暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

シェアハウスが「疲れる」3つの原因。対策も合わせて紹介します

0

「シェアハウスっていつも人と過ごすから疲れそう…」

と感じる方も多いのではないでしょうか?

シェアハウスは確かに人と一緒に住んでいるため、1人の時間は確保しにくいです。一方で、対策を知ってメリハリのある生活にすることで、楽しく過ごすことができる暮らし方でもあります。

とはいえ、シェアハウスが初めてだとなかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、

 

・シェアハウスが疲れる3つの原因
・シェアハウスで「疲れる」ときの対策

 

を紹介します。「自分には合わない」と感じるかもしれませんが、対策を知っていれば問題ありません。

合わせて「シェアハウス生活のメリット」も紹介していますので、入居への不安がなくなれば幸いです。

 

 

シェアハウスが「疲れる」原因1:1人の時間が少ない

 

1

 

まずシェアハウスが疲れる原因の1つに、“1人の時間が少ない”ことがあります。

リビングなど共有スペースではほとんどの時間、誰かがいます。話が盛り上がって楽しくて、ついつい夜更かししてしまうことも。

個室に行くことでプライベートは確保できますが、広いスペースに1人でゆっくりできる時間は多くありません。そのため「1人の時間がない」と感じ、疲れやすくなるようです。

 

 

シェアハウスが「疲れる」原因2:ルールを守らない人がいる

 

2

 

シェアハウスでは以下のことについて、ルールを決めています。

 

・冷蔵庫の食品には名前を書く
・24時以降リビングでは静かにする
・食器は使ったらすぐに洗う

 

また以下の当番を決めているシェアハウスもあります。

 

・ゴミ捨て
・掃除

 

これらをみんなが守れば問題ありませんが、中にはルールを破る人もいます。「自分は守っているのに……」と決まりを守らない人への対応に「疲れる」と感じます。

 

 

シェアハウスが「疲れる」原因3:トイレやお風呂をゆっくり使えない

 

3

 

お風呂やトイレなど共有スペースをゆっくり使えないことも、疲れる原因です。

お風呂やトイレの数は限られているため、人が多い時間帯には順番待ちが発生することもあります。「誰かが待っているかも……」と思うとゆっくりお風呂に入ることができず、疲れると感じるようです。

ここまでシェアハウスで「疲れる」と感じる原因をお伝えしました。

続いては、疲れを感じたときの対策を3つお伝えします。

 

 

シェアハウスで「疲れる」ときの対策1:個室で過ごす

 

4

 

まず「1人の時間が少ない」と感じたときは、個室で過ごすことをおすすめします。

個室であればカギがついているため、誰かが入ってくることもありません。平日の夜は個室で過ごして、休日の夜は共有スペースで過ごすなど、メリハリをつけて使いましょう。

 

 

シェアハウスで「疲れる」ときの対策2:ルールを破ったときの対処を決める

 

5

 

ゴミ当番などのルールを破る人へは、対処法を決めておきましょう。

例えばゴミ捨てを忘れたら、

 

・次の1カ月間はずっとゴミ捨てを担当
・共有の貯金箱に1,000円入れる

 

などです。

罰ゲームなどを決めておくと、ルールを破りにくくなるはずです。

 

 

シェアハウスで「疲れる」ときの対策3:トイレやお風呂付き物件を選ぶ

 

6

 

シェアハウスによっては、個室にトイレがついている物件もあります。個室でトイレができれば、長時間使うときも気になりません。

お風呂まで部屋についている物件は、ソーシャルアパートメントに多いです。ソーシャルアパートメントとは、ワンルームマンションに共有スペースがついた暮らし方。プライベートを重視したい人は、こちらもおすすめです。

 

 

疲れるだけじゃない!シェアハウスのメリット

 

7

 

ここまでシェアハウスに疲れたときの、対策をお伝えしました。

ここまでを見ると「シェアハウスって大変そう」と感じるかもしれませんが、メリットもたくさんあります。

 

・広い家に住むことができる
・家賃や生活費が節約できる
・友人関係が広がる

 

安い家賃で一軒家のような家に住めるのは、シェアハウスだけです。そして何よりも、新しい友人と出会えるのは、シェアハウスだからこそ。トラブルもありますが、楽しいこともたくさん待っています。

気になった方は、ぜひ見学に来てくださいね。

 

 

まとめ シェアハウスに疲れる原因と対策を知って、楽しく生活しよう

 
 

ここまでをおさらいします。

シェアハウスで「疲れる」と感じる原因は、以下の3つです。

 

・1人の時間が少ない
・ルールを守らない人がいる
・お風呂やトイレをゆっくり使えない

 

これらの原因には、以下の対策を知っていれば問題ありません。

 

・1人になりたいときは個室で過ごす
・ルールを破ったときの罰ゲームなどを決める
・トイレやお風呂付き物件を選ぶ

 

疲れる原因を見ると「楽しくないのかな」と感じるかもしれませんが、シェアハウスには“家賃を節約できる”“友人関係が広がる”などのメリットもたくさんあります。

気になった方は、一度見学してみてくださいね。

 

 

すべてコンテンツ

お問い合わせ