暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスの火災保険まとめ。必要性と選び方を解説します

0

「シェアハウスに入居するとき、保険って加入した方がいいのかな…」

と悩んでいる方は、多いのではないでしょうか?

シェアハウスへの入居では、ワンルームマンションと同じように火災保険に加入します。保険に入っていれば火災が発生しても、建物や家具に対して保険会社から保証金が支払われます。そのため、自分で賠償金などを負担する必要がありません。

とはいえ、自分で保険を用意するのか、どの保険に入ればいいのか、シェアハウス未経験だとなかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、

 

・シェアハウスでの火災保険の必要性
・シェアハウス向け火災保険の選び方
・おすすめの火災保険

 

を紹介します。

「いきなり保険を決めるのは難しい…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけなら簡単です。

まずは火災保険について、ざっくりと説明します!
 
 

そもそも火災保険とは?シェアハウスでの対象範囲は?

 
1
 

火災保険とは、火災が発生したときにビルなどの「建物」と、その中にある家具などの「動産」を補償する保険のことです。

火災保険は、以下の対象ごとに加入します。
 

・建物のみ
・動産のみ
・建物と動産の両方

 
どちらも加入しておくことで、火事で家がなくなったり、家具に損害を受けたりしたときに、保険金を受け取ることができます。

また火災だけでなく、
 

・落雷による電化製品の故障
・台風による屋根の破損
・洪水による家具の破損

 

など、ほとんどの災害に対して補償可能です。

シェアハウスでもこれらの事故が起きる確率は、賃貸マンションや一軒家とほとんど変わりません。緊急時にすぐ対応するためにも、加入しておくことが必要です。

 

 

火災保険はシェアハウス側がすでに決めている

 
2
 

火災保険への加入が必要となると、「どの保険を選べばいいんだろう…」と悩みますよね。

しかし基本的に、シェアハウスの運営会社やオーナーが保険をすでに選んでいることが多いです。この場合、物件によっては、すでに「建物」と「動産(家具など)」、両方の保険が用意されていることも少なくありません。

そのため契約の際に、指定の火災保険への加入を求められます。指示にしたがって手続きをすすめましょう。
 
 

シェアハウスの火災保険は「動産」のみでもOK

 
3
 

先ほどシェアハウスに入居する際、加入する保険はすでに決まっているとお伝えしました。

しかし保険が決まっていない物件もあり、その場合は入居者自身で保険を選ぶ必要があります。

このとき、建物自体の保険はすでに大家さんやオーナー、管理会社などが決めており、「動産」である家財道具などに対する保険のみを選ぶことが一般的です。

「どの保険がいいんだろう…」と悩みますが、選び方を知っていれば問題ありません。

次で選び方について、詳しく解説しますね。

 
 

シェアハウス向け火災保険の選び方

 
4
 

火災保険は、以下の2種類があります。
 

・【損害保険】
火災や地震など、偶然の災害などによる損害をカバーする保険。
・【少額短期保険】
保険料や保険金額が少額。保証期間も最大2年と、すべてにおいて短期であることが特徴。

 

少額短期保険では補償の対象がせまく、保険料は控除の対象にもなりません。しかし期間が2年間と短いため、シェアハウスのように短期間の入居には好まれることも多いです。

そしてどちらの保険でも、「補償の対象が契約者だけでなく、同居人も対象であるかどうか」は必ずチェックしましょう。

火災で同居人の部屋まで被害が発生した場合、同居人が無保険であれば、トラブルになる可能性も。同居人まで対象であることで、ある程度のトラブルが防止できるのです。

ここまで保険の選び方をお伝えしました。

最後に、おすすめの火災保険を3つ紹介しますね。

 
 

シェアハウス入居者におすすめの火災保険

 
5
 

シェアハウス入居者には、以下の3つがおすすめです。
 

・損保ジャパン日本興亜「the 家財の保険」
・AIU保険「リビングサポート保険」
・ジャパン少額短期保険「新すまいRoom保険A」

 

これらはすべて、同居人が所有する家財まで補償してくれます。

迷ったときは参考にしてみてくださいね。
 
 

【番外編】賃貸マンションは「借家人賠償責任保険」に入る

 
6
 

最後に、賃貸マンションでの火災保険について少し解説します。

保険の内容に関しては、シェアハウスも賃貸マンションもほとんど変わりません。しかし賃貸マンションの場合、保険の呼び名が異なります。

一人暮らしなど賃貸マンションでは、「借家人賠償責任保険」に加入します。これは契約者(自分)だけでなく、大家さんへの保険金も支払ってくれるものです。

例えば自分の部屋が火災になったとき、家財だけでなく建物も被害を受けますよね。この建物は大家さんの所有物のため、火災を起こした本人(自分)に対して、大家さんが賠償金を請求することがあります。このときに、保険会社が大家さんへの損害賠償金などを補償してくれるシステムです。

このようにシェアハウスと賃貸マンションでは一部、保険が異なります。きちんと理解した上で、入居手続きをすすめましょう。
 
 

まとめ シェアハウスでも火災保険に入ることで、トラブルを防止できる

 
 

今回はシェアハウスの火災保険について、解説しました。

シェアハウスにも火災保険は必要です。しかし多くのシェアハウスでは、すでに加入する保険が決められているため、入居者が保険を選ぶ必要はほとんどありません。

もしも自分で火災保険を選ぶ場合、以下の2種類から選びます。
 

・損害保険
・少額短期保険

 

そしてどちらの保険でも、「保険の対象に同居人も対象であるかどうか」はチェックしましょう。同居人も対象範囲の保険を選ぶことで、トラブルや余分な賠償金の支払いを防止できます。

迷ったときは、以下の3つがおすすめです。
 

・損保ジャパン日本興亜「the 家財の保険」
・AIU保険「リビングサポート保険」
・ジャパン少額短期保険「新すまいRoom保険A」

 

これからシェアハウスに入居する人は、参考にしてみてくださいね。

 
 

すべてコンテンツ

お問い合わせ