暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

初めてのルームシェア!友達とのトラブルを防ぐ5つの方法

1

シェアハウスと同じくらい数が増えているルームシェア。しかし、初めてするとなると「トラブルは大丈夫かな?」といった不安もありますよね。今回はルームシェアでトラブルなく、楽しく過ごすための5つの方法をご紹介します。これを読めば初めての方でも安心してルームシェアを始められます。

 

方法1 前から仲の良い友達と住む!

 

2

 

ルームシェアには「友達同士、数人で家を借りて一緒に暮らす」という方法と、「ルームシェア募集サイトなどで同居人を募集する」という2つの方法があります。どちらもメリット・デメリットはありますが、初めてのルームシェアであれば「友達同士で一緒に暮らす」という方法の方がストレスは少ないでしょう。

ルームシェアはシェアハウスとちがい、ルームシェア専用の家を紹介してくれる不動産や管理会社があまり多くありません。そのため、家を借りるところから何か困ったことやトラブルがあったときまで全て自分たちで手配や解決をすることになります。

そんなときに友達同士であれば言いたいことも言いやすく、ストレスがたまらないだけでなくトラブル防止にもなります。

 

 

方法2 一緒に物件を見に行って決める!

 

3

 

ルームシェアを始めようにも物件が決まっていなければスタートできません。できればこの物件探しはルームメイトと一緒に見に行きましょう。

一緒に見に行くことで「相手がどんな部分にこだわるのか?」ということを知ることができます。例えば防音や日当たりなど、人によって気にするポイントはさまざまです。物件探しの段階で相手の気になるポイントを知っておくと、住み始めたときに気を使うべきポイントも分かります。

 

 

方法3 最低限のルールを決める!

 

4

 

ルームシェアを行うときは一緒に住む人の中で「最低限のルール」を決めましょう。特に「掃除」や「ゴミ出し」について、また「リビングといった共有スペースの使い方」については2人で決めておくことをおすすめします。

友達同士であっても今まで育ってきた環境のちがう人同士のため、相手が自分とまったく同じ生活スタイルとは限りません。住み始める前にある程度、生活のルールを決めておくと安心です。

例えばゴミ出しを当番制にする、掃除の頻度を決めておくといったことがあります。「夜12時以降はリビングの電気を消す」といった共有スペースの使い方や家電の使用ルールなどは決めておきましょう。

 

 

方法4  2人の口座を作っておく!

 

5

 

3つ目の方法は共用の口座を作っておくことです。ルームメイトとの共用で口座をひとつ作り、「毎月の家賃と光熱費1万円分」といった固定費をそれぞれが口座に振りこむようにしておきましょう。

シェアハウスであれば各住人が指定の口座に家賃を振りこむため、支払いは各自で行うことがほとんどです。しかし、ルームシェアは一般の賃貸であるため、誰かが家賃や光熱費をまとめて支払う必要があります。支払い用に共用の口座を作って引き落とし口座に指定しておけば「誰が支払うのか」といったお金に関するトラブルを防ぐことができます。

この口座のお金はもし退去時にあまっていたら折半しましょう。

 

 

方法5 初めての人とは事前に何回か会っておく!

 

6

 

もしもルームメイト募集サイトなどで見つけた人とルームシェアをするときは「事前に何回か会っておく」ようにしましょう。

初めて会う人とのルームシェアもとても楽しくて魅力的です。とは言っても、相手のことを何も知らずに共同生活をスタートするのは少し不安です。今まで知らなかった人とルームシェアをする場合は「人として気は合うか?」「一緒にいて楽しく過ごせそうか?」など数回会ってから決めましょう。

シェアハウスとちがってルームシェアは管理会社を通さないので、トラブルなどはすべて自己責任になります。楽しくルームシェアをするためにも事前にしっかりと考えてから一緒に住む人を決めましょう。

 

 

ルームシェアとシェアハウスのちがいは管理会社の有無

 

7

 

ここまで「ルームシェアを楽しくする方法」といして5つの方法を説明してきました。中には「ルールを決める」といった堅苦しいと感じるものもあるかもしれません。いったいどうしてルール決めなどが必要なのでしょうか?それは「ルームシェアはシェアハウスとちがって管理会社がいない」ことが理由にあります。

シェアハウスには不動産など管理・運営を行う事業者がいて、はじめからある程度ルールなど決められているところに住みます。そのため、何かトラブルがあったときも管理会社の方が間に入ってくれるので安心です。また、最初からある程度のルールを決めてくれているので初めての人にとってはとても楽です。

対してルームシェアはルールを決めてくれる管理会社がおらず、何事も自分たちで決める必要があります。人によっては責任転嫁が起こることもあります。

このちがいから、ルームシェアはかなり仲の良い友達同士や、自立した社会人同士での利用がおすすめです。対して、実家暮らし・1人暮らし以外の生活が初めてで他人との生活に不安がある方はシェアハウスの方が安心して過ごせるでしょう。

 

 

まとめ 初めてのルームシェアでも5つの方法で安心!

 

いちどは憧れるルームシェア。初めてだと「何かトラブルが起きたらいやだなあ」と不安に思いますよね。今回ご紹介した5つの方法を心がければ大丈夫!楽しく友達とルームシェア生活が送れます。

また、管理会社がいるという点ではシェアハウスもおすすめ。今まで出会ったことのない人との出会いがたくさんあって、毎日が楽しくなりますよ。ぜひ考えてみてくださいね!

 

 

すべてコンテンツ