暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスの共有キッチン、使用時間がかぶる?かぶらない?

0

シェアハウスでは、キッチンやお風呂、トイレといった場所が共有で使用するようになっています。住人同士で使用するため、使い方や使用頻度も一人暮らしや実家で生活しているときとは、まったく異なります。中でも、「キッチンのような長時間使用する場所は、使用時間がかぶるんじゃないかな?」という疑問を持つ方は多いのではないでしょうか?

今回は、シェアハウスのキッチンの使用時間がかぶるのか?トラブルは起きないのか?といった疑問について、解説していきます。

 

 

シェアハウスのキッチン使用時間はかぶらない!

 

1

 

シェアハウスはキッチンやお風呂、トイレを住人同士で共有して使用します。

実際に生活してみると、キッチンの使用時間がかぶることは少ないように感じます。人数が5人以下と少なくても、10人以上と多くても快適に使用できている方が多いようです。

そして、住人同士の生活リズムは意外にバラバラです。使用時間がばらけるため、大人数が一斉に使用することも少ないようです。

 

 

住人全員がキッチンを使うとも限らない

 

2

 

また、キッチンの使用時間がかぶらないことには、「全員がキッチンを使うとは限らない」という理由もあります。

住人の中には自炊する人も多いですが、まったく自炊しないという方もいます。自炊しない方はキッチンをほとんど使わず、コンビニやスーパーでご飯を買っています。そのため、冷蔵庫に食品を入れる程度です。このように、そもそもキッチンで調理しない方もいるため、キッチンを誰ともかぶらずに使えるところも多いように感じます。

 

 

トラブル防止のために食材には名前を書こう

 

3

 

キッチンなどの共有スペースを使うときに、「トラブルになったりしないのかな?」と気になる方も多いかと思います。使用時間がかぶることだけでなく、食材を勝手に使われる、自分の調理器具が汚されるといった、不安もありますよね。

確かに、トラブルまでではないですが、自分の食材が誰かに使われることもあるようです。トラブル防止のために、事前に以下のことを行っておきましょう。

 

・食材には名前を書く
・自分の調理器具は専用の棚にしまう
・洗い物は汚れを残さず、すぐに片付ける

 

シェアハウスでは、冷蔵庫や調理器具も共用です。そのため、食材が他の人のものと混ざらないように、名前を書いておきましょう。また、キッチンに各自の棚やスペースがある場合は、調理器具や常温で保存可能な食品だけでも、自分のスペースに収納しておくのがおすすめです。専用の場所に保管しておくことで、他の人に使われません。

また、洗い物は汚れたまま放置せずに、調理が終わったらすみやかに片付けましょう。基本的には、次に使う人のことを考えてきれいに片付ければ問題ありません。

 

 

シェアハウスは調理器具も充実!

 

4

 

シェアハウスのキッチンには、もともと調理器具が備え付けられています。そのため、引越しの際はわざわざ自分で購入する必要がありません。

自分で用意するとなると、調理器具だけでもけっこうな量になり、大変ですよね。シェアハウスであれば、共用ですがフライパンやお鍋、包丁やまな板などが最初から用意されています。また、シェアハウスによってはお皿やお箸、調味料などを揃えているところもあります。そのため、自炊をする方でも何も用意せずに入居することができます。

 

 

キッチンも定期的に掃除されて清潔

 

5

 

シェアハウスのキッチなど、みんなが使うスペースということもあって、清潔さも気になりますよね。特にキッチンは、頑固な油汚れがつきやすい上に、落ちにくく、掃除も大変です。

シェアハウスのキッチンは、専門の清掃業者、もしくは管理会社のスタッフが掃除してくれるところがほとんどです。週に2、3回、定期的に掃除をしてもらえるため、きれいな状態が保たれます。

共有スペースの清潔さや掃除頻度が気になる方は、見学の際に大家さんや管理会社の方に確認しておきましょう。シェアハウスによっては住人同士が当番制で掃除をするところもありますので、確認しておきましょう。

 

 

キッチン付きの個室という選択肢も可能

 

6

 

シェアハウスのキッチンは、基本的に清潔で調理器具も揃っており、使用時間がかぶることも少ないです。しかし、それでも気になる方は、キッチン付きの個室や物件を探す方が良いでしょう。

シェアハウスによっては、共有スペースとしてのキッチンだけでなく、各部屋に簡易キッチンが備え付けられているところもあります。自分の部屋についていると賃貸マンションのように、自分のペースでキッチンを使用することができます。また、個室にキッチンがなくても、部屋に冷蔵庫だけ置くことも可能です。あまり自炊をしない方は、部屋に冷蔵庫を置いておくと便利かもしれません。

ただし、シェアハウスであっても個室にキッチンが付いている物件は数も少なく、家賃もやや高くなります。使いやすさを重視するのか、家賃を重視するのか、自分の優先順位を考えて物件を選びましょう。

 

 

まとめ 共有キッチンでも快適に使える!

 

 

シェアハウスのキッチンは共有で使用します。そのため、入居前は「使用時間が被ることが多そう」「なかなか使えなさそう」といった不安がつきものですよね。

しかし、実際は使用時間がかぶることは少ないです。というのも、住人同士で生活リズムがバラバラであったり、意外に自炊しない方も多いため、快適に使用できるようです。

トラブル防止としては、食材や使われたくないものには名前を書いておきましょう。また、キッチンも専門の清掃業者が掃除をしてくれることが多いため、清潔に使用できます。

不安な方は、見学の際にしっかりと確認しておきましょう。

 

 

すべてコンテンツ