暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

【賃貸マンションのお金事情】貯金なしでも一人暮らしを始めることはできる?

2019_09_05_0

「賃貸マンションの入居って貯金が必要なのかな。一人暮らしが始まってから、もう一度貯金できるのだろうか……」

 

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

賃貸マンションの入居は、貯金なしでは厳しいものがあります。場合によっては、貯金の有無や金額が入居できる可能性を高めてくれるからです。また初期費用として50万円を超える資金が必要となるので、貯金0円で一人暮らしを始めることはできません。

 

ただし賃貸マンションで生活しながら、貯金することも可能です。目安ですが、15万円を超える貯金はできるといわれているので、初期費用などは回収できる可能性があります。

 

とはいえ、具体的に必要な貯金額や、本当に貯金できるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

 

そこで今回は、

 

・賃貸マンションの入居には貯金が必要なのか

・どれくらいの貯金が必要なのか

・貯金なしでも審査に通るのか

・賃貸暮らしで貯金できる金額の目安

 

を解説します。

 

また最後に、ルームシェアやシェアハウスなど他の暮らし方との貯金額も比較しています。気になる人は、あわせてチェックしてみてください。

 

賃貸マンションでの一人暮らし、貯金なしでも始めることはできる?

 
2019_09_05_1
 

賃貸マンションでの一人暮らしは、貯金なしではなかなか難しいものがあります。

 

その理由は、主に以下の3つです。

 

・入居審査に影響を与えることがあるから

・初期費用を支払う必要があるから

・数ヶ月分の家賃を支払える保証があると安心だから

 

賃貸マンションには入居審査がありますが、そのとき最も重視されるのが「家賃の支払い能力」です。そのため、入居審査では「職業」や「月収や年収」を問われることが少なくありません。

 

家賃の支払い能力のひとつとして、「貯金」がチェックされることも。会社が倒産したり退職したりすることになると、家賃など生活費は貯金から支払うことになるからです。

 

貯金が多いと入居審査がスムーズに進むこともあり、結果として入居できる可能性も高まります。

 

また賃貸マンションの入居には、初期費用の支払いが必要です。そして先ほどお伝えしたように会社が倒産する可能性などもあるので、急な出費にそなえて貯金は多めに用意しておきたいものです。

 

この初期費用と急な出費については、次で詳しくお伝えしますね。

 

賃貸マンションの一人暮らしに必要な貯金はいくら?

 
2019_09_05_2
 

賃貸マンションの入居で貯金が必要なのは「初期費用と数ヶ月分の生活費を支払う必要があるから」だとお伝えしました。

 

初期費用と数ヶ月分の生活費の目安は、以下の通りです。

 

【初期費用】

・敷金、礼金:15万〜20万円

・数ヶ月分の家賃(1〜3ヶ月分):7万〜21万円

・仲介手数料:4万〜7万円

・火災保険料:1万〜2万円

・家具や家電の購入費用:3万〜15万円

・引っ越し代:1万〜5万円

 

合計:31万〜70万円

 

【数ヶ月分の生活費】

・家賃:15万〜20万円

・水道光熱費:1万〜3万円

 

合計:16万〜23万円

 

ふたつを合わせると、およそ47万〜93万円となります。

 

これだけの費用を支払えないと、入居はなかなかできません。あらかじめ貯金しておくと、気になった物件が見つかったときにスムーズに一人暮らしを始められます。

 

目安として一人暮らしを考えるときは、約100万円の貯金を用意しておきましょう。

 

初期費用の内訳について、詳しくは以下の記事で解説しています。気になる人は、あわせてチェックしてみてください。

 

「賃貸マンションやアパートの初期費用はいくら?抑える方法も解説」

 

ここまで賃貸マンションの審査に必要な貯金額をお伝えしました。

 

しかし貯金はなくても、一括で初期費用を支払えるという方もいらっしゃるかもしれません。その場合でも審査は通るのか、次で詳しく解説しますね。

 

賃貸マンションの審査は貯金なしでも通る?

 
2019_09_05_3
 

賃貸マンションの入居審査は、貯金なしでも通ることがあります。

 

当てはまるのは、例えば以下のケースです。

 

・安定した高収入がある

・連帯保証人に収入のある両親や親族を設定している

・契約者そのものを両親や親族にする

 

家賃はそもそも、収入があれば支払えますよね。そのため貯金はなくても、会社員で安定した収入がある人は、審査に通ることも少なくありません。

 

また連帯保証人に収入のある人を設定することも可能です。借主が家賃を支払えないとき、「連帯保証人が代わりに家賃を支払う」という決まりになるためです。

 

貯金は絶対に必要なものではなく、あくまで審査をスムーズにする補助的な存在だと考えましょう。

 

対して、貯金がないと審査に通らないケースもあります。次でその例をお伝えしますね。

 

賃貸マンションの審査に通らないケース:無職で連帯保証人も貯金もなし

 
2019_09_05_4
 

賃貸マンションの審査に通らないケースは「無職で貯金なし、かつ連帯保証人も用意できない場合」です。

 

無職では安定した収入がないため、家賃を支払える保証がありません。無職の場合は貯金や連帯保証人が担保となるので、貯金が0円では審査に通るのが難しくなるのです。

 

上記のケースに当てはまる場合は、以下のことを試してみるのがおすすめです。

 

・失業保険を申請する

・住んでいる自治体の家賃補助制度を活用する

・住居確保給付金を申請する

 

無職といっても転職活動中ならば、失業保険を利用できることが少なくありません。当てはまる人は、自治体の窓口に問い合わせてみてください。

 

ここまで賃貸マンションの入居前と貯金の関係をお伝えしました。

 

日々の貯金は、賃貸マンションに入居してからも増える可能性があります。その金額を次で解説しますね。

 

賃貸暮らしで可能な貯金は15万円を超える【1年の場合】

 
2019_09_05_5
 

賃貸マンションでの一人暮らしは、貯金しやすいといえます。

 

・給料(手取り額):22万円

・固定費(家賃+共益費+光熱費):6万〜9万円

・生活費:7万2,000〜11万7,000円

 

これらの出費を差し引くと、貯金できるお金はおよそ1万3,000〜6万8,000円。この貯金を1年間ほど続けることで、年間を通して15万6,000〜81万6,000円ほど貯めることが可能です。

 

個人の給料や出費によって差はありますが、工夫することで15万円を超える貯金は実現するでしょう。

 

ただしこの貯金額は、暮らし方によって変わります。次で詳しくお伝えしますね。

 

【東京】賃貸マンション、ルームシェア、シェアハウスの貯金額を比較

 

2019_09_05_6
 

賃貸マンション、ルームシェア、シェアハウスで生活した場合の貯金額を見ていきましょう。

 

あくまで目安ですが、金額は以下の通りです。

 

・賃貸マンション:15万6,000〜81万6,000円

・ルームシェア:70万〜85万円

・シェアハウス:100万〜120万円

 

「東京は家賃が高いから貯金できない」と考える人も多いですが、そんなことはありません。生活する場所や方法を工夫することで、80万円ほどの貯金は可能です。

 

ルームシェアとシェアハウス、それぞれの貯金について、詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

 

「【ルームシェアの始め方】共同生活に必要な貯金はいくら?一人暮らしより貯金できる?」

 

「【シェアハウスのお金事情】貯金なしでも入居できる?お金は貯まるの?」

 

まとめ 賃貸マンションは貯金が必要!節約してお金を貯めよう

 

 

今回は、賃貸マンションの一人暮らしに必要な貯金額や貯まるお金の目安をお伝えしました。

 

おさらいすると、賃貸マンションの入居に貯金が必要な理由は以下の通りです。

 

・入居審査に影響を与えることがあるから

・初期費用を支払う必要があるから

・数ヶ月分の家賃を支払える保証がある方が安心だから

 

目安として、入居前に100万円の貯金は用意しておきたいものです。

 

ただし一人暮らしを初めてから再び貯金することも可能で、その金額は年間およそ15万6,000〜81万6,000円にものぼります。

 

また賃貸マンションだけでなく、ルームシェアやシェアハウスに住んでも貯金は可能です。気になる人は、他の暮らし方も検討してみてくださいね。

 

ちなみに賃貸マンションとシェアハウス生活のメリットは、以下の記事で解説しています。

 

気になる人は、あわせてチェックしてみてください。

 

「シェアハウスと一人暮らしの比較。メリットとデメリット、向いている人の特徴まで解説します」

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ