暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスのお風呂事情!入りやすい時間や必要なルールとは?

2019_05_14_0

「シェアハウスってどんなお風呂があるんだろう。順番待ちとか長いのかな……」

 

と感じている方は多いのではないでしょうか。

 

多くのシェアハウスはお風呂付きの物件であり、以下の5タイプに分けられることが多いです。

 

1.浴槽付きバスルーム

2.シャワールーム

3.浴槽付きバスルーム+シャワールーム

4.個室に浴槽付きバスルーム

5.大浴場

 

またどのタイプでもメリットやデメリット、お風呂で気を付けたいことなどを知っておくだけでも、ストレスやトラブルは避けることが可能です。

 

とはいえ、具体的にどのようなことに注意するといいのかは、なかなかわかりにくいですよね。

 

そこで今回は、

 

・シェアハウスにあるお風呂5つの特徴

・シェアハウスのお風呂で気を付けたい時間

・シェアハウスで決めておきたいお風呂に関するルール

 

を紹介します。

 

まずは浴槽付きバスルームから詳しく見ていきましょう!

 

シェアハウスはお風呂付き!タイプ1:浴槽付きバスルーム

 
2019_05_14_1
 

1軒家のシェアハウスの場合、浴槽付きバスルームが1〜2部屋は用意されています。

 

【メリット】

・湯船でゆっくりお風呂を楽しめる

・広い場合、シャンプーなど備品を浴槽に置いておける

 

【デメリット】

・1人の入浴時間が長くなり、なかなか順番が回ってこない

・浴槽の広さは物件によってさまざま

 

バスルーム自体や浴槽の大きさは、物件によって異なります。一軒家にあるような、女性が足を伸ばせるほどの広さは確保されていることが少なくありません。

 

ちなみにひだまりでは、東京都にある以下の物件で「浴槽付きバスルーム」を用意しています。気になる方は、チェックしてみてください。

 

シェアハウスひだまり『荻窪』

 

→ シェアハウスひだまり『駒沢』

 

シェアハウスはお風呂付き!タイプ2:シャワールーム

 
2019_05_14_2
 

シャワールームは、シャワーと脱衣所のみの簡易的なお風呂が1〜2部屋あるもの。マンションタイプや大人数のシェアハウスでよく見かけます。

 

【メリット】

・お風呂の時間が短くなり、回転も早くなる

・男女別になっていることが多くて安心感がある

 

【デメリット】

・冬は寒い

・シャワールーム自体がせまい

 

湯船につかることはできませんが、お風呂の時間は短縮できます。回転率が早くなり、結果として大人数のシェアハウスでも待ち時間が発生しにくいです。

 

寒さ対策には、脱衣所にストーブなど暖房器具を置いてみましょう。

 

シェアハウスはお風呂付き!タイプ3:浴槽付きバスルーム+シャワールーム

 
2019_05_14_3
 

先ほど紹介した「浴槽付きバスルーム」と「シャワールーム」が、1つずつ設置されているパターンです。

 

【メリット】

・気分によって使い分けることができる

・人の少ない時間をねらうことで、浴槽でゆっくりとお風呂に入れる

 

【デメリット】

・浴槽付きバスルームの方が混みやすい

・男女混合になることが多い

 

ゆっくり入浴したいときは浴槽付き、待っている人が多くて手短に済ませたいときはシャワーなど、状況によって使い分けられるのは嬉しいですね。

 

シェアハウスはお風呂付き!タイプ4:個室に浴槽付きバスルーム

 
2019_05_14_4
 

賃貸マンションのように、個室に浴槽付きバスルームが付いている物件も少なくありません。アパートメントタイプの物件でよく見かけます。

 

【メリット】

・自分の好きなタイミングでお風呂に入れる

・備品をお風呂場にそのまま置いておける

 

【デメリット】

・自分で掃除をする必要がある

・家賃や水道代が高くなりやすい

 

個室にお風呂が付いている物件は、シェアハウスよりもソーシャルアパートメントに多いです。ソーシャルアパートメントについて、詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

 

「ソーシャルアパートメントとは?シェアハウスとの3つの違い」

 

シェアハウスはお風呂付き!タイプ5:大浴場

 
2019_05_14_5
 

数は少ないですが、大浴場を用意しているシェアハウスもあります。

 

【メリット】

・毎日広いお風呂を楽しむことができる

・お風呂でシェアメイトとコミュニケーションを取れる

 

【デメリット】

・衛生面が気になることもある

・共益費や水道代が高くなることもある

 

大浴場があると、シェアハウスで銭湯のような気分が味わえることも少なくありません。またシェアメイトと裸の付き合いをすることで、さらに仲が深まる可能性もあります。

 

シェアハウスのお風呂掃除は誰がするの?

 
2019_05_14_6
 

ここまでお風呂付きシェアハウスの内容について解説しました。しかし「お風呂の掃除は誰がするんだろう……」と感じている方もいるかと思います。

 

お風呂掃除は、以下2パターンで取り組みます。

 

・運営会社が派遣している清掃スタッフ

・シェアメイトとの分担制

 

基本的には、清掃専門のスタッフが担当することがほとんどです。その場合は、お風呂掃除を自分たちでする必要がありません。

 

シェアメイトで分担する場合は、1〜2週間に1回ほど掃除当番が回ってきます。掃除の手間はかかりますが、そのぶん共益費などが安くなることも少なくありません。

 

なるべく掃除の手間を減らしたい方は清掃スタッフが担当する物件、より低価格で入居したい方はシェアメイトとの分担制の物件を選ぶことをおすすめします。

 

続いては、シェアハウスのお風呂における注意点を見ていきましょう。

 

シェアハウスでお風呂に入るときは、時間に注意!

 
2019_05_14_7
 

シェアハウスのお風呂は共有スペースでもあるため、使用時間がよくかぶります。

 

時間については、以下の点に注意しましょう。

 

・1時間をこえる長風呂は避ける

・混雑する時間の入浴は控える

 

シェアハウスの住人は生活リズムがバラバラであることが多いです。トイレやキッチンなど、他の共有スペースの使用時間はあまりかぶることがありません。

 

しかしお風呂に入る時間は夜や早朝に集中しやすく、お風呂の数が少ないとさらに混雑します。長風呂や混雑時間の使用を避けるだけでも、ストレスやトラブルは軽減できます。

 

入りやすい時間と混雑する時間は、以下の通りです。

 

・入りやすい時間:18〜20時

・混雑する時間:6〜8時、21〜23時

 

この時間はシェアハウスによって異なるため、あらかじめ前から住んでいるシェアメイトに聞いてみてください。

 

またどうしても長風呂をしたいときは、近くの銭湯やスパの利用もおすすめです。

 

シェアハウスのお風呂について決めておきたい3つのルール

 
2019_05_14_8
 

シェアハウスでは、お風呂に関して以下のルールを決めておくと安心です。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

【1.お風呂場にシャンプーや洗顔料など私物を放置しない】

シェアハウスの共有スペースは、基本的に私物を置くことができません。置く場合は、誰でも使用できるものと認識されてしまいます。なるべく私物は置かずに、その都度持ち歩く方がトラブルは少ないです。

 

【2.使用時間を「1人40分まで」など区切っておく】

お風呂で最も多いトラブルが「順番待ちが長い」こと。スムーズに使用するためにも、時間制限を設けておきましょう。女性も住むシェアハウスでは、1人あたり30〜40分は必要です。

 

【3.お風呂のドアに終了時間を書いておく】

お風呂のドアにホワイトボードなどを用意して、終了時間を書いておきましょう。入浴時間がわかるだけでも、待ち時間のイライラは減少できます。

 

ルールを参考に、シェアハウスでのお風呂を思う存分使用してくださいね。

 

まとめ シェアハウスのお風呂をスムーズに使うには、時間と掃除がポイント

 

 

今回はシェアハウスのお風呂事情について解説しました。

 

おさらいすると、シェアハウスのお風呂で最も注意したいことは「入浴時間」です。入りやすい時間と混雑する時間を把握して、タイミングに気を付けながら使用しましょう。

 

・入りやすい時間:18〜20時

・混雑する時間:6〜8時、21〜23時

 

またお風呂に関して、シェメイトとルールも作っておくと安心です。ルールがない場合は、今回の記事を参考にシェアメイトと相談して作成してみてはいかがでしょうか。

 

またそのお風呂の他にも、シェアハウスは洗濯に関する疑問やトラブルも少なくありません。

 

気になる方は、以下の記事もチェックしてみてください。

 

「シェアハウスの洗濯事情を調査!起きやすいトラブルと注意点とは?」

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ