暮らしに刺激と安心を。九州と関東にあるコミュニティ型のシェアハウス。

九州と関東のシェアハウス。シェアハウスひだまり

[愛知]名古屋市でシェアハウス事業を行う。株式会社シェアハウス180の社長の伊藤正樹さんにお話を伺いました。

IMG_1798-640x428

愛知県名古屋市で株式会社シェアハウス180(シェアハウスワンエイティー)の代表取締社長をされている伊藤正樹さんにインタビューさせていただきました。そして、シェアハウス180ではコンセプト型シェアハウスをやっています。起業家が集まるシェアハウスや、高い付加価値を持った一戸建て型のシェアハウス、“こだわり”の設備がそろうシェアハウスなど、一つ一つのシェアハウスに独特な特徴を持ったシェアハウスをやられています。

 

 

IMG_1877

 

ー シェアハウスをなぜ始めようと思ったんですか?

 

今年の7月に創業しまして、シェアハウス180というブランドで名古屋市でシェアハウスをやっているんですが、会社を設立する前からシェアハウス事業は行っていました。それでシェアハウスをやろうと思ったきっかけは、「家に仲間がいたらいいな」と思ったことが始まりです。あとは、やっぱり将来的に不動産という業界が面白そうでやってみたいと思っていました。

 

IMG_1726

 

IMG_1739

 

IMG_1795

 

 

ー シェアハウスをするにあたって苦労したこととかありますか?

 

デザインが一番苦労します。色の問題や、物の問題などいろいろあると思うんですが、「人がどうやって動くのか?」っていうのをいろいろ考えながら設計するのでそこ一番苦労します。そして、そこが一番こだわっていることでもあると思います。

 

IMG_1750

 

 

IMG_1751

 

IMG_1806

 

ー シェアハウスのいいところはどこだと思いますか?

 

人の温かさだと思います。帰って来ると電気がついているというところとか凄くいいと思います。僕は、シェアハウスを作ると3週間ほど住むんですが、どのシェアハウスに居ても帰って来ると「おかえりー」と言ってもらえるのが一番いいですね。

 

IMG_1756

 

 

IMG_1760

 

 

IMG_1828

 

ー 今、シェアハウスをやる上で注意していることとかありますか?

 

自分の色を出しすぎないということを注意しています。もし、入居者の方がしたいということはサポートしないといけないと思っています。シェアハウスはやっぱり住んでいる人が育てていくものだと思っているので。なので、「自分は違うな」と思っていても、上手く回っているなら口に出さないようにしています。そして、自分のルールは押し付けず、あくまで聞くようにしています。

 

IMG_1764

 

 

IMG_1769

 

 

ー シェアハウス180に住まれている方はどんな人が多いですか?

 

僕のシェアハウスには若い社会人の方が多いです。そして、外国人よりも日本人が多めです。もちろん外国人の方で住むことも可能です。なので、割と長めに落ち着いて住んでいる人が多いかと思います。

 

 

IMG_1778

 

 

IMG_1785

 

 

ー 最後にこれからの目標とかありますか?

 

名古屋市で今シェアハウスをやっているんですが、それだけでは面白くないので県外に出て、シェアハウスをやりたいと思っています。あと、これからシェアハウスはまだ進化すると思っています。その進化するシェアハウスを自分で作っていきたいと思っています。

 

僕は、シェアは”分け合う”と”分かち合う”だと思っています。”分け合う”とは、みんな使って安くしようという部分で、”分かち合う”というのは、みんなで共感していくというものの組み合わせだと思っています。そして、その組み合わせがシェアの良さだと思います。それだとシェアハウス以外にもいろいろあるのではないかと思っているので、そこをヒントに新しい何かをやっていきたいです。

 

 

IMG_1816

 

IMG_1849

 

 

 

 

名古屋市でシェアハウス事業を行われている伊藤さんにお話を伺いました。伊藤さんが管理されている物件は一軒一軒がすごい高付加価値な物件ばかりがあるなと、ホームページをみると伝わります。名古屋市では2011年からシェアハウスというものが始まり、ここ数年で急激な伸びを見せています。

 

全国にもこういった流れは来るんじゃないかととても感じました。いろいろなお話を聞かせていただいて勉強になりました!!ありがとうございました!!!

 

 



 

すべてコンテンツ