暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスとルームシェアの違いとは?きちんと理解すればトラブル防止になる!

0

シェアハウスとルームシェアは、どちらも家を複数人でシェアして住みます。似ているように感じますが、実はこまかい違いがあります。

しかし、住んだことがないとイメージもつかみにくく、「何が違うの?」と疑問を感じますよね。また、それぞれメリットやデメリットも異なり、住んでから「イメージと違った!」となるのではと、不安もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、

 

・シェアハウスとルームシェアの違い
・メリットやデメリット
・どんな人が入居に向いているのか

 

をお伝えします。これを読めば、自分が楽しく生活できるのはどちらなのか分かるはずです。

 

 

シェアハウスとは「1つの住宅を複数人で共有する」こと

 

1

 

そもそもシェアハウスとは「1つの住宅を何人かで共有して使う」ことです。多くのシェアハウスは、一軒家。それぞれカギのついた個室を持ちながら、トイレやキッチン、お風呂は共同で使います。

 

 

ルームシェアとは「1つの部屋を複数人で共有する」こと

 

2

 

ルームシェアとは「1つの部屋を何人かで共有する」ことです。マンションの一室を代表者やルームメイトの全員で借りて、その中で部屋を分けて使います。

シェアハウスとルームシェアについて理解してところで、それぞれの違いを比べていきます。

 

 

シェアハウスとルームシェアの違い1:運営や管理に責任を持つ事業者がいるかどうか

 

3

 

まず最大の違いは、「運営や管理に責任を持つ事業者がいるか」という点です。

シェアハウスには、物件を管理する運営会社がいます。2、3軒から10軒以上を管理している会社もあり、定期的にシェアハウスを見に来たり、一緒に住んでトラブルに対応したりすることもあるようです。何か困ったことや不安なことがあっても、すぐに相談できて安心です。

しかし、ルームシェアに運営会社は存在しません。物件を貸し出すのは不動産会社。何かあったときは、ルームメイトのみで解決する必要があります。

 

 

シェアハウスとルームシェアの違い2:一緒に住む人や数

 

4

 

2つ目の違いは「一緒に住む人との関係や人数」です。

シェアハウスでは、基本的に今まで知らなかった人と住みます。運営会社の方が簡単な審査を行いますが、問題がなければ基本的には性別や国籍に関係なく入居できます。一緒に住む人とは、住み始めてから初めて会います。

また、人数はシェアハウスの方が大人数です。ルームシェアは2〜5人が限界。対してシェアハウスは、3人程度から100人以上の大規模の物件もあります。シェアハウスは一軒家で家も大きいため、住める人数も多くなります。

 

 

シェアハウスとルームシェアの違い3:初期費用

 

5

 

さらに、「初期費用」も違います。どちらも一人暮らしよりは安いものの、シェアハウスの方がさらに初期費用をおさえることができます。

マンションに一人暮らしをした場合、初期費用は平均40〜50万円。しかし、シェアハウスとルームシェアとなると、以下のような金額です。

 

【シェアハウス】平均10万円
【ルームシェア】平均20〜25万円(1人あたりの負担金額)

 

どちらも一人暮らしより、20万円以上も安い金額。さらにシェアハウスでは、4〜5分の1もの金額しか必要ありません。

それぞれの初期費用については、以下の記事でくわしく解説しています。気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

 

「シェアハウスにも初期費用が必要!相場はいくら必要?」
http://sharehouse-hidamari.com/sharehouse/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%8C%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%80%82%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%81%AF%EF%BC%9F.html

 

「ルームシェアの初期費用は平均いくら?シェアハウスと徹底比較!」
http://sharehouse-hidamari.com/roomshare/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%AF%94%E8%BC%83.html

 

このように、シェアハウスとルームシェアには3つの違いがあります。そして、それぞれメリットとデメリットもまた異なります。

まずシェアハウスのメリットとデメリットをお伝えします。

 

 

シェアハウスのメリット・デメリット

 

6

 

シェアハウスのメリットは以下の通りです。

 

・防犯面で安心
・友だちが増える
・初期費用が安い

 

反対にデメリットは

 

・価値観や性格が合わない人もいる
・共有スペースで気を使うこともある

 

などです。

 

 

ルームシェアのメリット・デメリット

 

7

 

ルームシェアのメリットは

 

・家に友人がいるので安心
・一人暮らしよりも安くマンションに住むことができる

 

デメリットは

 

・ルールを自分たちで決める必要がある
・トラブルも自分たちで解決する

 

などがあります。

このメリットやデメリットを理解した上で、シェアハウスとルームシェアに向いている人をお伝えします。

 

 

シェアハウスに向いている人

 

8

 

シェアハウスに向いている人は、こんな人です。

 

・友だちを増やしたい人
・一人暮らしに不安がある人
・安く引っ越ししたい人

 

です。

シェアハウスには新しい人との出会いが多く、友だちが自然に増えます。また、初期費用が安いことも魅力。浮いたお金で、買い物や旅行を楽しむこともできるでしょう。

 

 

ルームシェアに向いている人

 

9

 

ルームシェアに向いているのは

 

・おおらかでこまかいことを気にしない人
・他人の常識や価値観を理解できる人
・自分のことは自分でする生活能力のある人

 

です。

友だちと住むとはいえ、価値観が一緒とは限りません。運営会社の人がいないからこそ、お互いを尊重しつつ住まなければ、トラブルになってしまいます。

2つの違いやメリット・デメリットを理解しながら、自分に合った住み方を選んでくださいね。

 

 

まとめ シェアハウスとルームシェアの違いを理解して、トラブなく楽しく生活しよう!

 

 

シェアハウスとルームシェアは、似ているようで違います。具体的には

 

1:運営や管理に責任を持つ事業者がいるかどうか
2:一緒に住む人や人数
3:初期費用

 

という3つです。規模や運営会社に相談できるかどうかで、トラブルの発生率や起こったときの対処が変わってきます。

シェアハウスは

 

・友だちを増やしたい人
・一人暮らしに不安がある人
・安く引っ越ししたい人

 

という人に向いており、ルームシェアは

 

・おおらかでこまかいことを気にしない人
・他人の常識や価値観を理解できる人
・自分のことは自分でする生活能力のある人

 

という人に向いています。

自分がどちらに当てはまるかしっかりと考えれば、ストレスなく、トラブルにも発展することなく生活できるはず。楽しく生活するためにも、それぞれの違いをしっかりと理解しておきましょう。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ