暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスで挨拶しないのはダメ!仲良くなるコツは、入居初日に自己紹介をすること

0

「シェアハウスに入ったら、どんなタイミングで同居人に挨拶すればいいのだろう…」

と悩んでいる方はいませんか?

シェアハウスで挨拶は必要です。入居初日に住人に挨拶しておけば、仲良くなりやすいです。また毎日の挨拶も、シェアハウス生活を楽しくするには欠かせません。

とはいえ、シェアハウスに住んだことがないと、なかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、

 

・シェアハウスに入居してからの挨拶
・シェアハウスの毎日の挨拶
・挨拶以外に生活を楽しくするために必要なこと

 

を紹介します。最初は「同居人と仲良くできるかな」とドキドキするかもしれませんが、対策を知っておけば安心です。

まずは入居初日の挨拶について、お伝えします。

 

 

シェアハウス入居初日の挨拶は欠かせない

 

1

 

シェアハウスに入居したら、初日にできるだけ多くの人に挨拶しましょう。入居初日に挨拶を忘れてしまうと、そのあとのタイミングがなかなかつかめません。

シェアハウスは住人によって、生活リズムが異なります。そのため全員と会うためには、「朝、昼、夜、休日」などにわけて挨拶する必要があります。

 

 

シェアハウスで挨拶が必要な理由は、共有のスペースや物を使うから

 

2

 

シェアハウスは物件によって、あまり交流のないところもあります。そのため「別に挨拶しなくても良いんじゃない?」と考える人もいるかもしれません。

ワンルームマンションであれば、お隣の方に挨拶しない人も多いため、問題ありません。しかしシェアハウスは、リビングやキッチン、家電、シャワーなど同居人と共有するものが多いです。

同じ物を使う人同士、挨拶をして顔見知りになっておくと安心感があります。また設備が壊れたときなど、困ったときにみんなで助け合えることも。人数の多いシェアハウスでも、できるだけ多くの人と顔見知りになっておきましょう。

 

 

挨拶するときは自己紹介もしておくと仲良くなれる

 

3

 

同居人に挨拶するときは、自己紹介も軽くしておきましょう。

 

・名前
・出身地
・仕事
・趣味
・シェアハウス生活の経験 など

 

共通点があれば、仲良くなるきっかけにもつながります。

またこのときに、相手の顔と名前もしっかりと覚えましょう。なかなか頻繁に会わないかもしれませんが、名前など覚えておくと、次に話しかけやすいです。

 

 

挨拶として手土産も用意すると同居人と仲良くなりやすい

 

4

 

シェアハウスに入居するとき、「何か手土産は置いた方がいいのかな…」と考える人も多いのではないでしょうか?

絶対に必要なわけではありませんが、軽い手土産を置いておくと印象は良くなります。共有リビングやテーブルに「これからよろしくお願いします」などのメモ書きとともに、お菓子などを置いておきましょう。

ここまでシェアハウスに入居してからの挨拶について、お伝えしました。

続いては、シェアハウスでの毎日の挨拶について解説します。

 

 

シェアハウスでは毎日の挨拶も欠かせない

 

5

 

シェアハウスでは、毎日の挨拶も欠かせません。

 

・おはよう
・いってきます
・いってらっしゃい
・おやすみなさい など

 

特に規模の大きいシェアハウスでは、自分から周囲と関わらなければ、仲良くなるチャンスがなかなか訪れません。自分から同居人に声をかけましょう。

最後に、シェアハウス生活をスムーズにするために欠かせないことをお伝えします。

 

 

シェアハウスは挨拶だけでなく、ルール確認も必要

 

6

 

シェアハウスの入居初日には、自己紹介だけでなく「ルール確認」もしておきましょう。

例えば、

 

・24時以降はリビングで騒がない
・シャワーは30分以内
・台所の生ゴミは使ったあとすぐに捨てる

 

などです。

共有スペースなど、価値観の異なる人が集まっているため、自由に使える状態だとトラブルになりやすいです。ルールを聞いておくことで、早くシェアハウス生活に慣れることが可能です。

 

 

まとめ シェアハウス入居初日に挨拶をして、毎日を楽しく過ごそう

 

 

今回は、シェアハウスでの挨拶についてお伝えしました。

入居初日には、

 

・なるべく多くの住人に挨拶
・生活リズムがバラバラなので挨拶のタイミングをわける
・可能であれば手土産を用意

 

の3つを心がけてください。

また入居初日だけでなく、毎日の挨拶も欠かせません。同居人とすれ違ったときは、「おはよう」や「おやすみ」など声をかけましょう。

そして挨拶して仲良くなった人に、シェアハウスのルール確認もしておくと安心です。

今回の記事を参考に、シェアハウス生活を楽しんでくださいね。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ