暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

フリーターはシェアハウスに住める?入居条件や物件探しのコツを解説

0

「フリーターでもシェアハウスに住めるのかな…」

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、フリーターでもシェアハウスには入居できます。審査はありますが、家賃の支払い能力があり、人柄にも問題ないとわかれば、入居を拒否されることはありません。

フリーターがシェアハウスに入居することで、東京など首都圏でも生活費を節約しながら、やりたいことに向けて貯金ができます。

とはいえ、初めてのシェアハウス生活だと、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

 

・フリーターがシェアハウスに入居する条件
・シェアハウスに住んだフリーターの体験談
・フリーターがシェアハウスに住むメリット
・シェアハウス探しのポイント

 

などを紹介します。

「いきなりシェアハウスに住むのはハードルが高い」と感じますが、概要をつかむだけなら簡単です。

まずはフリーターがシェアハウスに入居する条件から、ざっくりと理解しましょう!

 
 

フリーターでもシェアハウスに入居できる?

 
1
 

シェアハウスやワンルームマンションの入居審査のポイントは、「家賃を支払える安定的な収入があること」です。

アルバイトであっても働いていることには変わりないため、安定的な収入があると判断されます。そのため、フリーターでもシェアハウスへの入居は可能です。

むしろ、一人暮らしよりもシェアハウスの方が、入居のハードルが低いことも少なくありません。

詳しい条件は、以下の通りです。

 

・家賃が月収の3分の1であること
・月収が平均16万円であれば、5万3,000円の家賃までOK

 

このように年収に対して高すぎる家賃でなければ、審査に落ちることはあまりありません。

 
 

東京のシェアハウスに入居したフリーターAさんの体験談

 
2
 

ここではシェアハウスで生活していた、フリーターAさんの体験談を紹介します。

Aさんは東京の杉並区にある、シェアハウスの1室に入居しました。個室は6畳あり、リビングも広くて快適。新宿まで10分という好立地です。

シェアハウスでの生活費は、以下の通りです(※すべて1ヶ月の費用です)。

 

・家賃+共益費:6万円(4万5,000円+1万5,000円)
・バイト代:19万円(時給1,200円)
・生活費:12万3,000円

 

通常、東京に一人暮らしをすると、家賃だけで10万円かかることも少なくありません。しかしシェアハウスに住むことで、家賃を6万円までおさえることが可能に。

このようにフリーターなどアルバイトの収入でも、シェアハウスであれば少ない負担で生活できます。

シェアハウス生活はフリーターにとって、他にもメリットがあります。次で詳しく解説しますね。

 
 

フリーターがシェアハウスに住むメリット

 
3
 

フリーターがシェアハウスに入居するメリットは、以下の3つです。

 

・家賃など生活費を節約できる
・共有スペースが好きな時間に使える
・立地が良い物件が多いため、バイト先から近い

 

シフト制のアルバイトだと、他の人と生活リズムが異なることも少なくありません。そのため、キッチンなど共有スペースが好きな時間に使えることが多いです。また立地が良いところに安く住めて、通勤が楽です。
 
 

フリーターがシェアハウスに住むデメリット

 
4
 

一方で、以下のようなデメリットもあります。
 

・土日休みの人が多いと予定があわない
・バイトの日数によって家賃が高く感じる

 

シェアハウスは、20代後半〜30代前半の社会人が多く住んでいます。そのため土日休みの人が多いと、シフト制のフリーターとは休日があわず、なかなか一緒に遊びに行けないことも。

またフリーターの収入は、バイトの日数に影響を受けます。そのためバイトが少なかった月は、家賃の支払いがきつく感じることもあるようです。
 

 

フリーターがシェアハウスを選ぶポイント

 

5

 

メリットやデメリットはどこのシェアハウスも同じですが、シェアハウスによって雰囲気は異なります。自分にあう物件を見つけるためにも、「シェアハウスのタイプを見極める」ことが欠かせません。

というのも、シェアハウスには、以下の2つのタイプがあります。
 

・大規模シェアハウス:10〜100名の大人数が入居でき、イベントも盛んに開催。
・中〜小規模シェアハウス:3〜10名の少人数で、アットホームな雰囲気。

 

人によって、あうシェアハウスのタイプが異なります。社交的でリーダータイプは大規模が、内向的で優しいタイプは小〜中規模があうことが多いです。

物件探しはフリーターなどの肩書きよりも、「シェアハウスの雰囲気や住んでいる人が自分にあうかどうか?」で考えることが欠かせません。このポイントは、フリーターでも会社員でも、自営業の人でも同じです。
 

 

シェアハウスはこんなフリーターにおすすめ

 

6
 

シェアハウス生活はこんなフリーターの方に向いています。
 

・夢のために貯金をしたい
・地方から上京してきて知り合いが少ない
・一人暮らしの経験がない

 

メリットの中で、家賃など生活費が節約できることが魅力的だとお伝えしました。そのため、もしもあなたが夢のために上京して貯金をしているならば、シェアハウス生活では出費をおさえることができます。

またフリーターであっても、シェアハウス生活で感じることやメリットとデメリットは、他の社会人とほとんど変わりません。

「フリーターだから…」とネガティブに考えずに、気になった物件は見学だけでもしてみてくださいね。
 

 

まとめ フリーターがシェアハウスに入ると、節約できて生活しやすくなる

 

 

今回は、「シェアハウスにフリーターは入居できるのか?」という疑問にお答えしました。

おさらいすると、フリーターでも「家賃が月収の3分の1」であれば、審査に落ちることはほとんどありません。

シェアハウス生活はフリーターにとって、以下のメリットがあります。
 

・家賃など生活費を節約できる
・共有スペースが好きな時間に使える
・立地が良い物件が多いため、バイト先から近い

 

そのため、以下のような方におすすめです。
 

・夢のために貯金をしたい
・地方から上京してきて知り合いが少ない
・一人暮らしの経験がない

 

シェアハウスを探すときは、「自分の性格とシェアハウスの規模やタイプがあうかどうか」をチェックしてみてくださいね。

今回の記事を参考に、楽しいシェアハウス生活を送りましょう!
 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ