暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウス生活のストレスとは?トラブルにならないために、対策を知ろう

0

「シェアハウス生活ってストレスはないのかな…」と感じる方も多いかと思います。

他人との共同生活のため、どうしてもストレスは感じやすいです。さらにはストレスからトラブルに発展することもあり、入居前でも不安を感じますよね。

シェアハウスでのストレスは、対策を知っていれば問題ありません。とはいえ、シェアハウスに住んだことがないと、なかなか分かりにくいものです。

そこで今回は

 

・シェアハウスで感じやすいストレス3つ
・シェアハウス生活のストレスやトラブル対策

 

をお伝えします。これを読めば、初めてのシェアハウス生活でも楽しく過ごせるはずです。

 

 

シェアハウス生活のストレス例1:騒音

 

1

 

まず最も多いストレスが、騒音です。例えば、

 

・隣の部屋からテレビの音が聞こえる
・夜中の電話がうるさい
・共有スペースでの話し声が部屋まで聞こえる

 

などです。

シェアハウスは一軒家などを改装しているため、壁はそこまで分厚くありません。また開放的な造りも多いため、マンションよりも音漏れしやすいです。

 

 

シェアハウス生活のストレス例2:共有スペースの使い方

 

2

 

「共有スペースの使い方が汚い!」という声も、よく上がっています。

共有スペースとは、

 

・キッチン
・お風呂
・トイレ
・洗面所

 

などのこと。この共有スペースでは、

 

・洗面所が水浸し
・キッチンに汚れた食器やフライパンが放置されている
・キッチンを使うタイミングがかぶる

 

などのストレスを感じやすいです。

全員が使うこと、清掃は多くても週に2〜3回と毎日できるわけではないことから、共有スペースはどうしても汚れやすいです。

また「掃除してくれるから別にいいや」と、汚れてもそのままにしたり、片づけが面倒で放ったらかしにする人もいます。

 

 

シェアハウス生活のストレス例3:食品や私物が勝手に使われる

 

3

 

共有スペースでは、自分が買ったものや私物がなくなることもあります。例えば、

 

・冷蔵庫の食材がなくなる
・リビングに置いた本や雑誌が勝手に読まれる

 

などです。共有スペースはみんなが使う場所。どうしても私物と共有物の区別があいまいです。

こうやって見ると「シェアハウス生活ってしんどそう…」と感じるかもしれません。しかしストレスやトラブルでも対策をすれば、楽しく生活できるのです。

入居前と、住んでからでもできる対策3つを次でお伝えします。

 

 

シェアハウスでのストレスやトラブル対策1:防音シートや耳栓を使う

 

4

 

まず騒音については、防音シートや耳栓を使いましょう。貼る・つけるだけで隣の部屋からの音を防ぐことができる、便利アイテムです。

もしくは見学のときに、防音チェックをするのもおすすめです。隣の部屋から管理人さんに音を出してもらい、住みたい部屋でどれくらい聞こえるか、チェックしましょう。事前にどれくらい音漏れするか、確認するだけでも安心です。

 

 

シェアハウスでのストレスやトラブル対策2:共有スペースのルールを決める

 

5

 

共有スペースの使い方が気になるときは、ルールを決めておきましょう。例えば、

 

・使った食器や鍋はすぐ片づける
・洗面所は使い終わったあとに軽くふいておく

 

などです。一緒に暮らすとはいえ、住人は今まで育ってきた環境や価値観が異なります。「きれい」と感じるレベルも違うため、価値観をそろえるためにもルールは作りましょう。

 

 

シェアハウスでのストレスやトラブル対策3:共有スペースに私物を置かない

 

6

 

最後に、共有スペースの私物を勝手に使われるときは、なるべく私物を置かないようにしましょう。

共有スペースには、シェアハウスが用意した共有物もあります。そのため私物を置きっぱなしにしていると、ほかの人は共有物か誰かの私物なのか、なかなか分かりません。知らずに使ってしまうこともあるため、置かないことが一番です。

食品には名前を書きましょう。冷蔵庫はなかなか仕切りも作りにくいため、食品が混ざりやすいです。名前を書いておけば誰のものか一目で分かり、勝手に使われることも減るはずです。

ストレスやトラブルが起こっても、対策を知っていれば安心です。困ったときは参考にしてくださいね。

 

 

まとめ シェアハウスでのストレス対策を知っていれば、トラブルも避けられる

 

 

シェアハウスは他人との共同生活。どうしてもストレスが発生してしまい、トラブルに発展することもあります。

例えば、

 

・騒音
・共有スペースの使い方
・私物が勝手に使われる

 

などです。こうしてみると「シェアハウス生活って大変そう…」と感じますが、対策を知っていれば問題ありません。

 

・防音シートを使う
・共有スペースのルールを決める
・共有スペースに私物を置かない

 

などの対策をすれば、お互いストレスなく生活できます。

相手を思いやる心を持ちながら生活すれば、トラブルには発展しないはずです。そのためにも、ストレスの元となる問題が発生しないようにしましょう。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ