暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスに即日入居できる?必要書類や物件探しのコツも紹介します

0

「シェアハウスを見学してすぐに入居したいけれど、できるのかな…?」

と悩んでいる方。

シェアハウスへの即日入居は可能です。海外から帰ってきたばかりの人など、家をすぐに見つけたい人にはとても便利ですよね。空室状況などさえチェックしておけば、スムーズに家が見つかります。

とはいえ、どうやって物件を見つけるのか、なかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、

 

・シェアハウスに即日入居するメリットとデメリット
・即日入居に必要な書類
・即日入居のためにチェックしておきたいポイント
・即日入居できる物件の探し方

 

を紹介します。「即日入居は難しそう」と感じるかもしれませんが、必要なものを知るだけならハードルは高くありません。

まずは即日入居について、簡単に説明しますね。

 
 

即日入居できるシェアハウスはある

 
1
 
即日入居できるシェアハウスはあります。しかし物件の数自体は、あまり多くありません。また未成年の場合、保証人や保護者の承諾が必要に。そのため即日入居は、20歳以上の社会人が対象です。

即日入居はすぐに家が見つかって便利ですが、メリットとデメリットがそれぞれあります。次で1つずつ説明しますね。
 
 

シェアハウスに即日入居するメリットとデメリット

 
2
 
シェアハウスに即日入居するメリットは、以下の通りです。

 

【メリット】
・留学など海外から帰ってきたばかりでも家が見つかる
・審査を待つ時間が必要ない

 
家がない状態でも、すぐに住まいが見つかるのは助かりますよね。

一方で、デメリットは以下の通りです。
 

【デメリット】
・入居後に「イメージと違う」と感じる可能性がある
・書類や印鑑の用意が必要

 
見学せずに入居を決めてしまうと、イメージと違うと感じる可能性が高いです。そのため見学は欠かせませんが、その際に書類の提出も必要です。

用意するものは次で説明しますね。
 
 

シェアハウスに即日入居するときに必要なもの一覧

 
3
 

即日入居のためには、以下が必要です。
 

・本人確認ができる書類(免許証やパスポートなど)
・住民票
・印鑑
・初期費用(1〜3カ月分の家賃+水道・光熱費など)

 
シェアハウスによって異なりますが、「身分証明書」や「印鑑」などは、手続きに必ず必要です。

またシェアハウスへの入居は、初期費用が必要です。10〜15万円ほど必要なため、すぐに振り込めるように準備しておきましょう。

そして、そもそもの物件探しに失敗しないためには、いくつかチェックしておくべきポイントがあります。次でその3つを紹介します。
 
 

即日入居の前にチェックしておきたい3つのこと

 
4
 
即日入居を決断する前に、以下の3つはチェックしておきましょう。
 

・自分の家探しの条件
・シェアハウスの空室状況
・家具のそろい具合

 
自分の家探しの条件とは例えば、
 

・駅から歩いて5分以内
・部屋にクローゼットがある

 
などです。

また空室でなければ、すぐに入居はできません。そしてベッドやテーブルなどの家具もそろっていなければ、生活は難しいですよね。見学のときに、どれくらいの設備がそろっているのか、チェックしましょう。

とはいえ、空室状況のチェック方法や探し方など、なかなかわからないですよね。

そこで次は、即日入居できる物件の探し方をお伝えします。
 
 

即日入居できる物件の探し方

 
5
 
即日入居できる物件は、以下の方法で探すことができます。
 

・シェアハウスの物件サイトで「即日入居」の条件でチェック
・シェアハウスの管理会社に直接問い合わせてみる

 
シェアハウスの物件サイトでは、常に空室状況が更新されています。また管理会社に問い合わせることで、直接教えてもらえます。
 
 

シェアハウスの空室状況が確認できるサイト

 
6
 
空室状況は、以下のサイトで確認できます。
 

・share share(https://share-share.jp/)
・ひつじ不動産(https://www.hituji.jp/)

 
また希望のシェアハウスが決まっている場合、シェアハウスのサイトをチェックするのが一番早いです。気になるシェアハウスがあれば、まずは空室状況をチェックしてみてくださいね。
 
 

まとめ シェアハウスへの即日入居は、書類を準備してから見学しよう

 
 
今回は、シェアハウスへの即日入居について解説しました。

シェアハウスへの即日入居は可能ですが、対応している物件数は多くありません。また以下の書類を用意しておく必要があります。
 

・本人確認ができる書類(免許証やパスポートなど)
・住民票
・印鑑
・初期費用(1〜3カ月分の家賃+水道・光熱費など)

 
また見学前には、以下のことをチェックして失敗を防ぎましょう。
 

・自分の家探しの条件
・シェアハウスの空室状況
・家具のそろい具合

 
そして空室状況など物件探しは、

 

・シェアハウスの物件サイトにて「即日入居」の条件でチェック
・シェアハウスの管理会社に直接問い合わせてみる

 
などの方法で見つけることができます。

気になるシェアハウスがある場合は、管理会社に一度問い合わせてみましょう。
 
 

すべてコンテンツ

お問い合わせ