアハウスとほとんど変わりません。他人の価値観を尊重しつつ、話し合いなどでルールを決めましょう。ルールがあると、全員の価値観がそろいやすいです。

 

 

シングルマザー向けシェアハウスの平均家賃や初期費用

 

6

 

シングルマザー向けシェアハウスの良さはわかったものの、家賃や初期費用も気になりますよね。

 

平均費用は以下の通りです。

 

・家賃:5万円
・初期費用:10〜15万円

 

こちらも通常のシェアハウスとほとんど同じ。シングルマザー向けだからといって、高額な費用が必要になることはほとんどありません。

 

保育施設があるなど、設備が豪華になるともう少し高くなることもあります。

 

 

シングルマザーのシェアハウス探しはここがポイント

 

7

 

最後に、シングルマザーがシェアハウスを探すときのチェックポイントをお伝えします。

 

・周辺の環境や住人同士の交流があるか
・管理会社の対応が親切か
・シェアハウスはシングルマザーのみか、単身者も一緒か

 

物件の見学をしたり、住人に話を聞いたりして決めましょう。また見学の前に、子連れ入居が可能か、問い合わせておくとやり取りがスムーズです。

 

 

まとめ シングルマザーがシェアハウスに入居することで、生活が楽になる

 

 

今回はシングルマザーのシェアハウス入居について解説しました。

 

おさらいすると、シングルマザーは賃貸マンションの契約や引っ越しが難しいため、子連れ入居できるシェアハウスのニーズが高まっています。

 

シングルマザーがシェアハウスに入居するメリットは、以下の通りです。

 

・日用品を買いに行く必要がないため、子供との時間が増える
・家事や食事、子育てを助け合うことができる
・家に一人ではないという安心感がある

 

一方でデメリットもあります。

 

・共同生活に慣れていないと辛く感じる
・住人と価値観があわないこともある

 

しかしこれらは、話し合いでルールを決める、見学の際にシェアハウスの雰囲気を確かめるなど、対策も可能です。

 

まずは気になるシェアハウスに、「シングルマザーの入居は可能かどうか」問い合わせてみましょう。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ