暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

外国人OKのシェアハウスは留学前の人におすすめ!英語も上達する!

0

留学する人のオススメのシェアハウスを紹介。留学する予定がある人は、「日本にいるときから英語でコミュニケーションできたらいいのになあ」なんて、考えたことはありませんか?外国人も住むシェアハウスであれば、日本にいるのに英語で交流ができるんです!

今回は、留学を考えている人に外国人OKのシェアハウスをおすすめする理由と、外国人OKなシェアハウスはどんな様子なのか?をお伝えします。

 

 

外国人も住むシェアハウスで英語の勉強に!留学前におすすめ

 

1

 

外国人も住むシェアハウスには、向き・不向きもあります。向いているのは、これから留学やワーキングホリデーの予定がある人!

いきなり海外で、知らない人や文化の中で生活するのは不安がありませんか?また、英語など、ことばも不安ですよね。出発前に、外国人も住むシェアハウスで生活していると、すこし慣れた状態で海外へ行くことができます。

ここからは、実際に外国人も住むシェアハウスがどんな感じなのか?など、説明していきます。

 

 

外国人OKのシェアハウスは英語と日本語が半分ずつ話される

 

2

 

外国人も住むシェアハウスは年々増えています。「興味あるなあ」「外国人と交流したい!」という人も多いですよね。

しかし、外国人OKのシェアハウスに住むときに気になることといえば、英語の問題。日本に住んでいる外国人とはいえ、英語で会話するのか、日本語で会話するのか、気になりますよね。

実際は、英語と日本語が半分ずつくらいです。外国人とはいえ日本に住んでいるので、日本語を勉強している人ばかりです。そのため、外国人が住むシェアハウスであっても、英語と日本語が半分ずつくらいで会話されます。

留学前の人であれば、英語を教えてもらうかわりに日本語を教えてあげる、などして交流すると、喜ばれます!

 

 

シェアハウスに住むのは英語圏の外国人だけではない

 

3

 

先ほど説明したように、シェアハウスに住んでいる外国人とのコミュニケーションは、英語と日本語が半分ずつくらいです。日本語を勉強している人が多いからだけでなく、英語圏以外の出身の外国人が多いことも理由です。

例えば、日本に来ている外国人は中国や韓国などのアジア圏、フランスやドイツなどのヨーロッパ圏など、英語以外のことばを母国語とする人が多いです。

「じゃあ英語が話せないのかな……」と思うかもしれませんが、そんなことはありません!どこの国でも最低限の英語を話せる外国人は多く、ある程度の会話はできます。しかも、日本にきているので、最低限の日本語も話せる人が多いです。

英語が苦手な人でも、日本語が通じるので安心。気軽に英語と日本語を混ぜながら、コミュニケーションができますよ。

 

 

シェアハウスに住む外国人は留学生が多い

 

4

 

シェアハウスに住む外国人について、「どんな人が多いの?」「なんで日本に来てるの?」というのも、住む前は気になりますよね。日本のシェアハウスに住んでいる外国人は留学(約28万人)、もしくはワーキングホリデー(約1万人)目的の人が多いです。
※この人数は、法務省が発表している在留外国人数のデータを参考にしています。

国際結婚で住んでいる人も多いですが(約14万人)、結婚した人はマンションを借りたり、自分たちで家を用意します。対して、留学やワーキングホリデーで来る人は短期滞在がほとんどです。長くても1〜2年で自分の国へ帰る人が多いです。数年で帰国するので、マンションのような長期契約の物件は住みにくい……そのため、留学生などの外国人はシェアハウスを選ぶ人が多いようです。

また、海外留学から帰ってきた日本人も多いです!留学の先輩に不安なことなど聞けるチャンスもありますよ。

 

 

シェアハウスは海外の文化!外国人の方が慣れている

 

5

 

留学やワーキングホリデーで日本に来た外国人が、シェアハウスに住む理由はもうひとつあります。シェアハウスはもともと海外の文化。そのため、外国人の学生さんは、一人暮らしよりもシェアハウスの方が慣れています。

そして、慣れない国での一人暮らしはなかなかつらい……みなさんも、はじめて実家をでたときは分からないことがたくさんありませんでしたか?外国人たちも日本で、しかも英語や外国語がなかなか通じない国での新生活に不安を抱えています。そんなときに、日本人も外国人も住むシェアハウスに住んだ方が安心だと考えるようです。

日本の文化にはなじみがないかもしれませんが、シェアハウスの共同生活には慣れています。緊張しなくても、リラックスして生活できますよ。

 

 

外国人も住むシェアハウスは文化のちがいがデメリット

 

6

 

外国人も住むシェアハウスには、デメリットもあります。例えば文化のちがいがあること。ことばも英語だけでなく、フランス語やスペイン語など……。はじめて外国人の住むシェアハウスに住むと、たくさんの文化やことばのちがいに最初は驚くでしょう。慣れるまでは、すこし時間がかかるかもしれませんね。

けれど、留学にいくと文化のちがいは当たり前。反対に、日本にしかない文化や習慣もたくさんあるので、外国人から驚かれることがあります。留学中にストレスをためないためにも、日本で外国人OKのシェアハウスに住んで、慣れておきましょう!

 

 

まとめ 留学前に外国人OKのシェアハウスで英語を話そう!

 

外国人も住むシェアハウスは、これから留学やワーキングホリデーへ行く人におすすめです。

英語ができる人が多いという理由だけでなく、みんな日本にきているため、日本語も話せます。気軽に英語と日本語でコミュニケーションを取れます。

また、シェアハウスで外国人と住むことで、留学前のシュミレーションにもなります。海外へ出る前に、日本でプチ国際交流を楽しみましょう!

 

 

すべてコンテンツ