暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

「シェア別荘」で一軒家を共同賃貸し、憧れの場所に低価格で滞在しよう!!

2019_04_01_0

「シェア別荘を利用してみたいけれど、どんな施設なんだろう……」

 

と考えている方は多いのではないでしょうか。

 

シェア別荘とは、友達同士や仕事仲間など、特定のメンバーで1つの住宅をシェアして使う滞在方法です。毎月の利用日数は限られていますが、別荘購入やタイムシェア(ホテル滞在)よりも低価格で、気になる土地や憧れの場所に滞在できることも少なくありません。

 

とはいえ、シェア別荘がどのような施設なのか、他の滞在方法とどのように違うのかは、なかなかわかりにくいですよね。

 

そこで今回は、

 

・シェア別荘の概要と例

・別荘購入やタイムシェアとの違い

・シェア別荘を利用するメリットとデメリット

・シェア別荘の評判

・シェア別荘をおすすめする人の特徴

・シェア別荘の選び方

 

を順に紹介します。

 

「いきなりシェア別荘を借りるのは難しい」と感じるかもしれませんが、押さえるポイントはそれほど多くはありません。

 

まずはシェア別荘について解説しますね。

 

シェア別荘とは、特定のメンバーでひとつの住宅をシェアして使うこと

 2019_04_01_1

 

シェア別荘とは、友達同士や仕事仲間など特定のメンバーで、ひとつの住宅をシェアして使うことです。

 

住宅は特定のメンバーで購入、もしくは賃貸として借りることが多いです。あらかじめ決められた利用者で物件をシェアするため、第3者が勝手に使用することはほとんどありません。利用者は月額料金を支払うことで、希望日にいつでも利用できる仕組みです。

 

また家族や友達を連れて来ることもでき、その人数は問いません。物件が大きい場合には、2〜3人でも10人以上の大人数でも可能です。

 

シェア別荘の管理は、シェア別荘を提供している管理会社によって行われています。そのため自分たちで、掃除や手入れをする必要はありません。定期的に様子を見にくる必要はなく、使いたいタイミングで自由に予約して訪問できます。

 

ただし毎月20回までなど利用日数に制限があります。利用日数を超えてもまだ使いたい場合には、追加費用を支払うことで使用できます。また、現在世の中にあるサービスは別荘をみんなで購入するモデルばかりなので、そのモデルに基づいた金額は下記のような形になります。

 

ひとつの物件をシェアする人数:28〜30人

価格の目安:毎月5万円〜

契約期間の目安:6〜12ヶ月

利用できる日数:年12〜24日、月1〜2日

 

※料金は設備が豪華になる、期間が長くなるほど高くなり、物件や立地によっても異なります。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘を利用できるエリア

 
2019_04_01_2

 

シェア別荘は、以下のエリアに多いです。

 

・北海道

・長野県(軽井沢)

・滋賀県(琵琶湖)

・京都

・沖縄

 

現在もリゾート地や観光地、別荘のあるエリアとして有名なところが多いですよね。

 

また2019年時点では、以下の企業を通して利用できることが多いです。

 

・フォレストクラブ

・東急バケーションズ

・GFC

 

次で具体的なシェア別荘の例を紹介しますね。

 

シェア別荘の例

 
2019_04_01_3

 

鎌倉にある一戸建てを、仕事仲間の30人で購入しました。利用の際は「年間24日まで」というルールを設けて、特定のメンバーで利用しています。ほとんどのメンバーが月に1〜2日ほど、シェア別荘に遊びに来ています。

 

シェア別荘の利用には、事前予約が欠かせません。しかしシェア別荘を提供する企業のシステムを利用して、カレンダー上で利用日を管理しています。

 

そのため誰が「どの日に使っているのか?」「どの日が空いているのか?」はその場ですぐに知ることができます。予約はWebからできるため、手間もかかりません。

 

長期休暇の期間以外でも、週末を利用して気軽に遊びに来るメンバーも多いです。

 

ここまでシェア別荘について解説しました。

 

とはいえ、今までの別荘やタイムシェア(ホテル滞在)、シェアハウスなどと何が違うのかは、なかなかわかりにくいですよね。

 

そこで次は、別荘やタイムシェアなど、他の過ごし方との違いを解説します。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

持ち家となる「別荘」と「シェア別荘」の違い

 
2019_04_01_4

 

今までの別荘との違いは「自分たちで手入れや管理をする必要がないこと」です。

 

従来の別荘は地方や観光地に一軒家を購入し、夏休みなど長期休暇に利用するものでした。基本的に自分たち以外の人は使用しないため、利用のタイミングを気にする必要はありません。また住宅自体が個人の資産となるため、売却など自由に扱うことができます。

 

ただし別荘は、管理も自分たちで行う必要があります。そのため長期休みに利用するまでに手入れをしたり、管理を専門業者に頼んだりする人も少なくありません。管理にともなって維持費も必要なため、コストがかかります。

 

別荘のメリットとデメリットは以下の通りです。

 

【別荘のメリット】

・住宅自体は資産となる

・自分たちの好きなタイミングで利用できる

・別荘を建てるエリアも自分たちで決めることができる

 

【別荘のデメリット】

・掃除や手入れなど管理が必要になる

・維持費がかかる

・一軒家を購入するための初期費用が高い

 

シェア別荘は管理会社が手入れなどをしてくれるため、利用者に手間やコストが追加でかかることがありません。「管理をする時間がない」「自分たち以外の人に使われても気にならない」という方は、シェア別荘の方がおすすめです。

 
 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

「タイムシェア(ホテル滞在)」と「シェア別荘」の違い

 

2019_04_01_5

 

タイムシェアとの違いは「設備」と「利用日数(期間)」です。

 

タイムシェアとは「リゾート地にある物件を、1週間単位で所有できる権利のこと」。国内から海外まで、リゾート地にある宿泊施設を時間(期間)単位でレンタルし、自由に利用することができます。

 

滞在できる宿泊施設は、

 

・ホテル

・コンドミニアム

・山小屋

・一軒家

・クルーズ船

 

などさまざま。ホテルはJALやディズニー、ヒルトンなど有名施設を利用できることも少なくありません。またプールなどの設備もあわせて利用でき、設備はシェア別荘よりも豪華な設備を使用する機会に恵まれています。

 

タイムシェアは1週間など、時間単位で施設をシェアして使用するものです。そのため部屋自体に複数人の所有者が存在し、交代で使うことになります。

 

一般のお客さまが自分たちの部屋を利用することは、基本的にありません。しかしオーナーである他の人は使用するため、契約している部屋を顔見知りのメンバーだけで所有することは難しいです。

 

タイムシェアのメリットとデメリットは、以下の通りです。

 

【タイムシェアのメリット】

・さまざまな宿泊施設を利用できる

・豪華な施設を利用できる

・自分たちで管理や掃除をする必要はない

 

【タイムシェアのデメリット】

・日数に対して費用が高額になりやすい

・連続した日数でしか利用できない

 

希望の日時で利用したい方や、自宅のようにリラックスしたい方はシェア別荘がおすすめです。

 

民泊とシェア別荘の違い

 
2019_04_01_6

 

民泊とシェア別荘の違いは「宿泊するメンバー」です。

 

民泊とは、運営条件を満たした一般の住宅に旅行者が宿泊することです。収入を得ることができるため、副業として運営している人も少なくありません。

 

民泊は「シェアリングエコノミー」のひとつであり、Airbnbなどのサービスを通して広まりつつあります。サービス名を聞くと、知っている人も多いのではないでしょうか。旅行者はその土地の個人の住宅や、所有する物件の空き部屋で現地の生活を味わうことができるため、人気を集めています。

 

ただし民泊は、当日までどのような人が泊まりに来るのかわかりません。人数も1軒につき1〜3組(1〜10人ほど)とバラバラです。

 

運営者と旅行者が同じ住宅に滞在する場合には、旅行者だけで自由に住宅を利用することは難しく「気を遣う」と感じる人も多いです。

 

民泊のメリットとデメリットは、以下の通りです。

 

【民泊のメリット】

・Airbnbなどサービスから簡単に予約できる

・現地の一般的な住宅で過ごすことができる

・運営者と交流できる

 

【民泊のデメリット】

・運営者の空き部屋を貸し出しているため、住宅すべてを自分たちで使うことは難しい

・立地や部屋などが影響しやすく、値段に幅がある

 

シェア別荘は特定のメンバーがひとつの物件をシェアするとお伝えしました。さらには事前に利用日を予約するため、宿泊日がメンバー同士でかぶることもほとんどありません。知っているメンバーしか利用しない、予約することで他人と利用日がかぶることを避けられる点が民泊と異なります。

 

自分たちだけで利用できる物件を探している、気を遣わずにリラックスして過ごしたい方は、シェア別荘がおすすめです。

 

「シェアハウス」と「シェア別荘」の違い

 

2019_04_01_7

 

シェアハウスとシェア別荘の違いは「滞在日数」と「利用するメンバー」です。

 

シェアハウスとは、複数人でひとつの住宅を利用する暮らし方です。物件はシェアハウスの運営会社が管理しており、基本的には住宅として貸し出されています。そのため入居期間は1〜2年と、長期であることが少なくありません。人数は1軒あたり6〜7人ほどです。

 

シェアハウスのメリットとデメリットは、以下の通りです。

 

【シェアハウスのメリット】

・低価格で家に住むことができる

・家具や家電を用意する必要がない

・初めて出会う人と住むため、交友関係が広がる

 

【シェアハウスのデメリット】

・長期契約が前提となる

・シェアメイトと気があわないこともある

・物件によっては、掃除やゴミ捨てなどを自分たちで行う必要がある

 

シェアハウスは他の住人と初対面であることが多いため、友人が増えることも少なくありません。ただし自分だけで住宅を利用することはできず、常に誰かと共同生活をすることになります。

 

特定の期間だけ利用できる物件や、自分たちだけで利用できる物件を探している方は、シェア別荘がおすすめです。

 

ここまでシェア別荘と他の滞在方法の違いについて、簡単に解説しました。

 

次はシェア別荘のメリットとデメリットを、詳しく紹介しますね。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘の利用する3つのメリット

 

2019_04_01_8

 

ここからはシェア別荘を利用するメリットとして、

 

・低価格で充実した設備や物件を利用できる

・必要なときだけ利用でき、管理の必要もない

・別荘購入や移住のシミュレーションができる

 

の3つを紹介します。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘のメリット1:低価格で充実した設備や物件を利用できる

 

2019_04_01_9

 

シェア別荘を借りる費用は、別荘の購入やタイムシェアよりも安いです。また低価格にもかかわらず豪華な設備の施設を利用できるため、満足度が高いです。

 

滞在方法ごとに、価格を比べてみましょう。

 

シェア別荘:毎月5万円〜、年間60万円〜

別荘の購入:1,500万円〜

1週間分のタイムシェア:360万円〜(初期費用)+年間10万〜(管理費)

 

タイムシェアは初期費用を一度支払うと、ほぼ永久的に宿泊費が必要ありません。そのため安く感じる方も多いかと思います。

 

しかし先ほどもお伝えしたように、タイムシェアは基本的に「年に7日ほど」の滞在に限られることが少なくありません。滞在日数に対する価格を比べてみると、シェア別荘が最も低価格です。

 

またシェア別荘は持ち家ではないため、固定資産税など税金を支払う必要もありません。

 

リーズナブルな価格で、十分な設備が用意された「セカンドハウス(第2の家)」を手に入れることができます。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘のメリット2:必要なときだけ利用できる

 
2019_04_01_10

 

シェア別荘は1年のうち利用したい日数だけ、事前予約をすることで利用できるとお伝えしました。

 

必要なときだけ利用できるぶん、シェア別荘には維持費や管理費が必要ありません。管理会社が掃除や手入れなどを行うため、管理をすべて担当者に任せることができます。

 

自分たちで管理する手間やコストを削減できるため、他の滞在方法よりも自由度が高いです。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘のメリット3:気になる土地への移住のシミュレーションができる

 

2019_04_01_11

 

シェア別荘で気になるエリアに滞在することで、移住のシミュレーションも可能です。

 

先ほどシェア別荘は滞在日数が少ないぶん、自由度が高いとお伝えしました。そのため毎年借りるシェア別荘を変えて、さまざまなエリアを転々とすることもできます。

 

地方への移住を考えていても、知らない土地に引っ越すことは勇気が必要ですよね。シェア別荘を活用することで、さまざまな土地で気軽に移住体験ができます。

 

実際に住んだときのイメージもつかみやすくなり、結果として移住の失敗を防ぐことも可能です。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘の利用する3つのデメリット

 

2019_04_01_12

 

続いてはデメリットとして、

 

・利用日数に制限がある

・年間契約になる

・物件の数が少ない

 

の3つを紹介します。

 

シェア別荘のデメリット1:利用日数に制限がある

 

2019_04_01_13

 

シェア別荘は低価格なぶん、利用日数に制限があります。例えば利用日数が年間12〜24日の場合には、毎月1〜2日ほどしか滞在できません。長期で連続的に滞在することは難しい物件がほとんどです。

 

連続で長期的に滞在したい場合は、追加料金を支払って利用することをおすすめします。料金も優待価格(平均50%オフ)で利用できるため、それほど高額にはなりません。

 

長期で利用したい場合には、利用日数の追加も検討してみてください。

 

シェア別荘のデメリット2:年間契約になる

 

2019_04_01_14

 

シェア別荘は、1〜2年単位で利用するところが多いです。途中で他のエリアを試したくなっても、なかなかその物件の契約を解除することはできません。最低でも1年ほどは、契約し続ける必要があります。

 

ただし先ほどのメリットでもお伝えしたように、シェア別荘はもともとの利用料金が低価格です。そのため同じ年に異なるエリアのシェア別荘を契約し、交互に利用することも可能です。

 

例えば異なるエリアの物件を、同時に借りた場合の費用を確認してみましょう。

 

※シェア別荘Aとシェア別荘Bを賃貸で借り、それぞれ家賃が毎月5万円とします。

 

・毎月10万円〜

・年間120万円〜

 

別荘購入の1,500万円、タイムシェアの360万円と比べても安いですよね。もとが低価格のため、1年の契約期間はそれほど気にならないことが多いです。

 

シェア別荘のデメリット3:物件の数が少ない

 

2019_04_01_15

 

シェア別荘は近年広まった滞在方法です。まだまだ管理会社の数が少なく、物件の数もそれほど多くはありません。シェア別荘を利用したくても、希望のエリアに物件がないことがあります。

 

シェア別荘を効率よく探す場合には、以下のエリアにしぼって検索してみましょう。

 

・北海道

・長野県(軽井沢)

・滋賀県(琵琶湖)

・京都

・沖縄

 

リゾート地には物件が多いため、探しやすいです。また物件は今後増える可能性もあるため、こまめに調べてみてください。

 

ここまでシェア別荘のメリットとデメリットを解説しました。

 

とはいえ、シェア別荘は本当に満足できる滞在方法なのか、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで次は、シェア別荘の評判や口コミを紹介します。

 

利用者の声をチェックして、シェア別荘の使い心地を知りましょう。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘の評判や口コミ:価格の安さや管理を委託できることが好評

 

2019_04_01_16

 

シェア別荘を利用した方からは、以下のような口コミが集まっています。

 

・週末に気分転換がしたくて借りています。友達同士や仕事仲間など顔見知りの人たちと借りることができるため、安心感があります。

 

・定期的に借りるシェア別荘を変えて、さまざまな土地で休暇を楽しんでいます。滞在中は自分や知り合い以外が物件を利用することはないため、自由にリラックスして過ごしています。

 

・価格が高くてあきらめていた別荘の購入を保留として、シェア別荘で移住体験をしています。シェア別荘は費用が安いため、気軽に別荘を購入するシミュレーションができました。結果的に、別荘の購入や移住のハードルも下がりつつあります。

 

利用者の声を見ても、評判はとても良さそうですよね。

 

とはいえ、本当に自分にもシェア別荘があっているのかは、なかなかわかりにくいものです。

 

そこで次は、シェア別荘がどのような方におすすめなのか、特徴をお伝えします。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘をおすすめする人の特徴

 

2019_04_01_17

 

シェア別荘は、以下のような方におすすめです。

 

・毎月どこかに旅行している人

・気分転換に地方に滞在したい人

・将来地方への移住を考えている人

 

旅行が好きな方やフリーランス・自営業で仕事をしている方など、移動が多い、自由にスケジュールを組むことができる方におすすめです。シェア別荘を借りることでホテルなど予約の手間を省くことができ、仕事やプライベートにかける時間が増えることも少なくありません。

 

今までの旅行や生活とは、また違ったライフスタイルを取り入れることができます。

 

次はシェア別荘を借りる前に、考えておきたいことを紹介しますね。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘を借りるときに考えておきたいこと

 

2019_04_01_18

 

ここからはシェア別荘を借りる前に考えておきたいこととして、

 

・借りる場合の予算

・毎月の利用頻度

・利用する人数

 

の3つを紹介します。

 

考えておきたいこと1:シェア別荘を借りる予算

 

2019_04_01_19

 

シェア別荘の金額は、物件や管理会社によって異なります。平均は1人あたり毎月5万円、年間60万円ほどですが、設備が豪華になるとさらに高額になることも少なくありません。

 

別荘購入やタイムシェアと比べると安いものの、いくらかの費用は必要です。

 

またシェア別荘に滞在するときは、交通費や食費、観光費などもかかります。滞在費だけでなく、滞在中にかかる生活費も含んだ予算を一度計算してみてください。

 

考えておきたいこと2:シェア別荘の利用頻度

 

2019_04_01_20

 

シェア別荘の利用日数には制限があるとお伝えしました。自分たちの利用頻度を考えておくことで、シェア別荘探しもスムーズになります。

 

またシェア別荘のサイトに書かれている利用日数は「年間12日」など、1年に利用できる日数であることが少なくありません。これは毎月の日数に換算すると、毎月1日しか利用できないことになります。

 

そのためシェア別荘を探すときは、毎月の利用頻度で考えてみましょう。おすすめは「年間24〜36日」の物件です。毎月2〜3日ほど滞在できることになり、旅行もしやすいです。

 

考えておきたいこと3:シェア別荘を一度に利用する人数

 

2019_04_01_21

 

シェア別荘はひとつの物件を30人前後で借りることが多いとお伝えしました。しかし実際に利用するとき、借りている人たちが一緒に利用することはありません。自分の家族や友達を連れてくることになるため、一度の利用人数は平均3〜5人です。

 

一度に何人くらい利用するかによって、求める物件の広さなどが変わります。一緒に利用したいメンバーや人数を考えておきましょう。

 

ここまでシェア別荘を借りるにあたって、考えておきたいことをお伝えしました。

 

これらを読んで、シェア別荘の利用を考え始めた方も多いのではないでしょうか。

 

とはいえ、シェア別荘をどのようにして選べばいいのかは、なかなかわかりにくいですよね。

 

そこで次は、物件選びのポイントを3つお伝えします。

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

シェア別荘を選ぶ3つのポイント

 

2019_04_01_22

 

シェア別荘を選ぶポイントとして、

 

・立地

・設備

・価格

 

の3つを紹介します。

 

シェア別荘を選ぶポイント1:立地

 

2019_04_01_23

 

旅行や移住を計画している方は「あの場所に行ってみたいな」と考えることが多いのではないでしょうか。

 

希望のエリアがある場合には、シェア別荘選びも立地で考えてみることをおすすめします。シェア別荘は気軽に移住体験ができる方法でもあるため、憧れの場所に何度も訪れるきっかけになります。

 

「〇〇(希望する地名) シェア別荘」などと検索すると、物件を見つけやすいです。

 

シェア別荘を選ぶポイント2:設備

 

2019_04_01_24

 

シェア別荘の設備も、物件によって異なります。

 

物件の外観は例えば、

 

・ログハウス

・古民家

 

などです。また設備に関しても、

 

・ソファやテーブルなどの家具

・バーベキューセット

・デッキスペース

 

など、物件によって変わることが少なくありません。

 

利用人数が入るくらいの広さと設備、部屋数、付属する家具などをサイトで確認してみましょう。

 

シェア別荘を選ぶポイント3:価格

 

2019_04_01_25

 

価格も重要なポイントです。

 

シェア別荘は月5万円ほどから利用できますが、すべての物件で同じ値段なわけではありません。またシェア別荘は低価格とはいえ、個人によって予算は異なるかと思います。

 

どれくらいの利用料で借りたいのか、個人の予算にあわせて選びましょう。

 

今回の記事を参考に、理想のシェア別荘が見つかることを祈っています!

 

 

シェア別荘についてお問い合わせする!!

 

まとめ シェア別荘を賃貸して、憧れの土地での滞在や移住体験を楽しもう

 

 

今回はシェア別荘について解説しました。

 

おさらいすると、シェア別荘とは友達同士や仕事仲間など、特定のメンバーで1つの住宅(別荘)をシェアして使う方法です。ひとつの物件を30人前後で賃貸・共同所有し、希望の日時を予約することで自由に使用することができます。

 

今までの別荘購入やタイムシェアとは、主に「同じ施設を利用するメンバー」や「管理費・維持費の有無」などが異なります。

 

シェア別荘を利用するメリットは、主に以下の3つです。

 

・低価格で充実した設備や物件を利用できる

・必要なときだけ利用でき、管理の必要もない

・別荘購入や移住のシミュレーションができる

 

そしてシェア別荘を利用することで、低価格で憧れの場所に移住体験ができることも少なくありません。

 

実際にシェア別荘の評判や口コミを見ても、低価格であることや気軽に利用できることが好評を得ていました。

 

そのためシェア別荘をおすすめする人は、

 

・毎月どこかに旅行している人

・気分転換に地方に滞在したい人

・将来移住を考えている人

 

などです。

 

シェア別荘の利用を検討しはじめた方は、以下のポイントを参考に物件を探してみてください。

 

・立地

・設備

・価格

 

また今回の記事を読んでシェア別荘に興味を持った方は、

 

・借りる場合の予算はどれくらいか

・毎月に何回、年に何回利用したいのか

・どれくらいの人数の友達と利用したいのか

 

なども一度考えてみてくださいね。お問い合わせも気軽にお待ちしています。

 

ひだまりに『シェア別荘』についてお問い合わせしたい!!

 

ひだまりのシェア別荘の利用をしてみたい!!また、シェア別荘として使って欲しい物件などがある方は下記よりお問い合わせいただければ幸いです。

 

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号(必須)
お問い合わせ内容

すべてコンテンツ

お問い合わせ