暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

女性がシェアハウスに住むメリットとデメリット!初めての入居でも安心!

0

シェアハウスといえば、男女混合で住むイメージがありますよね。楽しそうに見えますが、初めてシェアハウス住む女性にとっては不安も多いのではないでしょうか?

しかし、実はシェアハウスに住むことは女性にとってメリットがたくさんあります。防犯面で安心、個室を選べばプライバシーもあるなど、女性がシェアハウスに住むメリットと、デメリットも一緒にご紹介します。

 

 

女性がシェアハウスに住むメリット2つ

 

1

 

女性がシェアハウスに住むとき、「大丈夫かな?」と不安を感じる方も多いかと思います。しかし、実はシェアハウスに住むことは、女性にとって下記のようなメリットがあります。

 

・防犯面で安心
・個室に住めばプライバシーも確保できる

 

ワンルームマンションに比べると、リビングやお風呂が共有のため、プライバシーが少ないと感じるかもしれません。しかし、個室を選べばプライバシーは守られます。また、男性が一緒に住むシェアハウスであれば、防犯面で安心感があります。次のトピックで、それぞれのメリットについて詳しくご説明します。

 

 

防犯面で安心

 

2

 

女性がシェアハウスに住むと、〝防犯面で安心感を感じられる〟ことがメリットです。ワンルームマンションでの一人暮らしだと、いくらオートロックがあるとはいえ、自宅には1人です。実際に、ストーカーや空き巣被害など、どうしても女性の一人暮らしでは狙われやすくなってしまいます。

しかし、シェアハウスであれば家には誰かがいます。全員が出かけていても、人の住んでいる気配があるだけで、被害に遭う確率はグッと下がると言われています。特に、男女混合のシェアハウスであれば、家に帰れば男性がおり、緊急時には頼りになります。一人暮らしよりも、「誰かと一緒に住んでいる」というだけで、より安全性が高まります。

 

 

個室であればプライバシーも守られる

 

3

 

女性がシェアハウスに住むときに不安なことが、「プライバシーは守られるの?」ということです。シェアハウスはリビングだけでなく、 お風呂やトイレも共有です。初めてシェアハウスに住むときは特に、「プライバシーがないのでは?」と、不安に感じる方も多いですよね。

シェアハウスでのプライバシーが不安な方は、個室を選べば安心です。シェアハウスによってはドミトリー(相部屋)を設けているところも多いですが、基本的には個室です。そのため、着替えやメイクなど、個室で行えばプライバシーは守られます。

また、お風呂やトイレに関しても、シェアハウスによっては女性専用として、1部屋設けている場合もあります。不安な方は、見学時に確認してみましょう。

 

 

女性がシェアハウスに住むデメリット2つ

 
4

 

シェアハウスは、女性にとってメリットの多い生活方法です。しかし、女性がシェアハウスに住むことには、以下のようなデメリットを感じることも、あるようです。

 

・自宅で服装に気を遣う
・男女比率が均等とは限らない

 

男女混合のシェアハウスであれば、どうしても服装に気を遣います。キャミソールだけで家の中を歩く、好きな格好をしているというわけにはいきません。また、男女混合のシェアハウスであっても、男女の数が絶対に半分ずつになるというわけでもありません。

それぞれのデメリットについて、次のトピックでくわしくご紹介します。

 

 

自宅で服装に気を遣う

 

5

 

男女混合のシェアハウスであれば、どうしても自宅での服装に気を遣う必要があります。お風呂上がりにキャミソール1枚で共有スペースに行くといったことは、控える必要があります。一人暮らしであれば服装に気を遣う必要はありませんが、シェアハウスは他人との共同生活です。最低限のマナーを守る必要があります。

人によっては、「最初はすっぴんで共有スペースに行くかどうか、迷った」という方もいらっしゃるようです。しかし、メイクなどに関しては抵抗があるのは初めだけで、「徐々に慣れる」という声もあります。

 

 

男女比率が均等とは限らない

 

6

 

男女混合のシェアハウスでは、男女の人数がそれぞれ均等とは限りません。時期や物件によっては、男性の方が多い、女性の方が多いということもあります。

男女混合のシェアハウスでは、男女の人数が明確に決められているわけではありません。入居希望があった順番に住み始めるため、割合はバラバラです。時期や物件によっては、5人の入居者のうち、男性が4人で女性は1人だけ、といった割合になる可能性も考えられます。「他にも女性が絶対にいる」というわけではないため、気になる方は事前に確認しておきましょう。

ただし、シェアハウスは入居者の入れ替わりがあります。そのため、男性ばかりの物件でも、退去や入居で男女の割合がすぐに変わることもあります。

 

 

女性専用シェアハウスもおすすめ!

 

7

 

男女混合のシェアハウスは、女性にとってはメリットもデメリットもあります。基本的にはトラブルなどは少ないですが、不安な方は女性限定のシェアハウスへの入居もおすすめです。

女性限定のシェアハウスであれば、女性のみで生活します。物件数は少なくなりますが、自宅で服装に気を遣う必要や、男女比率が偏る心配もありません。特に、初めてシェアハウスを利用するという方には、安心感があっておすすめです。

 

 

まとめ シェアハウスへの入居は女性にメリットがたくさん!

 

 

シェアハウスは、女性にメリットがたくさんあります。他人との共同生活ということで、防犯面で安心感がある、個室に住めばプライバシーもあるといったメリットがあります。しかし、男女混合シェアハウスであれば、自宅で服装に気を遣う、男女比率が均等とは限らないというように、デメリットを感じる場合もあります。

デメリット部分に不安を感じる方は、女性専用シェアハウスもおすすめです。ひだまりでは、熊本と鎌倉エリアに女性専用の物件を設けています。気になる方は、ぜひ検討してみてくださいね。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ