暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

ひだまりの3つの独自制度

ひだまりの3つの独自制度

 
01
 
シェアハウスは「共同生活」です。

 

一人暮らしの寂しさや、刺激のない退屈な日々からの解放が魅力とされています。ですが、もちろん常に他人に気を遣う窮屈さは必ずついてきます。年齢も今までの生活習慣も全く違った仲間たちです。一人一人が寛容な心を持ち、今までにない他人の考え方・価値観を理解しようとする前向きな気持ちが必要です。

 

シェアハウスひだまりでは、住人のみなさんとシェアハウス生活を快適に、楽しく過ごせるように様々な制度を一緒に作り上げています。

 

・ゆんたくカンパ金制度
・ゴミ出し担当制度
・ひだまりフェロー制度

 

ぜひ、シェアハウスひだまりに入居した際には、こちらの制度に手をあげていただければ嬉しいです。

 

ゆんたくカンパ金制度とは?

 
S__118554626
 

Hidamariでは⽉⼀回の『ゆんたく』を推奨しており、ゆんたくの開催が活発化されるためにゆんたくカンパ金という制度を定めました。ゆんたくカンパ金とは、毎月行われるゆんたく(or 歓迎会)の費用を支援する制度になります。

 

『ゆんたく』とは?
https://sharehouse-hidamari.com/?page_id=3494

 

ゴミ出し担当制度とは?

 
08
 

シェアハウスは共同生活です。ひだまりではみんなが暮らしやすい場つくりとしてゴミ出し担当という役割を各ハウスに1名お願いしています。こちらはひだまりからいくらかサポート費用をお渡しするので、住まわれているハウスの共用のゴミ出しや管理をお願いしています。

 

ひだまりフェロー制度とは?

 
syugou

 

フェロー制度は、弊社が運営するシェアハウスの住人が、弊社の業務をスキマ時間で手伝うことで家賃を減額する、住人向けパートナー制度です。
例えば、内見案内・退去立会い・ハウス巡回業務・業者立会いなどを手伝うとそれぞれ1回3,000円分、内覧案内をして実際に入居が決まるとさらに加えて1人10,000円分を家賃から減額します。

 

・なぜフェロー制度を始めようと思ったのか?

 

一番は”今”しかない限られたシェアハウスでの時間”を有意義に使って欲しいという想いから、このフェロー制度が始まりました。シェアハウスに入居する人達は何かの分岐点であることがほとんどです。

 

地方から都心へ移って来たばかりのかた
これから何か新しいことを始めたいかた
仕事の移り変わりや
自立するための第一歩を踏み出すために住んでいるかたなど。

 

そういった括りのない人達との接点や会話があれば、何かか新しい視点を得ることが出来るのではないかと考えました。
また、私たちも全く知らない誰かに仕事をお願いするよりもひだまりで一緒に住んでいるかたにお願いする方が安心感があります。

 

このフェロー制度を通して新しい発見があれば幸いです。

 

フェローでお願いしたい具体的な内容は

・内見案内
・業者対応
・退去立会い
・定期巡回
・イベント時の撮影
・翻訳(現在、募集しておりません。)
・物件撮影(現在、募集しておりません。)

等々、他にもあなたの特技を活かせることがあればどうぞお気軽に教えてください。

 

詳しいお問い合わせはこちら

すべてコンテンツ

お問い合わせ