暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

年齢制限でシェアハウスに入居できない?40代以上におすすめの物件とは?

0

シェアハウスを探していると、年齢制限がある物件を見かけませんか?マンションは年齢関係なく入居できるのに、「シェアハウスは若い人限定なの?」と、不安に感じますよね。

シェアハウスには「20〜35歳まで」という年齢制限があり、これはトラブル防止を目的としています。しかし、中には40歳以上の人が住むシェアハウスもあり、楽しく生活している姿を見かけます。彼らはコンセプトシェアハウスなど、共通の価値観を持つ人が集まる物件に住んでいるようです。

今回は、シェアハウスの年齢制限についての解説と、住人の年齢層、年代ごとに向いているシェアハウスも解説します。これを読めば、自分に向いているシェアハウスが分かりますよ。

 

 

シェアハウスには「20〜35歳」という年齢制限がある

 

1

 

シェアハウスには年齢制限があります。だいたい「20〜35歳まで」と決めているところが多いです。

シェアハウスにもよりますが、年齢制限についてはホームページに記載しています。また、「学生は対象外」など、社会人かという属性によって判断することも。基本的に入居できる人は、「20〜35歳までの社会人」と考えておきましょう。

 

 

シェアハウスが年齢制限を作る理由

 

2

 

シェアハウスは「入居が簡単」とよく聞きますよね。しかし、35歳を過ぎれば入居の審査すらできません。いったい、どうして年齢制限を作っているのでしょうか?

理由は、主に以下の2つです。

 

・シェアハウスの特色に合わせるため
・価値観のちがいによるトラブルを防ぐため

 

シェアハウスでは、「パーティーの多いシェアハウス」など、コンセプトを決めていることもあります。年齢が高くなると、パーティーを好まず住人との交流が減少。居心地が悪くなってしまうこともあるようです。

また、幅広い年齢の人が集まると、どうしても世代ごとの価値観のちがいがハッキリします。ルールや共有スペースの使い方について意見が合わず、トラブルになることも。

「同年代だけの方が管理しやすい」「なじんでもらいやすい」ということから、年齢制限を作っているようです。

 

 

実際に住んでいる人の年齢層と割合

 

3

 

では、実際にシェアハウスに住んでいる人は、どのような年齢層が多いのでしょうか?

国土交通省の調査では、以下の結果になりました。

 

第1位 25〜30歳(24.0%)
第2位 30〜35歳(21.1%)
第3位 35〜40歳(16.0%)

 

住人は、半分以上が25〜35歳の社会人。数は減るものの、40〜45歳は12.4%、45〜50歳は5.5%と、40代・50代の住人もいます。

【出典】国土交通省「貸しルームにおける入居実態等に関する調査 結果概要」(2013年)
(URL)http://www.mlit.go.jp/common/001046739.pdf

 

 

40歳以上は年齢制限なしのシェアハウスに住んでいる

 

4

 

先ほどの調査で出てきた35歳以上の人は、年齢制限なしのシェアハウスを探して住んでいます。

特に、コンセプトシェアハウスでは年齢制限を決めていません。コンセプトシェアハウスは、音楽やアートなど共通の趣味・仕事を持つ人の集まるシェアハウスのこと。同じ趣味や仕事があれば、「世代がちがっても話はしやすい」と考え、40歳以上も積極的に受け入れているようです。

実際に、60代の女性が英語をテーマにしたシェアハウスに入居した例も。「英語」という共通の目標があったおかげで仲よく暮らしているようです。

 

 

年齢層別のおすすめシェアハウス

 

5

 

40歳以上の人でも、住人と共通のテーマがあれば楽しく生活できます。しかし、世代ごとに向いている物件・向いていない物件はあります。

向いていない物件入居してしまっては、せっかくのシェアハウス生活を楽しめません。自分の年齢に合わせて、以下のようなシェアハウスを探してみましょう。

 

【20〜35歳】大人数、イベントが多い、ドミトリーも可
【30〜45歳】個室、少人数、ソーシャルアパートメント
【45〜60歳以上】コンセプトシェアハウス、高級シェアハウス

 

若いうちは、にぎやかなシェアハウスが楽しいかもしれません。しかし、30代になると「一人の時間も必要」と感じる人は多く、個室がシェアハウス探しの条件になることも。また、お金に余裕もある40代以上になると、ソーシャルアパートメントや高級シェアハウスもおすすめです。

 

 

シェアハウスに向いている人の特徴

 

6

 

そもそも年齢ではなく、シェアハウスに向いていないというケースもあります。

向いている人は、以下のような人です。

 

・自分とちがう価値観を理解できる
・自分のことは自分でできる
・他人とのコミュニケーションが苦ではない
・うるさくしないなど気遣いができる
・多少は散らかっていても気にならない

 

反対に、神経質であったりすると、シェアハウスでの生活は向いていないかもしれません。シェアハウスへの引っ越しを考える前に、自分は向いているかな?と考えてみましょう。

 

 

まとめ 年齢にあったシェアハウスを選んで楽しくすごそう

 

シェアハウスには、20〜35歳までの年齢制限があります。実際に多い年齢層も25〜30歳。年齢が近いと価値観も近く、意見の食いちがいによるトラブルを防止できるのです。

しかし、40歳以上でもシェアハウスに住んでいます。コンセプトシェアハウスのような共通のテーマがある物件を選ぶことで、他の世代との交流を増やしているようです。

年齢層によって、向いているシェアハウスは変わります。また、そもそもシェアハウスに向いていない可能性もあります。自分はシェアハウスに向いているのか、まずはそこから考えて、年齢に合ったシェアハウスを探してみましょう。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ