暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

激安シェアハウスの落とし穴3つ!安すぎる家賃は詐欺の可能性も……?

0

シェアハウスの魅力のひとつとして、家賃の安さがあげられます。平均は3〜5万円ですが、時々「家賃1万円!」といった、激安のシェアハウスも……。ちょっと気になるものの、「どうしてそんなに安いの?」という疑問も感じますよね。

実は、激安シェアハウスには、以下の落とし穴があります。

 

・脱法ハウス
・せますぎる部屋
・立地や設備に問題あり

 

今回は、激安シェアハウスの落とし穴3つと、詐欺の可能性についてもお話します。これを読めば、違法性のない、快適なシェアハウスの見分け方を知ることができます。

 

 

激安シェアハウスの落とし穴

 

1

 

物件を眺めていると見かける、驚くほど安いシェアハウス。もちろん、建物が古いといった理由で安い物件もありますが、多くが以下のようなシェアハウスの可能性があります。

 

・脱法ハウス
・せますぎる部屋
・立地や設備に問題あり

 

脱法ハウスは法律に違反しているため、入居を勧めることはできません。また、せまい個室や不十分な設備で、快適な生活が送れないといったこともあります。

次のトピックから、それぞれどうして上記のようなシェアハウスがおすすめできないのか、理由をご説明します。

 

 

脱法ハウスと呼ばれる違法シェアハウス

 

2

 

「脱法ハウス」という言葉を聞いたことはありますか?きちんと法律に沿って運営されていないシェアハウスのことを指し、入居自体も法律に違反してしまう可能性があります。

脱法ハウスは、主に賃貸マンションの物件に多く見られます。通常は数人で住むために作られているマンションを、無理やり自作の仕切りで改造。部屋数を増やし、より多くの人数が住めるようにしています。

マンションの勝手な改造は、法律では認められていません。また、契約時に申請した人数以上の人が勝手に住むことも契約違反です。通常の家賃を、より多くの人数で分けることで安くはなりますが、運営方法に問題があります。トラブルに巻き込まれないためにも、マンションを無理に仕切っているシェアハウスへの入居は控えましょう。

 

 

ベッド1台分のせまい個室

 

3

 

激安シェアハウスといえば、ドミトリーのような相部屋のイメージがありませんか?実際には、激安でも個室を利用できるシェアハウスはあります。しかし、個室といってもベッド1台分しかない、カプセルホテルのような物件が多いです。

激安のシェアハウスは、入居人数が多い物件であることが特徴でもあります。より多くの人数が入居できますが、人数が多いと広い個室を作ることはできません。結果的に、ベッド1台分や2〜3畳しかない部屋ばかりという問題が発生してします。

まるでカプセルホテルのような個室。たまに宿泊するなら良いですが、毎日となると窮屈さに耐えられません。

 

 

不便な立地や不十分な設備

 

4

 

シェアハウスでもマンションでも、駅に近い立地やきれいな設備だと、家賃も高くなります。そのため、わざと不便な立地や不十分な設備にすることで、家賃を低価格に抑える物件も見られます。

立地が悪いと、土地の値段も低価格になります。しかし、移動に時間がかかる、コンビニがないなど、生活に不便を感じる可能性が高いです。また、あえて家電などの設備を不十分にすることで、家賃を下げるシェアハウスも……。

安く住めるものの、洗濯機がない、キッチンで自炊ができないなど、「家具家電を用意しなくて良い」という、シェアハウスの魅力を感じられません。家事にも、時間がかかるでしょう。人によって気にならない場合もありますが、余計な時間を浪費することになります。

 

 

シェアハウス詐欺の可能性もあり

 

5

 

激安シェアハウスには、違法性やせまい部屋、不十分な設備の可能性がありました。しかし、それ以前に詐欺の可能性もあることを知っておいてください。

安い家賃を提示すると、多くの問い合わせが入ります。人を集めることで、入居の可能性も高まりますよね。しかし、初期費用を前払いさせたところで連絡が取れなくなるといった、詐欺が起きることもあるようです。

 

 

家賃が高くても設備の充実したシェアハウスへ入居しよう

 

6

 

激安シェアハウスに潜む詐欺の可能性。具体的には、以下のような管理会社や物件には注意してください。

 

・物件の見学を断る
・管理会社のホームページがない
・初期費用の支払いを急かす

 

部屋や設備に問題があるため、見学をさせてくれません。また、管理会社の窓口であるホームページがないことも特徴です。

家賃が安いことは魅力的ですが、トラブルに巻き込まれる可能性があります。少し高くてもきちんとお金を出して、違法性のない快適な物件に住みましょう。

 

 

まとめ 激安シェアハウスへの入居は、一旦立ち止まって考えてみよう

 

 

家賃が安いという魅力に惹かれる人も多い、シェアハウス。しかし、あまりにも安すぎる〝激安物件〟には要注意です。激安シェアハウスには、以下の3つの落とし穴があります。

 

・脱法ハウス
・せますぎる個室
・立地や設備に問題あり

 

それだけでなく、安い家賃で人を集める詐欺の可能性もあります。詐欺の場合、見学をさせてくれない、ホームページを持っていない、初期費用の入金を急かすといった特徴があります。

安いことも大きな魅力ですが、トラブルに巻き込まれては意味がありません。少し高いお金を出してでも、きちんと運営されているシェアハウスに住みましょう。安全で快適な生活を送るほうが、激安な家賃よりも大切なのではないでしょうか。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ