暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

全国にあるシェアハウスの数は約3,000件!市場規模と業界動向を解説

2019_09_07_0

「シェアハウスって全国にどれくらいの数があるんだろう……」

 

と考えている人は多いのではないでしょうか。

 

全国にあるシェアハウスの数は、2018年時点で3,000件を超えています。2014年には300件ほどしかなかったので、急速に増えているといえますよね。

 

そしてシェアハウスの増え方には、いくつか特徴があります。その特徴を理解しておくことで、自分の希望にあったシェアハウスが見つけやすくなります。

 

そこで今回は、

 

・全国にあるシェアハウスの数

・東京都内でシェアハウスが多い場所

・シェアハウスの平均家賃

・入居者の性別や年齢

・これからの動向

 

を解説します。

 

まずは全国にどれくらいのシェアハウスがあるのか、数から見ていきましょう!

 

今回の記事は、国土交通省と三井住友トラスト基礎研究所のデータを参考にしています。

「シェアハウスに関する市場動向調査結果について」

https://www.mlit.go.jp/common/001151588.pdf

 

「シェアハウスの市場機のと立地特性〜東京都区部ではターミナル駅まで15分前後の駅周辺に多い傾向」

https://www.smtri.jp/report_column/report/pdf/20180219_report.pdf

 

全国にあるシェアハウスの数は3,000件を超える

 
2019_09_07_1
 

全国にあるシェアハウスの数は、2018年時点で3,000件を超えるといわれています。

 

というのも三井住友のデータによると、シェアハウスの数は東京都内だけで2,873件にものぼることが明らかになりました。そしてすべての部屋数をあわせると、2万9,877部屋とかなり多いことも発覚しています。

 

そして東京以外にも数百件を超えるシェアハウスがあることから、全国にある物件の数は3,000件を超えているといわれています。

 

周りには、まだまだシェアハウスに住んでいる人が少ないかもしれません。しかし上記のデータのように、入居者は着実に増えているのです。

 

次は、ここ数年で増えたシェアハウスの数を詳しく紹介しますね。

 

シェアハウスはこの5年で10倍に増えている

 
2019_09_07_2
 

ここでは、国土交通省のデータを参考にします。

 

実は2014年から2018年までの5年間で、全国にあるシェアハウスの数は10倍に増えています。

 

実際に2015年に調査されたデータで、シェアハウスの数は以下のように発表されています。

 

・全国にある物件の数:334件(東京都内に227件)

・物件にある部屋の数:1軒あたり5〜10部屋、合計で1,600〜3,340部屋

 

先ほどの2014年のデータと比べてみましょう。

 

【2014年のデータ】

・全国にある物件の数:334件(東京都内に227件)

・物件にある部屋の数:1軒あたり5〜10部屋、合計で1,600〜3,340部屋

 

【2018年のデータ】

・全国にある物件の数:3,000件(東京都内に2,873件)

・物件にある部屋の数:1軒あたり8〜10部屋、合計で2万9,877部

 

上記を見ると、全国にあるシェアハウスの数は10倍に増えていますよね。5年間で約2,700件の増加ということは、1年あたり550軒ほど増えていることになります。

 

凄まじいスピードで増えているシェアハウスですが、場所は東京都内に集中しているようです。

 

そこで次は、東京都内でもシェアハウスの多い場所をいくつか紹介しますね。

 

シェアハウスが多い場所は足立区【東京都内】

 
2019_09_07_3
 

三井住友の調査によると、東京都内で最もシェアハウスが多い場所は以下のようになりました。

 

1.竹ノ塚駅(東武伊勢崎線):525部屋

2.雑色駅(京浜急行本線):351部屋

3.富士見台駅(西武池袋線):347部屋

4.沼袋駅(西武新宿線):333部屋

5.荻窪駅(JR中央線など):320部屋

 

区で見ると以下の通りです。

 

1.足立区

2.世田谷区

3.練馬区

4.板橋区

5.杉並区

 

このエリアで、シェアハウスの数はどこも2,000部屋以上を記録しています。

 

上位の駅やエリアにシェアハウスが集中している理由は「どの駅もターミナル駅に15分前後でアクセスできるから」。東京では物件を選ぶとき、通勤や遊びに行くときの利便性を考える人が多いのかもしれませんね。

 

次はシェアハウスの詳細を見ていきましょう。

 

シェアハウス1軒あたりの家賃:平均6万〜7万円【東京都内】

 
2019_09_07_4
 

データでは、1軒あたりの平均家賃も算出されていました。

 

東京都内にあるシェアハウスの家賃をエリア別に見ると、以下の通りです。

 

・足立区、練馬区、板橋区、葛飾区、北区:5万〜6万円

・世田谷区、杉並区、大田区、中野区、豊島区、新宿区、台東区:6万〜7万円

 

ただし以下のように、場所によってはさらに高額になることも少なくありません。

 

・港区(麻布十番駅)、渋谷区(原宿駅):11万円

・渋谷区(恵比寿駅):9万円

・台東区(浅草橋駅):8万円

 

平均すると、東京にあるシェアハウスの家賃相場はおよそ6万〜7万円となります。

 

次はシェアハウスにどのような人が住んでいるのか、詳しく見ていきましょう。

 

シェアハウスの入居者の性別や年齢層:20代の女性が中心

 
2019_09_07_5
 

ここからは、国土交通省の「シェアハウスガイドブック」を参照しています。

https://www.mlit.go.jp/common/001207549.pdf

 

シェアハウスに住んでいる人の性別と年齢の割合は、以下の通りです。

 

【性別】

・男性が多いシェアハウス:12%

・女性が多いシェアハウス:68%

・男女均等:20%

 

女性の入居者が多いようですね。

 

【年齢層】

・20〜30歳:56%

・30〜40歳:33%

・40〜60歳:5%

 

年齢を見ると、基本的に20代が中心のようです。

 

というのもシェアハウスの入居には、年齢制限があります。ほとんどのシェアハウスで「35歳まで」と決めており、40歳以上が入居できるシェアハウスはそれほど多くありません。

 

また結婚など30代あたりでライフスタイルが変わることからも、20代の入居が中心となっています。

 

シェアハウスの年齢制限について、詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

 

「年齢制限でシェアハウスに入居できない?40代以上におすすめの物件とは?」

 

ここまで、シェアハウスの現状や市場規模をお伝えしました。

 

次はこれからシェアハウスがどうなるのか、詳しく解説しますね。

 

今後のシェアハウス:全国的に数が増加、都心の郊外にも拡大

 
2019_09_07_6
 

これからシェアハウスは、さらに数が増えるといわれています。

 

その増え方は、例えば以下の通りです。

 

・東京都内:都心から離れた物件が増える

・全国:大阪や福岡など首都圏だけでなく、その他の地方エリアにも増加

 

基本的には、中心エリア以外の場所にシェアハウスが増えると予想されます。首都圏や中心エリアにはすでに数多くの物件があり、入居者も増えているからです。

 

対して郊外や地方エリアには、まだまだシェアハウスの数が多くありません。しかし「生活費をおさえたい」「シェアハウスで友達を増やしたい」と考える人は多く、その需要は地方にも広がっています。

 

東京の郊外や地方に住んでいる人もあきらめず、シェアハウスができるまでしばらく待ってみることをおすすめします。

 

まとめ 全国にあるシェアハウスの数はこれからも増える

 

 

今回は、全国にあるシェアハウスの数や部屋数などを解説しました。

 

おさらいすると、この5年間でシェアハウスの数は以下のように変化しています。

 

【2014年のデータ】

・全国にある物件の数:334件(東京都内に227件)

・物件にある部屋の数:1軒あたり5〜10部屋、合計で1,600〜3,340部屋

 

【2018年のデータ】

・全国にある物件の数:3,000件(東京都内に2,873件)

・物件にある部屋の数:1軒あたり8〜10部屋、合計で2万9,877部屋

 

現在は首都圏を中心に増えていますが、今後は東京都内の郊外や地方にも増えることが予想されます。

 

上記のデータからも、地方エリアに住みながら共同生活を楽しめる日も近いはず。それまでにどのようなシェアハウスに住みたいか、一度考えてみてくださいね。

 

また住みたいシェアハウスをイメージするとき、コンセプトシェアハウスは興味をしぼりやすくておすすめです。

 

コンセプトシェアハウスについて、詳しくは以下の記事をご一読ください。

 

「コンセプトシェアハウスが今、面白い!特徴やメリットを解説」

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ