暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

ルームシェアの契約書は、「代表者のみの契約」と「連名契約」から選ぼう!

0

友人とのルームシェアは、まだまだややこしいことや疑問がある住み方ですよね。特に、「契約書は誰の名前で結べばいいの?」と、多くの人が抱えます。

ルームシェアでの契約書は、主に

 

・代表者のみが契約を結ぶ
・入居する全員で結ぶ連名契約

 

という2つの方法があります。今回は、これらの契約書の結び方や注意点、さらにはルームシェアで用意するべき他の書類まで解説します。

 

 

ルームシェアでの契約書の結び方

 

1

 

友人とのルームシェアを契約する際、「契約書には誰の名前を書こう……?」という悩みをよく耳にします。ルームシェアとなると、1つの部屋に住むのは2〜3人。代表者を用意するべきか、全員で契約するべきか、悩みますよね。

ルームシェアの契約書の結び方は、以下の2つです。

 

・代表者のみが契約書を用意する通常の「契約」
・全員分の契約書を用意する「連名契約」

 

次のトピックで、どのような契約書の結び方なのかを解説します。

 

 

契約を代表者のみで結ぶメリット・デメリット

 

2

 

契約書を代表者のみで結ぶ方法は、一人暮らしと同じです。代表者のみが入居者として契約し、保証人を用意。残りのルームメイトは、同居人として住みます。

代表者のみでの契約は、以下のようなメリットとデメリットがあります。

 

【メリット】契約者が退去しない限り、誰かが退去しても契約を結び直す必要がない。
【デメリット】退去のときに修理があったとき、契約者と保証人のみに請求される。同居人は請求の対象とならない。

 

同居人となったルームメイトには、「ここに住んでいます」という書類上の証拠がありません。そのため、何らかの支払いが発生しても、大家さんは同居人へは請求ができないのです。

 

 

連名契約にするメリット・デメリット

 

3

 

「連名契約」とは、入居する全員の名前で契約書を作ること。何人住んでも、それぞれが代表者の1人して、契約を結びます。
メリットとデメリットは以下の通りです。

 

【メリット】何らかの請求が発生したとき、全員に請求ができる。誰か1人が費用を全額負担することがない。
【デメリット】1人でも退去すれば、また契約書を作り変えなければいけない。また、退去時の敷金返還でトラブルになることがある。

 

連名契約であれば、何らかの請求があったときに代表者のみが払う必要がありません。契約を結んでいる全員に費用が請求されます。反対に、全員の名前で契約書を作ると、誰かが退去したときに、最初の契約書が偽りとなってしまいます。そのため、退去ごとに作り変える手間がかかります。

 

 

ルームシェアでは保証人も別々に用意する

 

4

 

ルームシェアでは、契約書だけでなく、保証人に関しても注意が必要です。保証人は、ルームメイトとなる全員分用意しましょう。

保証人は、入居者が家賃を払えない、トラブルが起きた場合に責任を取る人のこと。用意しなれば、何かあったときに不安が残ります。できれば、入居する全員の保護者や親戚などから保証人を用意しましょう。

 

 

ルームシェアで契約書のほかに必要な6つの書類

 

5

 

ルームシェアで重要な契約書。そのほかにも、入居には以下の6つの書類を用意してください。

 

・入居申込書
・火災保険の契約書
・身分証明書(運転免許書や保険証)
・住民票
・収入所得証明書
・連帯保証人

 

これらの書類は、「自分は何者なのか」「家賃は支払えるのか」ということを確認するために提出が必要です。すべてそろえるほど、信頼も増すはずです。

 

 

ルームシェアでの注意点:契約書のほかにもルールを書類で残そう

 

6

 

ルームシェアでは、不動産会社と入居者の間では契約書など書類でしっかりとした契約を結びます。それだけでなく、入居者のあいだでも書類で決まりを残しておくと安心です。

例えば、以下のことは決めて、書類に残しておきましょう。

 

・家賃の負担割合
・家賃の入金方法
・家賃の支払日
・光熱費の負担割合
・契約期間(入居期間)
・滞納があったときの処置
・雑費(日用品)の負担割合
・ゴミや掃除の当番

 

口約束では、証拠が残りません。「友人だから大丈夫」と思うかもしれませんが、友人だからこそ、あいまいな関係や住み方になってトラブルが起きることもあります。書類で残ることは徹底するべきです。

 

 

まとめ ルームシェアでは契約書や書類をきちんと用意してトラブルを回避しよう

 

 

ルームシェアでの契約書の結び方は、具体的に

 

・代表者のみで契約を結ぶ
・入居する全員の名前で連名契約

 

という2つの方法があります。どちらもメリット・デメリットがあるため、よく話し合って決めましょう。また、保証人は忘れずに全員分用意してください。

そして、ルームシェアでは契約書のほかにも

 

・入居申込書
・火災保険の契約書
・身分証明書(運転免許書や保険証)
・住民票
・収入所得証明書
・連帯保証人

 

といった書類が必要。また、入居者のあいだでルールを決めたら、そちらも忘れずに書類で残しましょう。友人とのルームシェアだからこそ、あいまいな関係は避けましょう。決めたことは分かりやすく残すことで、トラブルを回避できるはずです。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ