暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウス入居時の持ち物は?一人暮らしの家具・家電はどうする?

0

「シェアハウスに必要な持ち物って何だろう…」

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

シェアハウスには、家具や家電など基本的な設備は用意されています。そのため、一人暮らしで使っていた家電などは、ほとんど必要ありません。

そのため、シェアハウスへ入居するときは、身だしなみに関する持ち物だけで新生活をスタートできます。

とはいえ、初めてのシェアハウス生活だと、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

 

・シェアハウスにある家具や家電
・シェアハウスには必要ない持ち物
・シェアハウスへの入居の必需品

 

を紹介します。

「そんなに持ち物を少なくできるかな」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけなら簡単です。

まずは、シェアハウスに用意されている家電や家具から紹介します!
 
 

そもそもシェアハウスにある家具や家電

 
1
 

シェアハウスには、以下の家具や家電がはじめから用意されています。

例えば、
 

・冷蔵庫
・電子レンジ
・炊飯器
・フライパンやお鍋など調理器具
・ダイニングテーブル
・ソファやイス

 

などです。

これだけあれば、日常生活や食事には困りませんよね。
 
 

シェアハウスによっては用意されている持ち物

 
2
 

またシェアハウスによっては、
 

・ベッド
・ミニテーブル
・お皿やコップなどの食器類
・調味料
・洗剤

 
などがあることも。個室の家具、食器類などが用意されているため、持ち物を最低限まで減らす人も少なくありません。

もしもあなたが一人暮らしからシェアハウス生活になる場合、家具や家電、自炊道具は持ち込む必要がないのです。

次で詳しく説明しますね。
 
 

シェアハウスには必要ない持ち物:一人暮らしの必需品

 
3
 

一人暮らしをしていると、洗濯機など大きな家電を持っている人も多いですよね。しかしシェアハウスへの入居では、一人暮らしで使うものはほとんど必要ありません。

例えば、
 

・洗濯機
・電子レンジ
・冷蔵庫

 
などです。

またこれらは部屋には置けないこともあり、処分する必要があることも。特に洗濯機は場所も取るため、ほとんどのシェアハウスで共有スペースに置くことはできません。

またベッドなど、個室の家具もシェアハウスが用意していると、自分で持って行く必要がなくなります。

例えば、
 

・ベッド
・テーブル
・イス

 
などです。

そのため、身だしなみなど身の回りを整える持ち物があれば、シェアハウス生活をスタートできます。

とはいえ、具体的な持ち物は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次でシェアハウス生活に必要な持ち物を、「必需品」や「あったら便利なもの」にわけて紹介します。
 
 

シェアハウスに入居するときの持ち物:必需品

 
4
 

シェアハウスへの入居で用意しておくべき持ち物は、以下の通りです。
 

【部屋】
・ベッドのシーツや枕カバー、ふとん

 

【身だしなみ】
・シャンプーなど洗面用具
・歯ブラシ
・スキンケア用品
・(女性なら)化粧品

 

【日常生活】
・洋服や下着、靴
・カバン
・ハンドタオルやバスタオル

 
基本的に「自分しか使わないもの」は持って行きましょう。またスマホの充電器など、ケーブル類も各自で用意してください。
 
 

シェアハウスに入居するときの持ち物:あったら便利なもの

 
5
 

シェアハウスへの入居時に、これらの持ち物もあると便利です。
 

【部屋】
・テレビ
・ソファやテーブル
・個室の掃除用具(クイックルワイパーなど)

 

【身だしなみ】
・ドライヤー

 

【日常生活】
・ハンガー
・お皿やコップなど食器類
・調味料

 
テレビやソファは共有リビングにもありますが、個室でも使いたい場合は持って行きましょう。
 
 

荷物が多い人は、シェアハウス入居時にミニマリストになろう

 
6
 

ここまで、シェアハウスへの入居に必要な持ち物を紹介しました。

少ない持ち物で気軽に入居できることは、とても魅力的です。一方で、一人暮らしをしていた人は「こんなに荷物を減らすことはできない…」と感じることもあるかと思います。

もしも荷物が多い場合は、入居をきっかけに「ミニマリスト」になることをおすすめします。ミニマリストとは、少ない荷物で生活している人のこと。彼らは断捨離などをして、本当に必要な持ち物だけを使って生活しています。

シェアハウスに入居している人に、ミニマリストも少なくありません。荷物が少ないため身軽に移動でき、いくつものシェアハウスを転々とする人も。

このように持ち物が少ないと、引っ越し業者に依頼しなくても荷物を移動できることも少なくありません。引っ越し代が節約でき、新生活の費用に使うことができます。

シェアハウスへの入居をきっかけに、必要のないものを処分してみましょう。
 
 

まとめ シェアハウスへの入居をきっかけに、持ち物を断捨離しよう

 
 
今回は、シェアハウス生活に必要な持ち物を解説しました。

おさらいすると、シェアハウスには一人暮らしで使う家具や家電は必要ありません。そのため、身だしなみを整える最低限の持ち物があれば、生活は可能です。

例えば、
 

【部屋】
・ベッドのシーツや枕カバー、ふとん

 

【身だしなみ】
・シャンプーなど洗面用具
・歯ブラシ
・スキンケア用品
・(女性なら)化粧品

 

【日常生活】
・洋服や下着、靴
・カバン
・ハンドタオルやバスタオル

 
などです。

もしも「荷物が多くてなかなか減らせない…」という場合は、断捨離をしてミニマリストになりましょう。持ち物が減ることで、引っ越し業者に依頼する必要がありません。自分たちだけで持ち物の移動ができることもあり、引っ越し費用を節約できます。

今回の記事を参考に、持ち物を整理してみてくださいね。
 
 

すべてコンテンツ

お問い合わせ