暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

[新潟]お母さんの居る風景、新潟市西区の“あんずハウス”。

s_IMG_2764

— 実家のように過ごして欲しい。—

 

新潟市西区寺尾にある一軒家のシェアハウス。

 

『 お帰りなさいが待っている。』が合い言葉の「あんずハウス」。

 

住人の方が駅まで迎えに来てくれました、シェアハウスにつくと、管理人のあんずさんの手料理が早速待っていました。

 

s_IMG_2740

s_IMG_2747

 

こちらの家はどうされたのですか?

もともと設計の仕事をやっていたので、この家は両親のために設計したのですが、特殊な作りをしてしまっていまして、中2階にお風呂であったり。 やはり両親も年をとったら使いづらくなり、今はマンションで住んでもらうことになり、この家が空いたんです。 近くに大学もあったりして、若い人が安く、実家的に使ってもらえれば楽しいんじゃないか。 シェアハウスというものがあるみたいだし、はじめてみようかなーと1年半前にオープン。

 

「 お帰りなさいは必ずいおうね。」

 

実家に帰って来たときと同じような気持ちで住んでもらいたい。

 
s_IMG_2760

s_IMG_2756

s_IMG_2762

s_IMG_2763

s_IMG_2766

 

何か困ったことなどはありましたか?

これといって無かったですね、ただただ楽しかったです。

 

シェアハウスを始めてどんないいことがありましたか?

やはり、いろんな人に会える。 若い人たちが刺激を与えてくれる。 情報としていろんなものを知れることですね。

 

このあんずハウスで大事にしていることはどんなことですか?

挨拶は大事にしています。当然なのですが表面上だけではなく、自分と相手の存在を尊重し心通うシェアハウスでありたいですね。

 

あんずってどんな意味なんですか?

あんずって、造語なんです。「 ~と~ 」「 ~and~ 」とずっと続いていくような意味を込めて『ands』 住んでる人とご近所さん。 ゲストさんと住人さんのような。

 

もともと建築のお仕事をされていて、専門学校の建築の先生でもあり、中学生から趣味で始めたカメラで、カメラマンとしても仕事もされているあんずさん。

 

楽しいと思えることをひたすらやっていくと、それが仕事になる 。

 

ご飯を食べるときはみんなで手を合わせていただきます、食べ終わったらごちそうさま。

 

そんな明るいお母さんが居るシェアハウス、あんずハウスでした。

 

 



 

すべてコンテンツ