暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスと一人暮らしの比較。メリットとデメリット、向いている人の特徴まで解説します

0

初めて実家を出るとき、多くの人がワンルームマンションでの一人暮らしをイメージしますよね。ところが近年、初めての一人暮らしにシェアハウスを選ぶ人が増えています。

とはいえ、シェアハウスに住んだ経験も、ワンルームマンションでの一人暮らしの経験もないと、自分に合っている暮らし方はどっちなのか、なかなかわからないですよね。

そこで今回は、

 

・シェアハウスのメリットとデメリット
・一人暮らしのメリットとデメリット
・それぞれの暮らし方に向いている人の特徴

 

をお伝えします。この記事を読めば、自分に合った暮らし方がわかるはずです。

どっちがおすすめかを知るに、まずはそれぞれメリットとデメリットを知りましょう

 

 

シェアハウスに住むメリット3つ

 

1

 

シェアハウスのメリットは、以下の通りです。

 

・家賃や初期費用などが安い
・家電や家具がそろっている
・掃除や日用品の買い物など、担当者がしてくれる

 

最も大きいメリットは、「家賃や初期費用などが安いこと」です。シェアハウスではワンルームマンションには必要な、敷金や礼金を請求されません。そのため一人暮らしであれば40〜50万円かかる初期費用を、10万円ほどに節約できます。

また掃除や日用品の買い物は、業者や管理会社がしてくれるところが多いです。自分で掃除をしたり、買い物したりする必要がないため、毎日の生活が楽になります。

 

 

シェアハウスに住むデメリット3つ

 

2

 

反対にシェアハウスには、以下のようなデメリットがあります。

 

・共有スペースを使うときは気を遣う
・騒音に気をつける必要がある
・人間関係のトラブルが発生することもある

 

リビングやお風呂、トイレなどの共有スペースは、みんなで使います。そのためほかの人と、タイミングがかぶってなかなか使えないなど、気を遣いながら使う必要があります。また大人数のシェアハウスでは気が合わない人がいることも。必ずしも人間関係のトラブルが発生しないとは言い切れません。

 

 

一人暮らしをするメリット2つ

 

3

 

次は一人暮らしのメリットを紹介します。

 

・他人に気を遣う必要がない
・家具や家電など自分の好みのものを選べる

 

一人暮らしだと、マンションには自分しか住んでいません。そのためほかの人に気を遣う必要はなく、のびのびと生活できるはず。また家電や家具も自分で選ぶため、好みのインテリアで統一できることができます。

 

 

一人暮らしのデメリット3つ

 

4

 

一人暮らしのデメリットは、以下の通りです。

 

・家賃や初期費用が高い
・家に帰っても誰もいない
・水道やガス、日用品など自分で準備する必要がある

 

ワンルームマンションに住むと、家賃や初期費用がどうしても高額になります。特に初期費用は高く、40〜50万円かかることも。さらには水道やガスを自分で開通する必要があり、引っ越してしばらくは使えないこともあります。

どちらを見ても、家賃や初期費用などの費用が、メリットとデメリットにあがっています。

シェアハウスと一人暮らし、それぞれの家賃と初期費用はこちらの記事で解説しています。気になる方は合わせてチェックしてみてくださいね。

 

「シェアハウスの平均家賃はいくらぐらい?なぜ安いのか?」
http://sharehouse-hidamari.com/sharehouse/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%AE%B6%E8%B3%83%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8F%E3%82%89%EF%BC%9F%E3%81%AA%E3%81%9C%E5%AE%89%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8B.html

 

「シェアハウスにも初期費用が必要!相場はいくら必要?」
http://sharehouse-hidamari.com/sharehouse/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%8C%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%80%82%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%81%AF%EF%BC%9F.html

 

 

初期費用に差がある理由は、仲介手数料

 

5

 

シェアハウスと一人暮らしの家賃と初期費用には、かなりの差があります。例えば東京ならば、

 

【シェアハウス】家賃5万円・初期費用10万円
【一人暮らし】家賃6〜10万円・初期費用40〜50万円

 

と特に初期費用の差が大きいです。

この理由は、仲介手数料です。ワンルームマンションでの一人暮らしの場合、不動産会社から紹介を受けて見学・入居します。紹介は不動産会社がしますが、物件を持っているのは大家さんです。そのため不動産会社に対して、「紹介のお礼」として手数料を支払う必要があるのです。

ここまでで、シェアハウスと一人暮らしのメリット・デメリットは理解できたかと思います。最後にそれぞれの暮らし方に向いている人の特徴をお伝えします。

 

 

シェアハウスに向いている人の特徴

 

6

 

シェアハウスに向いているのは、こんな人です。

 

・引っ越し費用をおさえたい人
・新しい友だちがほしい人
・一人暮らしが初めての女性

 

費用が安いため、「安い費用で引っ越しを済ませたい…」という人におすすめです。もしくは一人暮らしが初めての方にもぴったり。というのもシェアハウスは数人で住むため、災害や事件が起こったときも安心。男女混合のシェアハウスであれば、男性と一緒に住んでいるだけで、防犯につながります。

 

 

一人暮らしに向いている人の特徴

 

7

 

一人暮らしが向いているのは、こんな人です。

 

・自分のペースで生活したい人
・インテリアにこだわりがある人
・引っ越し費用に余裕がある人

 

一人暮らしの魅力は、インテリアから生活リズムまで、すべて自分で決められることです。夜遅くに帰っても、早起きして出かけても、何をしても自由です。そのため「ほかの人に気を遣ってばっかりは嫌だ」という人は、一人暮らしがおすすめです。

以上、シェアハウスとワンルームマンションでの一人暮らしを比べました。それぞれメリットとデメリットは異なりますので、自分に合う方法をじっくりと考えてくださいね。

 

 

まとめ シェアハウスは節約したい人、一人暮らしは自分のペースで生活した人におすすめ

 

 

ここまでをおさらいします。

シェアハウスと一人暮らしには、以下のようなメリットがあります。

 

【シェアハウス】
・家賃や初期費用などが安い
・家電や家具がそろっている
・掃除や日用品の買い物など、担当者がしてくれる

 

【一人暮らし】
・他人に気を遣う必要がない
・家具や家電など自分の好みのものを選べる

 

対してデメリットは、以下の通りです。

 

【シェアハウス】
・共有スペースを使うときは気を遣う
・騒音に気をつける必要がある
・人間関係のトラブルが発生することもある

 

【一人暮らし】
・家賃や初期費用が高い
・家に帰っても誰もいない
・水道やガスなど自分で準備する必要がある

 

特に費用に大きな差があります。またシェアハウスは家具や家電が用意されていることが魅力であるものの、自分の好きなインテリアで統一した人には苦痛を感じることも。

シェアハウスと一人暮らしは、以下のような人に向いています。

 

【シェアハウス】
・引っ越し費用をおさえたい人
・新しい友だちがほしい人
・一人暮らしが初めての女性

 

【一人暮らし】
・自分のペースで生活したい人
・インテリアにこだわりがある人
・引っ越し費用に余裕がある人

 

それぞれメリットとデメリットが違えば、向いている人も異なります。自分がどちらに当てはまるか、一度チェックしてみてくださいね。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ