暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

ルームシェアの値段はいくら?本当に安く暮らせるの?

0

シェアハウスと一緒に検討される住み方に、ルームシェアがあります。「値段が安い」とよく言われますが、本当でしょうか?

今回は、ルームシェアの全体の値段や、ルームシェアのメリット・デメリットをご紹介します。シェアハウスとは異なる部分がルームシェアにはあります。

 

 

2人でのルームシェア、値段はいくら?

 

1

 

友達と2人、東京でルームシェアをした場合、かかる費用はしたものになります。

・初期費用50〜60万円
・家賃10万円
・光熱費1万円

初期費用50〜60万円でかかる費用の内訳は、敷金や礼金や家具家電などになります。一般の賃貸を取得するのと変わらない感じですね。
ただ、この金額から、すべて半分にした金額が1人あたりの負担する値段になります。(2人でルームシェアを行う場合)都内であれば、2Kの物件の家賃で10万円前後はかかります。また、賃貸マンションなので、どうしても初期費用が高くなります。

 

 

ルームシェアのメリットは値段が半分になること

 

2

 

ルームシェアのメリットは、「かかる費用の値段が半分に減ること」です。家賃や光熱費はもちろん、初期費用までも半分の負担になります。

引っ越しのときって、初期費用の高さがデメリットとなって、いまいち踏み切れなかったりしませんか?一人暮らしだと、どうしても30万円以上の高額になりがちです。

しかし、ルームシェアは初期費用も半分におさまります。値段面では、ルームシェアはかなり節約できると思います。

 

 

ルームシェアのデメリットはプライベートが減ること

 

3

 

反対に、ルームシェアにもデメリットはあります。全体にかかる費用の値段が、一人暮らしより高くなることです。

一人暮らしではないので、部屋数が増え、家賃は高くなります。その分、初期費用も高くなります。一人暮らしが40万円前後に対して、ルームシェアは50〜60万円です。

また、プライベートが減るといった面もあります。マンションに住むので、リビングと個室の距離が近いです。そのため、リビングの話し声が聞こえたりといったことが、どうして
も起きてしまいます。

 

 

ルームシェアは初期費用が高い

 

4

 

ルームシェアはシェアハウスと比較すると、特に初期費用の値段が高いです。

物件によっては、初期費用が60万円以上になることもあります。対して、シェアハウスは10万円前後です。

というのも、ルームシェアは賃貸マンションなので、敷金・礼金の割合がすごく多いです。敷金・礼金だけで、家賃の数ヶ月分が必要になることも……。ルームシェアは2Kなど2部屋以上のマンションなので、家賃も一人暮らしの1Kよりは高くなります。

そのためルームシェアは、敷金・礼金だけで30万円前後かかります。トータルで、50〜60万円は必要だと考えておくべきでしょう。そう考えるとシェアハウスはとても安く感じますね。

 

 

ルームシェアは友達同士がおすすめ!

 

5

 

ルームシェアをするならば、友達同士がおすすめです。

ルームシェアは自分たちで行うため、不動産会社や管理会社が間に入るわけではありません。不動産会社も、大きく関わるのは契約のときのみです。

そのため、トラブルが起きたときは自分たちで解決するしかありません。友達同士であれば、お金の値段の問題といった、言いにくいことが起きたときも、はっきりと思っていることを伝えやすいです。

「意見をいうことが苦手」という人は、より友達同士でのルームシェアがおすすめでしょう。ただ、仲が良い友達同士でルームシェアしてもなかなかうまくいかないケースが多いです。場合によってはルームシェアしてから仲が悪くなり、それから絶縁状態になる人もいるとか。。。

慎重に検討したいものですね。

 

 

シェアハウスは知らない人同士で住める

 

6

 

「ルームシェアをしたいけれど、一緒にしてくれそうな友達が見つからない……」そんなときは、ルームシェアよりもシェアハウスの方がおすすめかもしれません。

シェアハウスは、基本的に知らない人同士で住むところがほとんどです。知らない人同士というと不安があるかもしれませんが、間に不動産会社や管理会社が入っています。そのため、なにかトラブルなどがあったときは安心です。

また、知らない人同士なので、新しい友達も増えやすい環境です。いままで接したことのなかった職業の人など、刺激的な出会いが多いです。シェアハウスへ入居する方は属性があまり決まっていないため、本当に様々な人と出会うことが出来ると思います。

 

 

シェアハウスは全体費用の値段も安い

 

7

 

さらに、全体の費用の値段もシェアハウスの方が、ルームシェアよりは安いです。家賃は1人5万円くらいとルームシェアと変わりませんが、シェアハウスは初期費用が10万円前後で済みます。ルームシェアの半分くらい・一人暮らしの5分の1程度の値段で済むので、とても経済的です。

費用の面でも、生活面でも、「誰かと住みたい」という理由でルームシェアを考えていた人は、シェアハウスの方がおすすめかもしれませんね。

 

 

まとめ ルームシェアは費用の値段がすこし安くなる

 

 

ルームシェアは「費用の値段が安くなる」とよく言われます。なんでも2人で分けるため、一人暮らしよりは安くなるという意味で言われているようです。

しかし、よくよく見てみると、意外に初期費用などは高くつきます。ルームシェアになると部屋数が増えて、その分家賃が高くなり、敷金・礼金も高くなるからです。

シェアハウスであれば、費用は10万円前後と安く済むうえに、新しい出会いも増えます。「費用をおさえたい」という理由でルームシェアを考えている人は、シェアハウスもいいかもしれませんね。

気になったらぜひ見学してみてくださいね。

 

 

すべてコンテンツ