暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスにも初期費用が必要!相場はいくら必要?

0

引っ越しをするとなると、「初期費用の高さ」が気になったりしませんか?賃貸マンションと同様に、「シェアハウスも同じくらい初期費用がかかるの?」と、気になる方はたくさんいると思います。

 

今回は、賃貸マンションと比べてみた、シェアハウスの初期費用についてご紹介します。

 

 

引っ越しにかかる初期費用とは?

 

1

 

初期費用とは、新しい家に入居するときに必要な費用です。

初期費用には、おもに以下のような費用が含まれています。

 

・敷金
・礼金
・保証会社
・火災保険
・仲介手数料
・初月家賃
・共益費

 

マンションに初期費用が必要ということは、みなさんご存知かと思います。しかし、シェアハウスの初期費用については、まだまだ知らない人が多く、「シェアハウスの初期費用の相場っていくら?」という質問がよくあります。また、「シェアハウスの初期費用は無料ってきいたことがある」という方もいるのではないかと思います。
居住スタイルによってちがいますが、シェアハウスでもマンションでも、初期費用が必要なところがほとんどです。

 

シェアハウスとマンションでは、それぞれどのくらいの初期費用がかかるのでしょうか?
それぞれの初期費用について紹介していきたいと思います。

 

 

マンションでの初期費用の相場は約40万円

 

2

 

賃貸マンションの初期費用の相場は、東京に住むと考えると、約40万円前後は必要です。

 

・初月家賃
・敷金
・礼金
・仲介手数料
・共益費

 

上記の費用が初期費用に含まれます。賃貸マンションは初期費用の中でも、敷金・礼金の金額が大きくなります。敷金・礼金は、家賃の1〜2ヶ月分は必要です。そのため、家賃の高い物件ほど、初期費用も高くなります。

また、賃貸マンションの場合、家具・家電もすべて自分でそろえることになります。そこまで考えるとだいたい50万円くらいを目処に考えていた方がいいかと思います。
賃貸マンションへの入居は気軽にできるものではないですね。

 

 

シェアハウスの初期費用の相場は約10万円

 

3

 

シェアハウスの初期費用の相場は、約10万円です。内訳は以下のようになっています。

 

・初月家賃
・水道光熱費
・仲介手数料
・デポジット

 

初月の家賃が約5万円前後、水道光熱費が1万円前後、仲介手数料が2万円前後、デポジットが3万円前後、必要です。

シェアハウスには、敷金・礼金の代わりに、デポジットがあります。デポジットは、保証金という意味です。万が一、壁にキズが入ったり、なにかトラブルがあった場合はデポジットから修繕費などが支払われます。もしも、なにもキズやトラブルがなければ、退去時にデポジットを返却してくれるシェアハウスが多いです。

シェアハウスには敷金・礼金がないために、一般的な賃貸マンションよりは、かなり安く入居できます。
賃貸マンションと比べるとコストがとても下がるのがわかるかと思います。

 

 

シェアハウスひだまりの場合は?

 

4

 

もしも、僕たちのシェアハウス、「シェアハウスひだまり」に入居する場合、初期費用は以下のようになります。

 

・初月家賃
・水道光熱費
・事務手数料

 

僕たちとしては、できるだけ気軽に入っていただけるように初期費用の無駄を落とすようにしております。
家賃が約5万円前後、プラスで水道光熱費と事務手数料1.5万円(=仲介手数料)が必要です。物件によっては、さらに保険料が必要ですが、どこも合計で8万円前後にはおさまります。一般的なシェアハウスよりは、初期費用が安いです。

「引っ越しをしたいけれど、初期費用に出せるお金がない……」という方は、シェアハウスであれば、10万円以内で入居することができます!

 

 

シェアハウスとマンションのちがいは敷金・礼金

 

5

 

いくら「シェアハウスは初期費用が安い」といっても、「なにか訳ありなのかな?」と、不安もありますよね。

シェアハウスの初期費用相場が安い理由は、「敷金・礼金が必要ないから」です。

敷金・礼金とは、デポジットと同じ、保証金として大家さんに払う費用のことです。家賃の滞納や、修理が必要になったときには、敷金・礼金から支払われます。

シェアハウスではデポジットとして支払いは必要ですが、最大で3万円ほどです。初期費用の中でも敷金・礼金の占める金額はかなり大きいため、この費用が安いだけで金額が大きく変わります。

初期費用をおさえたい人にとって、シェアハウスはかなりおすすめです。

 

 

シェアハウスであれば、家電は用意しなくても大丈夫

 

6

 

シェアハウスは初期費用以外でも、引っ越し費用を安くおさえることができます。

例えば、シェアハウスであれば、家電は用意する必要がありません。シェアハウスには、冷蔵庫や電子レンジといった家電が、はじめから備え付けられています。共用ではありますが、掃除もしっかりとされており、問題なく使うことができます。

また、シェアハウスに入居する際に必要なものとしては、「服、洗面具、お布団」あたりになります。賃貸マンションですと10万円くらい家具・家電にみとく必要があるかと思います。それもなくなってしまうので、とてもコストが下がるのがわかるかと思います。

他にもシェアハウスであれば、日用品にかかる費用もおさえることができますよ。多くの魅力があると思います。

 

 

まとめ シェアハウスの初期費用はマンションの4分の1!

 

引っ越しのときにネックになりやすいものが、初期費用です。賃貸マンションであれば、約40万円とかなりの料金がかかってしまいます。

しかし、シェアハウスであれば、約10万円ですみます。賃貸マンションの10分の1と、初期費用にあまりお金をかけたくない人にはおすすめです。

それだけでなく、家電や、家によっては家具付きのところもありますので、必要最低限の持ち物だけで引っ越しを済ませることができます。

初期費用の安さだけでなく、引っ越しのしやすさでも、シェアハウスはおすすめです。気になった方は、見学だけでもしてみてくださいね。

 

 

すべてコンテンツ