暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

ルームシェアへの住宅手当や家賃補助まとめ

0

「ルームシェアって住宅手当の対象になるのかな…」

と考えている方は多いのではないでしょうか?

ルームシェアも、会社から住宅手当を支給してもらうことは可能です。金額は企業によって異なりますが、家賃の30〜50%を負担してもらえることも少なくありません。

ただし住宅手当を受けるためには、いくつかの条件や申請書類が必要です。条件をクリアしていなければ、本来の手当を十分に活用できないこともあります。

とはいえ、前例がなかなかないため、住宅手当の条件や手続きはなかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、ルームシェアが住宅手当を受けるために、

 

・ルームシェアが住宅手当を受けるパターン
・受けることができないケースとその理由
・住宅手当や家賃補助を受けるコツや必要書類

 

を解説します。

「いきなり申請するのは大変」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは住宅手当について、ざっくりと説明します!

 

 

住宅手当とは、会社指定のアパートやエリアに住む人に支給する

 

1

 

住宅手当とは、家賃など住宅にかかる費用を会社が一部負担してくれる制度のことです。福利厚生の1つであり、「家賃補助」などとも言います。

内容は例えば、

 

・家賃の30%分を負担
・4万円の家賃に対して1万円を支給

 

など、企業によって異なります。

対象は、ワンルームマンションへの一人暮らしや、転勤による引越しのみ。そのため一軒家など持ち家がある場合には、ほとんど支給されません。

 

 

ルームシェアへの住宅手当や家賃補助

 

2

 

住宅手当は、ルームシェアしている人も受けることができます。しかし手続きは、一人暮らしのようにスムーズには進まず、手続きのステップや提出書類が増えることも。時間はかかると考えておきましょう。

支給のパターンは、以下の通りです。
(10万円の物件に2人で入居し、会社が家賃の30%を支給すると定めている場合)

 

1:家賃への支給額を全額負担。支給は3万円。
2:自分の負担額(5万円)に対する金額を支給。支給は1万5,000円。
3:ルームシェアへの住宅手当が認められず、全額自己負担。支給は0円。

 

まだまだ新しい暮らし方のため、前例が少なく、企業も判断できない部分が多いです。そのため会社によっては、ルームシェアへの住宅手当や家賃補助がない場合もあります。

次で、住宅手当を受けることができないパターンと理由を解説します。

 

 

住宅手当を受けることができないルームシェアのパターン

 

3

 

住宅手当の支給が難しいパターンは、以下の通りです。

 

・ルームシェアの契約者や世帯主が自社の従業員ではない
・家賃はルームメイトの代表者が全員分を集めて大家さんに支払っている

 

住宅手当は、住居の契約者や世帯主に対して支払います。そのため契約者が自分ではなく、ルームメイトの場合、あなたは同居人扱いに。実家に住んでいるケースなどと同じ扱いになるため、住宅手当を受けることができません。

またルームメイトが家賃を集めて支払っている場合は、注意が必要です。支払先が大家さんではなく、友人(個人)になってしまうため、企業によっては支給できないと断られるケースもあります。

これには、「住宅手当の支給に企業の判断が慎重になっているから」などの理由があります。

次で、企業が慎重になる理由をお伝えしますね。

 

 

ルームシェアへの住宅手当が難しい理由は「嘘の深刻を防ぐため」

 

4

 

ルームシェアだけでなく、住宅手当の支給自体に企業は慎重です。なぜなら「嘘の申告を防ぐため」です。

同性同士のルームシェアを事例として、解説しましょう。

例えば、以下の2人がルームシェアをしているとします。

 

Aさん:ルームシェアしている物件の契約者であり世帯主。
Bさん:ルームシェアの契約者や世帯主にはならず、同居人として生活。

 

住宅手当が契約者や世帯主に限る企業の場合、支給を受けるのはAさんのみとなりますよね。

一方で、同居人という立場でも住宅手当を支給する企業もあり、その場合はBさんも住宅手当を受けることができます。

しかし同居人にも支給できる企業ばかりだと、自分を同居人だと名乗り、嘘の申告をする人も少なくありません。するとルームシェアをしていない人にも、住宅手当として数万円を支払うことに。企業が損をすることになりますよね。

必要のない経費を発生させないためにも、企業は住宅手当の申請に慎重になるのです。

ここまで住宅手当が難しいパターンや理由を解説しました。

とはいえ、しっかりと条件や申請書類を満たしていれば、住宅手当の申請はそこまで難しいものではありません。

そこで続いては、住宅手当を受けるための条件や必要書類を紹介しますね。

 

 

住宅手当を受けるための条件

 

5

 

嘘の申告を発生させないためにも、住宅手当の申請には以下の条件があります。

 

・ルームシェアの契約者や世帯主が自分であること
・家賃の支払いや居住先が証明できること

 

契約者や世帯主が自分であることを証明できれば、ワンルームマンションへの一人暮らしと立場は同じです。そのため住宅手当の申請は、スムーズに進むはずです。

次はこれらの証明に必要な書類を紹介します。

 

 

ルームシェアへの住宅手当を受けるために必要なこと

 

6

 

会社は住宅手当が必要ない人への支給を避けるためにも、手続きに慎重だとお伝えしました。

そのため「家賃を支払っている」「その物件に住んでいる」ことの証明は欠かせません。

申請の際は、以下の書類をなるべく提出しましょう。

 

・住民票:ルームシェア先の住所が書かれているものを提出。世帯主であることを証明できる。
・賃貸契約書:自分が契約者であることを証明するために必要。
・家賃の振込先や支払いの証明:「自分が家賃をこれだけ負担している」という金額の証明になる。

 

これらを用意することで、住宅手当の申請の通過率アップも期待できます。

今回は基本的なことを紹介しましたが、支給額や条件、必要書類などは会社によって異なります。そのためまずは、自分の会社の人事や労務管理などの部署で尋ねてみましょう。

 

 

まとめ ルームシェアでの住宅手当の申請は、条件や提出物をクリアして通過率アップを

 

 

今回は、ルームシェアで住宅手当を受けるために必要なことをお伝えしました。

ルームシェアへの住宅手当は、以下のパターンで支給されています。

 

1:家賃への支給額を全額負担。
2:自分の負担額に対する金額を支給。
3:ルームシェアへの住宅手当が認められず、全額自己負担。

 

もしも全額自己負担になったときは、条件を満たしていない可能性が高いです。

住宅手当の条件は、

 

・ルームシェアの契約者や世帯主が自分であること
・家賃の支払いや居住先が証明できること

 

の2つ。これらを証明するためには、以下の書類をすみやかに用意しましょう。

 

・住民票
・賃貸契約書
・家賃の振込先や支払いの証明

 

基本的なことは以上です。企業によって条件などは異なるため、自分の会社への確認も忘れないでくださいね。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ