暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウス入居に必要なもの・いらないものって何?

0

シェアハウスへ入居と考えると、「身軽に引越しができる」というイメージがありませんか?実際に、家具や家電は用意されているので、必要なものはほとんどありません。

その中でも、個室で使うものは自分で用意する必要があります。シェアハウス入居で最低限用意するべきものは何なのか?また、不必要なものは何なのか?くわしく解説します。

 

 

シェアハウス入居に必要なもの

 

1

 

シェアハウスは「荷物がなくても大丈夫」と言われるくらい、備え付けの家具や備品がたくさんあります。

その中でも、シェアハウスへの引っ越しで必要なものは以下になります。

・衣服
・タオル
・歯ブラシ
・お風呂セット
・ハンガー
・ドライヤー

旅行に行くときに持って行くもので考えれば分かりやすいです。身の回りの生活用品や、個人でしか使えないものは持参する必要があります。

 

 

シェアハウス入居にいらないもの

 

2

 

シェアハウスによって、いらないものはちがいます。

まず、ほとんどのシェアハウスで備え付けられているものは、以下になります。

・冷蔵庫
・洗濯機
・掃除機
・調理器具
・ダイニングテーブル
・テレビ(共有スペース用)

大型の家具や家電がほとんどになりますね。大きい荷物が必要ないので、引っ越しのときにあまりお金がかかりません。

また、シェアハウスによっては、以下のものを用意してくれているところもあります。

・ベッド
・部屋用のテーブルとイス
・布団
・物干し台
・食器
・調味料

ベッドや布団といった部屋で使うものや、食器や調味料なども備え付けられていることがあります。ここまで用意してくれているシェアハウスであれば、かなり身軽に引っ越しできますね。

しかし、備え付けの家具が多い場合は、家賃や共益費がすこし高くなっていることがあります。入居前に、事前に「何が必要で、何がいらないか?」ということは確認しておきましょう。

 

 

あると役立つ便利グッズ

 

3

 

シェアハウスの家具や便利グッズは、あくまで共有スペースで使うために置かれているものです。そのため、個室では「あれを持っておけばよかった……」と、後悔することもあります。

そんな状況を防止するために、以下のようなものがあると安心です。

・掃除機以外の掃除用具
・洗濯カゴ
・スリッパ
・衣服ケース
・折りたたみ式クローゼット

個室で使う、掃除道具や衣服の収納が中心になります。掃除をしたいときに、小さいほうきや粘着シートのついたコロコロがあれば、いつでも個室の掃除ができます。

また、衣服ケースや折りたたみ式クローゼットも便利です。個室でも、クローゼットのない部屋は多いです。そんなときのために、衣服ケースや折りたたみ式クローゼットがあれば、衣服の収納に困りません。ニトリなどで、安く購入できます。

 

 

契約に必要なもの

 

4

 

シェアハウスは、引っ越しだけでなく、契約に必要な書類も、賃貸マンションとまたちがうのでしょうか?例えば、以下のようなものが必要になります。

・契約書
・身分証明書(運転免許書や保険証)
・火災保険などへの加入書類

上記のような書類が必要になります。基本的には、不動産や管理会社から渡された書類に署名や捺印をしていくイメージです。シェアハウスだからといって書類が複雑になったりはせず、賃貸マンションとほとんど変わりません。

 

 

入居に必要なお金

 

5

 

シェアハウスに入居するとき、賃貸マンションとは支払うお金の種類もちがいます。

賃貸マンションでは、敷金・礼金を初期費用として支払いますが、シェアハウスにはありません。シェアハウスには、代わりにデポジットというものが存在します。デポジットは、なにか修理が必要になったときなどに支払われる保証金です。

敷金・礼金がない分、賃貸マンションは引っ越しだけで40万円以上はかかります。しかし、シェアハウスであれば10万円前後で入居できます。

中でも、ひだまりではデポジットを頂戴しておらず、かわりに事務手数料として15000円をいただいています。初期費用がすこしお得ですね!

シェアハウス入居で必要な詳細記事は下記になります。

 

シェアハウスにも初期費用が必要!相場はいくら必要?

 

 

シェアハウスは必要なものもお金も少ない

 

6

 

シェアハウスは、賃貸マンションよりも必要なものやお金が少ないです。

賃貸マンションに入居した場合、家具や家電、調理器具など、すべて自分で用意します。また、ガスや水道を自分で通すため、手間もかかります。「引っ越したけれど、家具がそろってないし、ガスも使えない」と、なかなか住める状態にもっていくまでが大変です。

しかし、シェアハウスであれば心配はいりません。必要な家具や家電はシェアハウスにはじめからありますし、お金も10万円あれば問題ありません。

賃貸マンションとちがう、以下の点だけ入居前に確認しておきましょう。

・最低限の必要な荷物
・必要な書類
・初期費用の金額と内訳

以上のことが、特に賃貸マンションとちがう点です。事前に、大家さんや管理会社の方に確認をすれば、教えていただけます。

 

 

まとめ シェアハウスは身軽に入居できる!

 

シェアハウスへの入居は「荷物が少なくても入居できる」と言われていますが、本当です。

もともと共有スペース用の家具や家電が用意されています。そのため、自分で大きい荷物を用意する必要がなく、身軽に引越しができます。初期費用もかなり安くおさえられますよ。

気になった方はぜひ見学してみてくださいね。

 

 

すべてコンテンツ