暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスは短期でも住めるって本当?短期滞在者必見!!

0

仕事で、どうしても短期間でしかその場所に住めない……そんなときに、シェアハウスが滞在先としてあげられます。しかし、シェアハウスは短期でも入居できるのでしょうか?シェアハウス以外に、短期滞在の方法はあるのでしょうか?

 

シェアハウスで短期滞在できるところはあるのか、シェアハウス以外に短期滞在にはどんな方法があるのかなど、詳しく解説します。

 

 

シェアハウスに短期で入居できるの?

 

1

 

短期滞在できるかどうか、それはシェアハウスによってちがいます。

 

・短期滞在OKなところ
・短期滞在NGなところ
・期間によるところ

 

だいたいのシェアハウスがこの3つに分かれます。

短期滞在については、OKなところや期間によってちがうところなど、シェアハウスによってまったくちがいます。入居前に、「短期できるのか?」「どのくらいの期間ならできるのか?」ということは、確認しておきましょう。

 

 

短期滞在ってどのくらいの期間?

 

2

 

短期滞在といっても、人によって住みたい期間がちがいますよね。一般的には、1週間〜数ヶ月を短期滞在と呼んでいます。

さらには、短期滞在の中でも、1ヶ月ほどの旅行で来ている人、短期の仕事で来ている人……みんなバラバラです。シェアハウスは、家具や家電がすでに用意されているので、引越しの手間がかかりません。また、人との交流も、一人暮らしよりはたくさんあるため、短期であってもシェアハウスに住みたい!という人が多いようです。

 

 

短期滞在ができる3つの方法

 

3

 

一般的には、シェアハウスであっても、賃貸のマンショやアパートであっても、長期滞在者を受け入れているところの方が多いです。しかし、就職活動や、仕事で短期の赴任があったときは、どうしても短期滞在できるところを探さなければいけません。そんなときは、以下の3つの方法がおすすめです。

 

① ゲストハウス
② ウィークリーマンション
③ マンスリーマンション

 

ゲストハウスはホテルに、ウィークリー・マンスリーは、住宅に分類されます。

 

 

ゲストハウス~安く短期滞在を希望の方

 

4

 

ゲストハウスは、基本的には短期の旅行者に向けて、営業されています。そのため、宿泊者は1〜7日ほどの滞在が多いです。

ドミトリー(相部屋)が基本であるかわりに、宿泊料金がかなり安いです。東京や大阪の首都圏で、1泊2,000〜3,500円といった料金がほとんど!ビジネスホテルより安いです。

ゲストハウスは、学生さんや滞在費を節約したい人におすすめ。1週間程度であれば、そんなにお金はかかりません。シェアハウスと同じように値段は安く、シャワーやキッチンは共用です。旅慣れている人が多いので、出会いもたくさんありますよ!

 

 

ウィークリーマンション~週単位で滞在を希望の方

 

5

 

ウィークリーマンションは、週単位で住めるマンションです。短期の出張が多いビジネスマンの利用が多いです。平均的に、1週間以上・1ヶ月未満であれば、ウィークリーマンションがおすすめです。

週単位での契約の人ばかりなので、不動産会社の方も慣れています。「短期滞在で考えています」と言って、断られることはあまりないでしょう。家具付きのところも多いので、最低限の荷物さえ持てば、すぐに引越しできます!

 

 

マンスリーマンション~数ヶ月の滞在を希望の方

 

6

 

マンスリーマンションは、月単位で住めるマンションです。1〜3ヶ月ほどの短期滞在の人が、よく利用しています。

マンスリーマンションも、家具付きのところが多いです。すぐに生活がはじめられるだけでなく、自分の家具も混ぜて使うと、居心地がよくなっておすすめです。

月単位での住まいを探している人や、半年後に転勤があると決まっているなど、期間ごとに仕事先が変わる人などにおすすめです。

 

 

短期滞在は料金が高くつくかも

 

7

 

方法を探せば、シェアハウス以外にも短期滞在できる住宅はたくさんあります。

ただし、ゲウトハウス・ウィークリー・マンスリーは、料金がすこし高いです。というのも、やっぱり通常の入居よりは、住む期間が短くなります。そのため、例えば1週間で5万円。1ヶ月で15万円ほどするようです。
(参考URL)https://www.702622.com/price/example.html

節約したい人にとっては、痛い出費。料金を優先したい人は、短期滞在できるシェアハウスが、いちばんお得に、楽しく住めるでしょう。

 

 

まとめ 短期滞在は、大都市のシェアハウスがお得!

 

就職活動や、仕事など、どうしても短期でしか住めないときってありますよね。短期滞在の住居として、シェアハウスがよくおすすめされますが、シェアハウスによって短期滞在できる・できないが変わってきます。

シェアハウス以外であれば、ゲストハウス・ウィークリー・マンスリーマンションが方法としてありますが、どれも料金がすこし高くなってしまいます。東京や大阪など、大都市であれば、シェアハウスでも短期滞在OKなところがあります。ぜひ探してみてください。

 

 

すべてコンテンツ