暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

賃貸マンションの退去費用はどのくらいかかる?相場や高額なライン、払えないときの対処法

2019_12_12_0

「賃貸マンションの退去にかかる費用相場ってどのくらいなんだろう……」

 

と悩む人は多いのではないでしょうか。

 

賃貸マンションの退去費用の相場は、およそ5万〜8万円です。特に部屋が経年劣化による傷や汚れだけだった場合、支払いを避けられることが多いです。さらに費用は「敷金」からまかなうことが可能です。

 

とはいえ、金額がどのようにして決まるのかは、なかなか分かりにくいですよね。

 

そこで今回は、

 

・賃貸マンションの退去にかかる費用の相場

・退去費用の決め方

・退去費用が高額なときの対処法

・敷金なしの物件に入居したときの対処法

・高額すぎて払えないときの対処法

・高額な退去費用を請求されないための対策

 

を紹介します。

 

今回の記事を参考に、自分の引っ越しにかかる退去費用を計算しておきましょう!

 

賃貸マンションやアパートの退去費用、どのくらいかかった?相場を見ておこう

 
2019_12_12_1
 

一人暮らしをしている賃貸マンションやアパートの退去費用の相場は、平均5万〜8万円です。

 

部屋の大きさごとに見ると、以下の通りです。

 

ワンルーム:3万〜5万円

1K:5万〜7万円

1DK:7万〜8万円

1LDK:8万〜12万円

 

ハウスクリーニング代は平均3万〜5万円なので、基本的には相場の範囲におさまることが少なくありません。広い部屋はその金額に少し追加される形になります。

 

退去費用は基本的に、入居するときに支払った「敷金」からまかなわれます。敷金の範囲におさまった場合、追加でお金を支払う必要はありません。

 

敷金は家賃1〜3ヶ月分、つまり5万〜10万円ほどなので敷金におさまりそうには感じますよね。

 

しかし退去費用は、部屋を出るときの状態によって変化します。次で詳しく解説しますね。

 

賃貸マンションの退去費用は「原状回復の義務」によって変わる

 
2019_12_12_2
 

退去費用は、私たちが退去したあとの「クリーニング代」「修繕費用」として使われます。賃貸マンションによっては「原状回復の費用」といわれることもあります。

 

原状回復は「部屋を借りたときの状態に戻す」と考えられることが多いですが、実際は「日常生活で止むを得ず発生する範囲外の傷や汚れを修復する義務」です。

 

つまり、日常生活で発生する自然な傷や汚れは修復する必要がありません。経年劣化によるものと考えられ、大家さんや不動産会社で修理するのです。

 

経年劣化の傷や汚れは例えば、

 

・日光で変色したフローリングの張り替え

・家電を設置した壁の黒い汚れ

・壁にあいた画鋲の小さい穴

・家具によるフローリングのへこみ、傷

 

などです。

 

反対に、故意についた傷や汚れは私たちが負担しなければいけません。

 

例えば、

 

・タバコのヤニ汚れ

・物を落としてできたフローリングの傷

・飲食物をこぼしてできたフローリングの汚れ

・ドアや障子、網戸の破損

・ネジの使用などによる大きすぎる壁の穴

・壁の落書き

 

などです。

 

修繕費用は明らかに経年劣化でないもの、故意につけられた傷や汚れに支払うと考えましょう。

 

請求された賃貸マンションの退去費用が高額に!その理由は?

 
2019_12_12_3
 

賃貸マンションの退去費用が、何十万円もの高額になるトラブルが発生しています。ただし高額になるのは以下の理由があります。

 

・故意につけた傷や汚れが多かった

・新生活がスタートするなど繁忙期で業者のクリーニング代が高騰している

・入居するときに敷金を支払っていなかった、もしくは安かった

 

3月や9月など卒業や就職、転職の多い時期はクリーニング業者も繁忙期になるので、そのぶんクリーニング代は高くなる傾向があります。

 

次は敷金なしの物件について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

「敷金なし」の賃貸マンションは退去費用をどうする?払わないって大丈夫なの?

 
2019_12_12_4
 

まず状況にもよりますが、退去費用の支払いを拒否することはできません。特に「敷金なし」の物件は、修繕費用を自分で用意する必要があります。

 

さらに「敷金なし」の賃貸マンションに住んでいた場合、そもそも保証金となる敷金がありません。そのため退去費用は必ず発生するうえに、クリーニング代に加えて消毒代を加算するなど、相場よりも高い費用が発生することがあります。

 

退去費用として10万円以上の金額を請求されることが、「敷金なし」の物件ではあり得るのです。

 

敷金なしの物件に入居したら、最低でも20万円ほどの貯金は用意しておきましょう。

 

とはいえ、退去費用が高額すぎて「払えない……」と悩む方もいるかと思います。次で高額すぎるときの対処法を紹介しますね。

 

退去費用が高額すぎて払えないときの対処法:国土交通省のガイドラインを確認

 
2019_12_12_5
 

退去費用が高額すぎるときは、国土交通省のガイドライン「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考に、その金額が妥当なのか考えてみましょう。

 

ガイドラインは国が決めた判断基準なので、大家さんや不動産会社も応じてくれることが多いです。高額すぎておかしいと思ったときは、ガイドラインを提出してみてください。

 

また払えないときは期日を伸ばしてもらえないか、大家さんや不動産会社に交渉してみるのもおすすめです。

 

→国土交通省のガイドラインはこちら!

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/honbun2.pdf

 

賃貸マンションの高額な退去費用を請求されないために

 
2019_12_12_6
 

高額な退去費用の請求を避けるには、以下のことを試してみてください。

 

・「敷金なし」の物件は避ける

・入居するときに契約書の「原状回復特約」などを確認しておく

・同じ賃貸マンションになるべく長く住む

・引っ越しまでに自分で掃除しておく

・高額すぎるときは見積書を発行してもらう

 

退去費用を決めるとき、国土交通省のガイドラインよりも契約書の「原状回復特約」が優先されます。入居後は撤回できないので、ハンコを押す前にしっかりと確認しておきましょう。

 

そして最もおすすめの方法は「なるべく同じ賃貸マンションに住み続けること」。実は長く住んでいるほど傷や汚れは「経年劣化によるもの」と考えられるので、私たちの負担が少なくなるのです。

 

また部屋を自分で掃除しておくのもおすすめです。詳しくは以下の記事をご一読ください。

 

「賃貸マンションの退去や引っ越し!掃除はどの程度する?敷金は返ってくる?」

 

まとめ 賃貸マンションの退去費用は敷金からまかなおう!

 

 

今回は、賃貸マンションやアパートの退去にかかる費用について解説しました。

 

おさらいすると、基本的に退去費用は敷金から支払うことが可能です。そして退去費用はクリーニング代や修繕費用に使われるので、故意につけた傷や汚れでなければ支払う必要はありません。

 

退去費用の相場はおよそ5万〜8万円。これより高額な場合は、過剰請求である可能性が高いです。

 

高額な費用を請求されないためには、以下のことを心がけてみてください。

 

・「敷金なし」の物件は避ける

・入居するときに契約書の「原状回復特約」などを確認しておく

・同じ賃貸マンションになるべく長く住む

・引っ越しまでに自分で掃除しておく

・高額すぎるときは見積書を発行してもらう

 

上記のことに注意するだけでも、高額な退去費用を避けられる可能性があります。

 

また退去費用は立会いによっても変わってくることがあります。詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

 

→ 「賃貸マンションの退去の立会いはいつ?何をする?トラブル対策とチェックリストもあわせて紹介」

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ